インドシナニュース

カンボジア縫製労働者、生き延びるのに必死

カンボジア工場労働者のRy Srey Bophaさんは、10時間シフトで西部ブランド服の縫製作業を行った後、自分の小さい共同部屋に歩いて行き、残り物を食べ、その後床で寝た。

圧倒的多数が女性であるカンボジアの65万人の縫製労働者の多くと同様、Bophaさんの日々は単調で疲れ、食生活は乏しい。

彼女は、田舎に住む年老いた祖父母に5歳の娘の養育を委ねており、その娘と会うことは滅多にない。

「縫製工場での生活は非常に困難ですが、お金が必要なので根気よく働こうと努めています。」と彼女はAFP通信に語った。

かつて労働搾取工場のない製造業のモデルとして脚光を浴びた、急成長中のカンボジア縫製業は、工場数が増加するにつれて労働条件が悪化していると考えられている。

近年お金と受注が産業にドッと流れ込むにつれ、新工場が出現している。「法的要件が何かわからないのか…気にしていないのか。」国際労働機関(ILO)のBetter Factories Cambodiaプログラムの技術専門家Jason Judd氏は言った。

「彼らは法令順守に注意を払っていません。彼らはお金を作ることに焦点を当てているのです。」と彼は述べた。

警察がデモ隊に向け実弾を発射し4人の労働者が死亡した1月の暴力的なストライキ以来、工場で多数の失神が繰り返し起きていることで、一度称賛された繊維部門は評判を落としていると、いくつかの欧米のトップブランドが警告した。

しかし、ストライキや名目賃金の上昇を取り巻く評判にもかかわらず、その後もほとんど変わっていないと労働者らは言う。

「私たちはこの繊維産業の気の毒な一員です。」とBophaさんは言い、最近仕事中に、衣類に使用される化学物質からの煙を吸って気絶したと言い足した。

「病気で働けない場合でも、彼らは給料をカットします。私たちは病気のときも働きます。」

 

現代の奴隷制度

Bophaさんは週6日働く。午前7時にシフトを開始し、やりくりするために残業をするので大抵夜遅くに終わる。

「時々、私たちは夜通し残業しなければなりません。」と彼女は言い、彼女の手取りは通常月130ドルで、そのうち50ドルは家族に送っていると言い足した。

「私はお金を節約しなければならないので、大抵残ったご飯を食べています。私の唯一の希望は、娘が私より良い生活を送ることです。」と彼女は述べた。

多くの女性労働者は、工場での条件は家族と仕事のどちらかを選ぶことを強いられるようなものであると言う。

「工場では保育ができないので、ここに娘を居させることはできません。」生後1ヶ月の赤ちゃんを持つ労働者のTon Sam Olさんは言った。

Olさんは、彼女の母親に赤ちゃんの世話を頼むつもりでいて、そうでなければ辞めなければならないと、小さな赤子に授乳をしながらAFP通信に語った。

少しの有給出産休暇が彼女に与えられたが、多くの工場がそのような給付を行うことを避けるために、女性労働者を短期契約で雇用していると、労働組合の指導者たちは言う。

いくつかの工場では妊娠した労働者は労働契約を打ち切られると、国内人権団体である地域法律教育センターのMoeun Tola氏は述べている。

その結果、「一部の労働者は妊娠したときに中絶することを決意しました。」と彼は言った。

短期契約も工場が労働者を正しい状態に保つためには有用な手段であると、彼は言い足した。

「労働者は残業を断ったり条件に抗議したりする勇気がありません。病気のときでもただ熱心に働くだけなのです。」と彼は言った。

「彼らの状況は、現代の奴隷制度のようなものです。」Tola氏は言い足した。

 

終わりのないストライキ

貧しいカンボジアにとって衣料産業は、2013年に輸出収入で約55億ドルの収益を得る、主要な資金源である。

そのお金の多くは労働者に与えられるべきであると、労働組合の指導者や活動家らは言う。

ごく最近2月に賃金は数倍に増えたが、それでも活動家が言う「生活賃金」と考えられる額を下回っている。

賃金を上げ、欧米ブランドに服の責任を取ってくれと命じる余裕はないと、工場所有者は言う。

「我々にはお金がありません。賃金を上げることはできません。」カンボジア衣料製造協会(GMAC)会長Ken Loo氏は言う。

欧米ブランドは5月にあった会議中に、不安に起因する生産ラインの遅延を避けるために、カンボジアでのより高い給与の価格を組み込む準備がされたことを語った。

1月の当局による大量のストライキと流血の弾圧の後、最低賃金は月100ドルに引上げられた。労働者は160ドルを要求していた。

現在政府が策定中の新しい労働組合法は、労働者の能力を組織化し抵抗するのを制限するようだ。

「法案が渡されると、労働組合の自由は消えます。」カンボジア組合連盟理事長Rong Chhun氏は語った。

1月の弾圧以来少なくとも10人の組合労働者が逮捕され、散発的なストライキを通して告発された。

1月のストライキで23人の労働者と活動家が逮捕され、5月下旬に有罪判決を受けたが、執行猶予が言い渡された後全員解放された。

しかし、低賃金と劣悪な条件の問題は解決されていない。

「多くの労働者がまたストライキをしたら、私も参加します。私たちはまともな給料が欲しいのです。」BophaさんのルームメイトであるEm Sopheaさんは言った。

大きな進展がなされるまで、「労働者は工場で延々とストライキやデモを行うでしょう。」カンボジア組合連盟理事長Rong Chhun氏は述べた。

 

 



無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



カンボジア ジャンル:
最終更新:2014年07月19日

このページのトップへ戻る