インドシナニュース

縫製工場の新規株式公開はカンボジア繊維産業の救世主となるか

台湾系アパレル縫製工場Grand Twins International 社(GTI)は、最低賃金紛争の不穏な空気が収まり、カンボジア証券取引所での新規株式公開(IPO)の準備が完了したと同社主幹会計監査役Henry Chen氏が発表した。

Grand Twins International社 (GTI)、水曜日にカンボジア証券取引委員会(SECC)から承認を受け800万株公開時価格は1.85ドル以上3.50ドル以下とされたとChen氏は、昨日のカンボジア証券取引委員会(SECC)でのインタビューでプノンペンポスト紙に確認した。株式公開は新工場建設の資金調達の一助となるだろう。

カンボジア証券市場(CSX)の公式リストでは、Grand Twins International社(GTI)は今年半ばに上場予定で、2012年4月にカンボジア証券市場の口火を切ったプノンペン水道供給公社に次いで、2番目の株式公開企業となる見込みである。

プノンペンポスト紙の得た資料では、Grand Twins International社(GTI)はカンボジア第2の巨大アパレル工場で、2012年には5700名の工員を抱え、製品の90%が大手スポーツ小売業者アディダス向けに販売されている。伝えられるところによれば、同じく台湾アパレル縫製メーカーTY Fashion社もまもなく新規株式公開(IPO)を睨んでいる。

Grand Twins International社(GTI)の株式公開のニュースのわずか3週間前には、Canadia工業団地の外で、繊維業界の最低賃金紛争のデモ抗議の喧騒中に憲兵隊が発砲し、少なくとも4人のデモ参加者が死亡するという事件が起こった。

死傷者の出た紛争だったが、12月24日に始まったストライキ以降の乱気流の最悪の期間は終わったと確信しているとChen氏は言う。2014年の国民総生産成長見込みとカンボジアの寛大な税制を考えると、そろそろ新規公開を発表するべき時期に来ているとChen氏は述べた。

「カンボジア繊維産業に関して投資家には関心と懸念とが確かにあるでしょうが、私たちの見地では、ストライキによる生産の影響はわずか約0.5%だけで、工場は合計丸3日間閉じただけです。したがって、生産性は落ちていませんし、顧客も残っています。」とChen氏は言う。

死亡事故と政府の鎮圧で労働者の抗議は一旦収まり、工場は稼働を再開しているが、問題の中心ポイントとなっている最低賃金の160ドルまで引き上げは未解決のままである。

Grand Twins International 社(GTI)が最初にカンボジア証券市場(CSX)に上場する計画を発表したのは2011年だが、公開価格に関するカンボジア証券取引委員会(SECC)との交渉で、同社の上場スケジュールは遅れていた。

数ヶ月後、昨年の7月の選挙に先立ち、リストが発表されると、興奮が再び沸き起こったが、「管理と法令遵守の問題」とされた最終的なハードルは当時依然としてクリアされないままだった。

会計監査役によると、同社は、資金の流動性を高め、次の12カ月中にプノンペン市郊外に1000万ドルで新しい生産施設を建設する資金を調達するために個人投資家よりむしろ機関投資家を狙っている。

カンボジア衣料製造協会会長Ken Loo氏はGrand Twins International社(GTI)の発表を歓迎し、繊維産業の透明性が業界のとっている最低賃金についての姿勢を擁護するだろうという示唆を支持した。

「会社の収益を公開し、公に記録することは良いことです。そうすることで、労働組合が抗議したように、縫製工場が巨大な利益を上げているのか、実際には、僅かな収益しかないのか、人々は自身で判断することができます。」と彼は言う。

国際労働機関(ILO)Better Factories Cambodia主席技術顧問Jill Tucker女史は、カンボジアの縫製工場の財務・生産・運営基準の公開は向上していると述べた。

「アパレル縫製工場の透明性はますます進みますし、それはとにかく有益でしょう。」と彼女は述べた。

 



無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



カンボジア ジャンル:
最終更新:2014年01月28日

このページのトップへ戻る