インドシナニュース

ミャンマーの縫製品輸出、記録的な収益をあげる

ミャンマー衣料製造協会(MGMA)からの公式の資料によると、ミャンマーの衣類輸出は、今年の第1四半期に記録的な収益をあげた。

データによると輸出は、1月から3月までの期間に、対昨年同期比からほとんど倍増し3億米ドル以上に達した。

「一般にほとんどの注文が1年の最初の3ヶ月に平均的に来ました。今年、私たちメーカーは、前年以上に稼ぎました。私たちの工場はここ数ヶ月でほとんど1ヶ月あたり20万米ドルを得ました。私たちは、昨年、1ヶ月あたり3万米ドルしか稼げませんでした。」とヤンゴン市Hlaing Tharyar工業団地Letwyar工場常務Khin Maung Aye博士は言う。

業界筋によると、縫製品の注文は、4月から6月の期間に下落していた。日本と韓国の注文がミャンマーの縫製工場への大部分だったからである。ミャンマーが欧州連合(EU)によって貿易関税特恵スキームに載ったのを受け、米国と欧州諸国はアパレル注文を増加させている。

 

無料レポート提供中!
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年08月27日

このページのトップへ戻る