インドシナニュース

ベトナム:繊維機械の需要が高まる

先週、繊維原料・設備の第14回国際展示会(VTG 2014)がホーチミン市タンビン展示場にて開催された。

展示会には、国内外の企業170社が300のブースを出展した。

展示会に参加した企業の声によれば、ベトナムでの繊維機械・設備の消費需要は今後2-3年は勢い良く伸び続けることだろうという。

ホーチミン市第1区のTam Phu Hiep社社長Ngo Thanh Hiep氏は、2013年初めから同社では丸編機が60台売れ、今年は80台に達するという。

Hiep氏によれば、韓国企業や日本企業が多くの工場を建設しているので、2015年の工業用繊維機械の供給業者への可能性は非常に大きい、特にニット機の需要が大きいと見られるという。



無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年11月11日

このページのトップへ戻る