インドシナニュース

ベトナム:第4四半期の靴・履物製品の輸出は大きく伸びる見込み

商工省によれば、各市場の靴・履物製品の輸入業者がほかの市場からベトナムへシフトしているため、2013年第4四半期の靴・履物製品の輸出オーダーの数は大きく伸びるとみられる。

たとえば、各輸入業者は中国からベトナムにシフトしているが、これは、コスト安や労働力の豊富さを活用したいというだけでなく、税制面で、2014年1月1日よりベトナム製の靴・履物製品に関するEU市場への関税率が現行の13-14%から3-4%に引き下げられるためと見られる。

加えて、海外輸入業者は、環太平洋経済連携協定(TPP)へのベトナムの正式加盟の準備の機を捉えて、インドネシアや中国からベトナムに注文をシフトしている。

商工省は、今年年初から9ヶ月間の皮革・靴製品の生産量は1億8500万足近くで、対昨年同期比9.3%増となっている。靴・履物製品各種の輸出金額は60億米ドルに達し、対昨年同期比で16.3%増である。



無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年10月11日

このページのトップへ戻る