インドシナニュース

カンボジア:最低賃金引き上げ95ドルへ、労働組合はストライキ呼びかけ

政府は、火曜日にアパレル産業の最低賃金が4月に、現在の月給80米ドルから19%増の、95米ドルに引き上げ、2018年までに5年間で最低賃金を160米ドルまで引き上げると発表した。

労働組合が掲げる、来年の最低賃金100%増の要求を下回った決定を受け、小規模のストライキや抗議が国中で発生し、独立系・野党系組合のリーダーらは更なる引き上げを要求して全国規模のストライキを行うと述べた。

労働大臣Ith Sam Heng氏は、労働諮問委員会の会議のあと、労使及び政府から成る委員会は賃金変動を承認し、政府が労働者と工場の所有者の要求に対して等しい考慮を払った

と記者に述べた。

「もっと賃金を上げたかったのですが、最低賃金を上げるには、生活水準や生産性や隣国からの投資家誘致の競争など、多くの要素を含んでいるので、これ以上上げることはできませんでした。」とSam Heng氏は語った。

この引き上げを加味しても、カンボジアの賃金は主要なアパレル製品生産国の中で最低レベルである。中国やベトナムやインドネシアの賃金は近年急激に上がり、バングラデシュでも、今月、最低賃金が77%増の68米ドルへ引き上げられた。

Sam Heng氏は、抗議を自重するよう組合に促した。

「労使にとって有利にならないので、この問題を採り上げて、労働者がストライキやデモを行わないようすべての労働組合のリーダーに求めたいと思います。」と大臣は述べた。

「投資家がカンボジアを離れるのでは困るので、私たちはこの決定を変えるつもりはありません。」

政府の決定が発表された後に、労働省での会議の外に集まったカンボジア・アパレル労働者民主組合連合 (CCAWDU)の約100人の労働者のグループはロシア大通りを直ちに占拠した。

カンボジア・アパレル労働者民主組合連合 (CCAWDU)委員長Ath Thorn氏は政府の提案に反対投票した2人の労働組合のリーダーの一人だが、彼の組合は異議申立を自重せよという労働大臣の警告を意に介さないと言う。

「私たちは、今回の最賃引き上げを拒絶する声明を出し、より高い賃金引き上げを求めて国中で大衆デモを行う準備をするつもりです。」とThorn氏は言う。

自由貿易連合 (FTU)委員長Chea Mony氏は、組合のメンバーは決定を受けて既にストライキを始めたと述べ、労働組合のリーダーたちでさえ、この先ストライキの増加を防ぐことができないだろうと予測している。

「最低賃金に満足でないので、労働者は異議を申し立てるでしょう。これらの労働者を抑えるのは無理です。彼らの怒りは今回の最低賃金の決定で爆発しているのです。」とMony氏は言う。

自由貿易連合 (FTU)に参加している約3,000人の労働者が、火曜日にKompong Cham州のManhattan縫製工場でストライキを起し、工場の労働組合の代表Yen Sokheang氏によれば、工場でのストライキは今日も続くだろう言う。

カンボジア・アパレル労働者民主組合連合 (CCAWDU)法務担当Oum Visal氏は、決定が発表された後に、Kandal州とKompong Speu州とPhnom Penhの10の工場で約1万人の労働者がストライキに入ったと言う。

「また明日、別の工場で、別の多くの労働者が、ストライキを続けると思います。」と彼は言う。

カンボジア衣料製造協会総書記Ken Loo氏は、工場が繊維業界の「非合法スト」の費用を被り続けている限り、国の最低賃金が無意味であると言う。

「譲歩できないのは賃金上昇なのではありません。非合法ストをやめさせなくてはならないのです。非合法ストが起こり続けて、それがエスカレートして起こるなら、賃金が半減したとしても、繊維産業はやはり死に絶えるでしょう。」とLoo氏は言う。

野党カンボジア救国党(CNRP)は火曜日に声明を発表し、政府が決定を再考して、組合の要求通りすぐに最低賃金を160米ドルまで引き上げるよう求めた。

「カンボジア救国党(CNRP)は、最低賃金がすぐに160米ドルまで引き上げられないなら、上昇する食品価格と生活費で縫製労働者らは基本的な生活のニーズを満たすのが不可能になり、そうなれば、現在、アパレル産業を苦しめているストライキは継続するだろうと信じている。」と声明は述べている。

火曜日のカンボジア救国党(CNRP)のデモ行進の間、野党党首のサム・レンシーは、国中の労働者が賃金に関してストライキするよう個人的に奨励した。

「明日の全国ストライキを強く支持します。全従業員が仕事を中止して、ストライキに参加し、1カ月あたり160米ドルを勝ち得ましょう。」と彼は呼びかけた。

 



無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



カンボジア ジャンル:
最終更新:2013年12月27日

このページのトップへ戻る