インドシナニュース

タイのアパレル企業、ベトナムへの投資を模索

先週、タイの染色整理協会、皮革協会の代表がホーチミン市を訪れ、ベトナム企業各社に2015年3月11日から15日までタイで開かれる第33回バンコク国際アパレル・皮革履物見本市(BIFF&BIL)への参加を呼びかけた。

見本市への参加企業はブース出展費用の50%割引を受けられる。

タイ国衣料製造協会(TGMA)副会長Yotsaton Kijkusol氏はOEM業者はベトナム、カンボジア、ミャンマー、インドネシアのような人件費の安い国を探し、投資して、生産コストを削減しようとしている。

外国投資局は2014年11月24日現在、タイには371のベトナムへの投資認可済案件があり、登記資本金は総額66億5000万米ドル、ベトナムへの投資国101カ国中第10位となっている。



無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



タイ ジャンル:
最終更新:2014年12月17日

このページのトップへ戻る