インドシナニュース

カンボジア:50億ドルの繊維産業の賃金闘争、解決へ向かう(後)

(前編より)

 

1月に起きた死亡事故は、繊維部門において初めての出来事ではなかった。非政府団体である香港のアジア•モニター•リソース•センターの報告書によると、2012年2月カンボジア当局は、プーマに商品を供給している工場で抗議していた3人の労働者を射殺した。

昨年11月にはリーバイ•ストラウスやギャップ、H&Mに商品を供給している工場で働く労働者らの抗議行進で、軍警察が10人を撃ち、1人が死亡した。

8月の土曜日、Chhim氏と他の人たちはYakjinの古い工場で仕事に復帰した。(第二の工場は2012年何マイルも離れたところにオープンした。)カンボジアと韓国の企業は示談時動揺した。12ほどの企業がプノンペン郊外の道路のあちこちに存在する。ランチタイムになると労働者はどんどん外へ出て、行商人は工場門の外の屋台でスープ、ご飯、バゲット、生肉や野菜を販売する。未舗装道路やのついた道路に沿って、下水溝の臭いとハエが食料の周りで張り合っていた。

Chhim氏は彼の近くの部屋に戻って、他の人と同様に廊下に横たわり休憩を取る。彼は外で立ち止まり、ロープにかけて乾燥させているジーンズも含めて、いくつか衣服のポケットの中を確認した。そこがChhim氏3人のルームメイトの共有鍵の保管場所なのだ。

内部に盗む人はあまりいない。トイレを含む9×10フィートのスペースの一角には、小さなストーブがあり、食器が山積みされている。別の一角にはミシンや衣類を詰めた小さなビニール袋がある。一つの壁は、カンボジアやタイ、韓国の女優のポスターで埋め尽くされており、その反対側には緑の蚊帳が巻き上げられている。

ベトナムの国境に接するスヴァイリエン州出身であるChhim氏は、プノンペンに移りYakjinで仕事を見つけた姉の足跡をたどって、3年前に仕事を求めてカンボジアに来た。Chhim氏の姉は今もそこに滞在しており、彼らの両親はかろうじて彼らの6人の子供を養うことができる農家である。

Chhim氏の仕事は週6日一日8時間(残業をする場合はそれ以上)立ち続け、衣服の数を数え箱に梱包する作業である。

昇格や成長のチャンスもわずかにある。彼によれば、投獄後に復帰して以来、工場監督者は、彼が支持している労働組合の一部である別のチームに移してほしいという彼の要求を拒否している。

「彼らは繰り返し組合に加入しないよう私に指示します。」とChhim氏は言う。

(FORBES ASIAに示された、カーライル共同設立者のDavid Rubenstein氏がCalpersの職員に書いた4月25日の手紙で、Yakjinは抗議行動後、従業員らが組合を結成する権利を会議で再確認したと、Rubenstein氏は述べている。)

Chhim氏は30時間の残業をしているため、月およそ150ドルを稼いでいる。彼と姉とで月100ドルを家に送っている。

Chhim氏は、刑や懲役があったにもかかわらず、Yakjinに戻れたことに満足しているが、彼と一緒にバーの後ろにいたCanadia地区の労働者Pang Vanny氏は、まだ幻滅している。彼は1月3日に彼の町で起こったデモでひどい暴力を受けた。Pang氏は小さい営舎に住んでいて、釈放後香港が所有する会社にしぶしぶ再雇用されたが、彼はもう十分だと言う。

「色んなことが起こった後、私はもう工場で仕事をしたくないのです。しかしお金が必要だし、他に何もできません。」と彼は言う。

労働者の不潔と貧弱な食事、換気不良、高温、仕事上の有毒ガスがいくつかの工場での集団気絶の報告につながっていると、活動家らは言う。

「集団気絶は世界のどの工場でも起こっていますが、なぜカンボジアだけが唯一報告されてしまうのでしょう?それを集団気絶と言うのは間違っています。気絶しているのは2、3、4、5人です。他の人たちは吐き気や不快を感じ始めているだけです。たった1つの事件で133人が診療所に送られましたが、彼らは気絶していません。しかし私たちは詳細に調査しています。」と、カンボジア衣料製造協会(GMAC)議長Loo氏は答える。

2月、政府は最低賃金を月80ドルから100ドルに上げることに合意したが、2014年に要求されている160ドルよりはるかに少ない。

1月以来政府は集会を禁止しており、労働省が新しい労働組合を承認することが遅れている。企業は工場レベルの労働組合のメンバーや指導者である168人の労働者(彼らの多くは海外バイヤーからの圧力を受けた後に復職した)の雇用を終了すると、活動家は言う。一方Loo氏のグループは、逸失利益による損害賠償と物的損害疑惑を求めて、組合員に対して訴訟を提起した。

そして、まだ終わっていない。来年の賃金引き上げのための交渉は、この秋に開始される。組合は月177ドルを要求している。オーナーらはそんな余裕はないと述べている。間接的な投資家として米国最大の公的年金基金があるからといって何が変わるのか?新しい服を待っている世界にはもっと強い力があるかもしれない。



無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



カンボジア ジャンル:
最終更新:2014年09月16日

このページのトップへ戻る