インドシナニュース

ベトナム:Hanosimex、中部各省の繊維案件に多額の投資

ハノイ繊維総会社(Hanosimex)によれば、同社は投資案件の承認を受けて、今後、タインホア、ゲアン、クアンビン各省での紡績・織布・縫製工場建設の一連の案件の投資建設を展開する。

これらの案件の投資事業は繊維産業発展を目標とし、2014年4月11日の決定3218/QD-BCTにて商工省が承認した2020年までの繊維産業の計画と2030年までのビジョンに従って北中部繊維工業地域を形成していく。

ハノイ中心部からの生産工場移転は、これまでも数年にわたってハナム省、バクニン省、Nam Dan(ゲアン省)などで実現しており、その中には、33000錘規模のBac Ninh紡績工場、24ラインの規模のDong Van縫製工場、30000錘規模のDong Van紡績工場、24ラインの規模のNam Dan縫製工場(第1期)などが例として挙げられる。

2014年-2015年の計画に従えば、Hanosimexのこれらの案件への投資額は1兆5000億ベトナム・ドン(約7000万米ドル相当)になる。



無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年12月02日

このページのトップへ戻る