インドシナニュース

ベトナム:受注増も利益は得られず

海外企業からの受注が急速に増えているが、投入材料価格の高騰によりベトナム企業はほとんど利益増を期待できないと言う。

香港上海銀行(HSBC)は、先月ベトナムの製造業購買担当者指数(PMI)は51から52.1ポイントに上昇したと報告している。

HSBCは11月の外国パートナーからの受注数が3回連続で増加したと報告し、ベトナムの人件費は中国に比べ低いため、ベトナムに多くの受注が入っているとコメントした。

統計総局(GSO)によると、今年11月までの輸出売上高は前年同期比13.7%増で1370億米ドルに達した。

主要製品の輸出もよく、衣料品輸出は192億米ドル(18.2%増)、履物92億米ドル(23%増)、魚介類73億米ドル(20%増)、木製家具56米億ドルもたらした。

ホーチミン市民芸•木材加工協会(Hawa)副会長Dang Quoc Hung氏は、米国と欧州からの受注が絶え間なく入ってきていると発表し、外国輸入業者らは中国での人件費が高いため、中国の代わりにベトナム企業に発注していると言及した。

衣類•履物企業らも大量受注を報告している。Asia - Europe Shoes Company副社長Huynh Dang Tung氏は、2015年3月までの仕事を確保するのに十分な受注があることを明らかにした。

ベトナム皮革履物協会(Lefaso)の関係者は、2014年の履物輸出売上高120億ドルも実現可能であると言及した。

 

低い利益率

ベトナム企業はたくさんの受注を得ているが、自分らの幸せは「不完全」であると言う。

Hung氏は、投入材料の大幅な増加のせいで利益は少ないと述べた。

「ヨーロッパの輸入業者と連絡を取り大きな交渉をしましたが、注文は受けていません。投入材料価格は上昇傾向にあるのに輸出価格はそのままです。輸出するほど我々が受ける損失は大きくなることが予測できます。」と彼は言った。

ベトナム繊維協会(Vitas)副会長Pham Xuan Hong氏は、衣料品は自由貿易協定(FTA)の恩恵を一番受けている産業であり、衣料品企業の利益が縮小していると述べた。

ベトナム水産加工輸出協会(VASEP)事務局長Truong Dinh Hoe氏は、困難な最新開発期間の後、水産業会社は生産と輸出の拡大に消極的だったが、リスクを避けるためにできる範囲内でやろうとしていると述べた。

 

 



無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年12月18日

このページのトップへ戻る