インドシナニュース

ミャンマー投資委員会(MIC)、衣料品製造の分野への外国投資をさらに認可

公式の資料によると、ミャンマー投資委員会は100%の外国投資で国内でのCMP衣料産業でビジネスをするために中国と香港と台湾の会社を認可した。

香港を拠点とする会社と地元のB&N 縫製(ミャンマー)社がヤンゴン管区のHlaing Tharyar 工業団地2で衣類販売業をすることが許可された。Melody GlobalやSunny Shoes Incなどの台湾を拠点とする会社はバゴー管区のバゴー工業団地でアウトドア・スポーツ製品や履物の製造ができる。中国ベースのSDI ManufacturingはヤンゴンのNgwe Pinlel 工業団地で衣類販売業を認可された。

投資企業管理局の公報によれば、シンガポール・ベースのSlita Pte LtdはLita Myanmar社とMyint Myat Htut Khaung International社との合弁事業として、ヤンゴンのShwe Lin Pann 工業団地で衣類製造をCMP形式で行う。

また、他に認可されているのは、Shanghai Donglong Feather Manufacture社や、江蘇省Solamoda 縫製グループや、香港ベースのAMG Factoryなどの中国を拠点とする会社である。

ミャンマー衣料製造協会(MGMA)からの公式の資料によると、ミャンマーの衣類輸出は、今年の第1四半期の1月から3月までの期間に3億米ドル以上の記録的な収益をたたき出した。

 

無料レポート提供中!
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年09月05日

このページのトップへ戻る