インドシナニュース

ベトナム:2015年も繊維・履物の輸出高、上昇の見込み

商工省によると、すでに複数のベトナム企業が2015年第一四半期末までの繊維製品の受注を受けているという。

大企業数社ではさらに、第二四半期末の納品分まで受注を受けているという。

1月の繊維・アパレル製品の輸出高は19億米ドルに達することが見込まれ、前年比1.2%の伸びとなった。

2014年1月と比較すると、繊維製品の生産高は増加している。天然繊維由来織布の生産高は2,520万平方メートルで9.7%の増加、合成繊維及び人造繊維織布は6,100万平方メートル、14.8%の増加となることが見込まれている。

履物の輸出高も昨年1月との比較で23.2%の増加、10億5000万ドルに達すると見込まれている。

1月の靴及びサンダルの生産量は2400万足との推計で、2014年1月との比較で19.8%の増加となった。

履物輸出の急増については、ベトナム国有企業ではなく、主に海外直接投資による外国企業に由来するものである。

商工省は、貿易協定の恩恵を最大限に活用するためには、ベトナム企業は生産、原材料調達先の多様化の面でより先を見通した取り組みが必要になると話す。また、各企業が顧客の要望に適合するべく調査を行い、輸出製品の付加価値を向上させるよう商工省は求めている。

 

 



無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年02月19日

このページのトップへ戻る