インドシナニュース

ミャンマー:90%の女性労働者は縫製業に従事

ミャンマーの衣料産業は女性労働者の90%を雇用しているとミャンマー衣料製造協会(MGMA)書記Khine Khine Nwe博士は、土曜日に開催されたミャンマー女性の対話集会で語った。

ミャンマーには、360万人の労働者がいるが、40%は女性労働者である。

「衣料産業は人的資源を活用し、女性労働者に多くの雇用機会を作り出しています。2012年9月以降、外国企業の数は56に上昇しました。そのうち、44社は繊維企業です。それで、衣料産業には女性労働者の労働力が非常に重要であるのです。」とKhine Khine Nwe博士は言う。

衣料産業の労働者の基本給は約5万ミャンマー・チャット(約50米ドル)である。政府が電力を安定させてくれれば、会社は賃金を現在より10%上げることができると彼女は言い足す。

2011年1月の調査では、約5万人の女性労働者が衣料産業に従事していた。12月までには、女性労働者の数は10万以上まで倍増した。

ミャンマーの衣類の輸出先は、ほとんどが日本、韓国、米国、および欧州諸国である。ミャンマーの衣類輸出は近隣諸国ほど盛んではない。

Kyauk PhyuやDaweiといった経済特区が完成すれば、もっと熟練した労働者の需要が出てくるだろう。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年08月22日

このページのトップへ戻る