インドシナニュース

ベトナム:縫製繊維産業2015年の輸出目標額は280億ドル

ベトナム繊維公団(Vinatex)によると、ベトナムの縫製繊維産業は2015年に280億から285億米ドルの輸出を目標としているという。

同公団によると、ベトナムの縫製繊維産業は2014年に大幅な輸出の伸びを果たしており、輸出総額は245億ドルとなり、2013年と比較すると16%の増加であった。

縫製繊維業界は2015年発効予定の複数の自由貿易協定(FTA)による恩恵を受けることが予想されていることから、2015年の輸出目標額を280億から285億米ドルとしている。

自由貿易協定による恩恵によって、縫製繊維産業は生産量を今後10年で2倍に伸ばすことも可能であろう。しかし、自由貿易協定発効にむけて生産者側で準備を整えなければならないこともある。

現在、ベトナムの繊維産業は多くの困難に直面しており、また輸入原材料への依存度も未だ高い。

政府は行政手続きの改革を促進し、事業展開のために有利な環境整備に努めなければならないとベトナム繊維公団のDang Phuong Dung副社長兼事務局長は語る。

昨年、ベトナムの縫製繊維製品輸出は主要市場で良好な成長を果たし、ヨーロッパで17%、アメリカで12.5%、日本で9%の伸びを記録した。アメリカ市場において第2位の輸出国であることに加え、2014年には日本市場でも中国に続いて第2位の輸出国となった。

環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)のアメリカ、日本を含む12の加盟国に加え、ベトナムはEU、韓国との自由貿易協定、ベラルーシ、カザフスタン及びロシアとの関税同盟を調印または最終協議中である。



無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年01月12日

このページのトップへ戻る