インドシナニュース

ベトナム:繊維産業へ外資の波、押し寄せる

ベトナムを巨大な輸出向け繊維製品生産の基地にしようというのが、HanesBrandsやSmart Shirts Garmentなどの多くの海外投資家の狙いである。

アパレル企業グループHanesBrandsの世界事業展開部門上級副社長Javier Chacon氏は、世界の巨大繊維企業の投資の波を認めつつ、こう語る。

「ベトナムはHanesBrandsの最大にして最重要な生産基地と見ている。我々は2008年にトゥアティエン・フエ省とフンイン省に最初の工場を開いて生産を始めました。トゥアティエン・フエ省の工場は2010年に拡張されました。ベトナムでHanesBrandsは年間合計4億点以上の製品を生産しています。」とJavier Chacon氏は言う。

現有の3工場を基礎に長期的な投資を決定し、規模拡大を続けながらも、しかし、HanesBrandsはベトナムへの投資をさらに増やすつもりである。

「我々はベトナム繊維公団と話し合い、合弁事業を興し、高級品生産のための投資案件で協力し、高級市場にサービスを提供し、付加価値を高めることができます。」とHanesBrandsの代表は言う。

ベトナムを巨大な輸出向け繊維製品生産の基地にしようというのが、この領域の多くの投資家の狙いである。繊維関連の投資案件の数がこの2-3年で急増していることを考えれば、このことは明確である。

2014年初めから海外企業による20件近い新案件の投資方針が各省で承認された。

2014年2月初め、Smart Shirts縫製有限会社はバクザン省から投資許可証を受け、総投資額500万米ドル以上の工場建設案件を実現し、男女シャツ各種、制服、その他の製品を専門に生産する。

年間生産能力600万点、工場面積13,892平方メートル、バクザン省Viet Yen県Van Trung工業団地にて案件は実現される。

同社はバクザン省から投資許可を受ける以前にフンイン省An Thi県Phu Ung地区やナムディン省Vu Ban工業団地で工場の建設投資を行なっている。

Smart Shirts Vietnam有限会社は香港資本の100%外資企業で、縫製品の生産を専門としている。スリランカ、フィリピン、中国、ベトナムなどアジア各地に多くの生産拠点を持つSmart Shirtsグループの1拠点である。

Smart Shirts Vietnamの代表曰く、我社がベトナムに工場を建設したのは正しかったし、そのことは2014年に最新の工場が建設されたことで、はっきり証明されている、という。

Smart Shirtsは米国、日本、欧州の有名アパレルブランドに製品を供給している。この数ヶ月に米国からの引合が急増し、各市場やSmart Shirtsの重点顧客への輸出製品の供給業務の中で、ベトナムの各工場は大きな役割を占めるようになってきた。

ベトナムを巨大な繊維製品生産の基地にしようという方針の実現の動きの中でもとくに重要な一つは、天虹集団(中国)がクアンニン省にて4兆5200億ベトナム・ドン(2億1500万米ドル相当)かけて、Texhong Hai Ha工業団地のインフラ建設・運営投資案件を開始したことである。

3-5年後、天虹集団はTexhong Hai Ha工業団地にて繊維工業の一貫生産ラインを持つ近代工場の投資建設を完成させることになる。

 



無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年12月04日

このページのトップへ戻る