インドシナニュース

ベトナム:第10縫製(May 10)社、国内市場に積極的に注力

第10縫製(May 10)社の2013年年初からの7ヶ月の輸出売上は、対前年同期比13%増加した。一方、国内市場は着実な成長を続けた。2013年末までの予測では、第10縫製(May 10)社の総収入は計画を達成し、対2012年比で10%増の1,688億米ドルに達する。

記者からのインタビューに対し、同社常務Than Duc Viet氏は、最後の5ヶ月の輸出受注数で第10縫製(May 10)社には比較的良好で、年末まではほぼ確定しているという。「世界経済の状況は難しいが、我々はその難局を打破する機会として見ています。ここ何年もの間、第10縫製(May 10)社では、外国語を流暢に扱え、専門知識の深い、活動的な、若い幹部スタッフらの人材資源を市場促進過程に集中して投入しています。ベトナム繊維公団やベトナム繊維協会、商工省や国内外の組織の貿易促進プログラムにより、第10縫製(May 10)社は、従来市場での地位を強化しつづけ、同時に、将来性のあるニッチな市場へと拡大しつづけています。 それで、第10縫製(May 10)社は世界的な経済危機からの圧力をまともには受けていないのです。」とViet氏は打ち明ける。

輸出収入が今のところ大半だが、長期的な開発戦略では、国内市場が第10縫製(May 10)社の目標である。事業計画では、会社の経営陣は常に国内市場でのブランド開発と製品の流通ネットワークの解決策に優先順位をつけている。「ベトナムのお客様第一」の目標の下、第10縫製(May10)社のシャツ製品は、良質で、価格に競争力があり、ブランド名と共に、20年以上の消費者の意識に刻み込まれている。第10縫製(May10)社社長Nguyen Thi Thanh Huyen女史は会議の席で、第10縫製(May10)社のすべての製品は、市場調査から、デザイン、裁断、縫製、品質管理まで、10,000人の従業員の努力の結晶だと述べた。第10縫製(May10)社のブランドを守り、発展させることだけが、ベトナム人の信頼と嗜好に応えることだとすべての従業員は心している。

こうした考え方から、第10縫製(May10)社は、国内外の市場を開発するために努力する決意をした。TPPとFTAのチャンスの前に、第10縫製(May10)社は、海外ブランドの生産において、加工契約やFOB契約だけでなく、ODM方式を促進して、高付加価値製品を強化する計画があり、同時に、第10縫製(May10)社のブランドで、近い将来に世界中の消費者を征服する野望を抱いている。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年08月23日

このページのトップへ戻る