インドシナニュース

ベトナムの今年上半期のアパレル輸出93.8億ドル超

2014年上半期(1~6月)におけるベトナム・アパレル製品の輸出高は、前年同期比で19.8%増の93億8000万米ドル超となった。これはこの期間の同国輸出額全体の13.2%を占める。

ベトナム税関総局が22日にホームページで発表した最新の統計データによれば、同国の輸出高は6月単体で、前月比22.4%増の18億9000万米ドル超だった。これは今年1月、アパレル製品の輸出高が携帯電話および携帯電話向けアクセサリーを上回り、同国輸出高の第1位となって以降初めてのことである。

同局によれば、当該の半年間におけるベトナム・アパレル製品の最大の市場は米国で、輸出高は前年同期比15.8%増の45億7000万米ドル。これはベトナムのアパレル製品市場全体の48.7%を占める。

一方、米国に次ぐ第2の市場は欧州連合(EU)で、輸出高は前年同期比27.7%増の14億9000万米ドル。これはベトナムのアパレル製品市場全体の15.9%を占める。

ベトナムではここ数年、アパレル製品の輸出高が毎年、国の輸出高全体の約15%を占めてきた。この結果ベトナムは、アパレル製品を輸出する世界153の国と地域において、上位5位にランクインする国となった。

だが、いくつかの国内問題にも直面している。ベトナム商工省が発行するオンライン紙「商工ニュース」の最近の発表によれば、こうした問題には例えば、繊維製品の多くを輸入に頼っていることや、CMT形式の契約で安価な労働力に頼っていることなどが挙げられるという。

また現地専門家らの言葉を引用し、同産業が将来的に発展し安定した基盤を築くには、今後、アパレル製品の輸出業者が企画力やマーケティング力を養い、これまでのCMTから、資材を自ら調達しFOB形式の輸出向け製品の製造やOEM(相手先ブランドの製品の設計・生産)、OBM(オリジナル・ブランドの製品の設計・生産)といった事業形態に転換していくよう勧めた。こうすることで各製品の利益は増加し、原材料の調達においても、より多くの調達先が必要となってくるだろう。

さらにベトナムのアパレル企業は今後、ベトナムの民族衣装や、織物など伝統工芸品の輸出量を増やすことで、製品の多様化を図り、競争力を高めると同時に、「メイド・イン・ベトナム(ベトナム製)」というブランドの認知度を高めるべきだとしている。

 

 



無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年07月29日

このページのトップへ戻る