インドシナニュース

ベトナム:健康と安全への意識向上のためのランニング大会が開催される

ベトナム南部の約4500人の縫製労働者が、アパレル産業における健康と安全への意識向上のためビンズン省で5月17日に開催されるランニング大会に参加する。

5月17日に予定されているセイフティ・ファン・ラン2015は国際労働機関(ILO)と国際金融公社(IFC)の協調によるBetter Work Vietnamが主催し、今回で第6回目となる。

国際労働機関が5月13日に発表した声明によると、このイベントは従業員、雇用者、バイヤーやその他のアパレル産業関係者の間のつながりを強化し、従業員の健康と安全についての意識を向上させることを目的としているという。

非営利団体Business for Social Responsibilityによる女性の健康に関する調査によると、アパレル・製靴産業のいくつかの工場で働く女性労働者には、上気道感染症、頭痛、疲労や下痢といった様々な共通の病気が見られたという。

最近Better Workが実施したグループインタビューでは、労働者は食事を抜くことがあると判明しており、工場の医師らも栄養不良の兆候を見ているという。

「健康管理と栄養問題は労働者の健康と仕事での生産性の両方に影響します」とBetter Work VietnamのNguyen Hong Ha代表は話す。「労働者の健康を支援することで、企業側は労働者のよりよい暮らしに投資するのみならず、さらなる業務上の成果にも投資していることになります。この観点から見ると、関わるすべての人々にプラスになるわけです」

Better Work Vietnamには現在ベトナム全土で43万人以上の労働者を擁する350以上の工場が加盟している。労働者のうち80%以上が女性である。



無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年05月25日

このページのトップへ戻る