インドシナニュース

ベトナム:繊維メーカー、新型コロナウイルスの混乱を回避(後)

(前編より)

 

緊急救済策

最優先事項は従業員の仕事を確保することであり、繊維・アパレル産業などの労働集約型ビジネスには厳しい要求であることに全員が同意している。

国内メーカーは、労働力を削減する必要性を最小限に抑えるための解決策を見つけることに集中するよう求められている。業界の専門家によると、企業は当面、従業員の労働時間を増やすべきではなく、週休2日を認めるべきだという。

彼らはまた、従業員が最短で生活を正すためのキャッシュフローを生み出すために、2020年の社会保険、健康保険、失業手当、労働組合費の支払い免除を企業に要求した。

具体的には、先週のオンライン会議で、ベトナム繊維協会(VITAS)の代表は、6月までのすべての社会保険料を免除、2020年末までの失業給付保険料の免除、そして失業給付基金を使用して、不完全雇用労働者に最低賃金の50%を支払うことを許可するよう労働傷病兵社会省に提案した。

ウイルス発生の複雑な進展を見てみると、3月18日、ベトナム労働総同盟(VGCL)は、発生により困難に直面した企業の労働組合費の支払い遅延に関する公式書状No.245 / TLDを発行した。具体的には、VGCLは2020年前半に労働組合費の支払いを遅らせる許可を与えたものである。この支払い遅延は、労働力の少なくとも半分が社会保険料の支払いを受けるが一時的に労働を停止しなければならない企業に利用できるものである。

ベトナムの繊維・アパレル産業は現在、280万人の従業員を擁し約6800の企業数を誇っている。同産業の生産高は約450億米ドルで、国内消費は約50億米ドルに過ぎず、残りは輸出されている。

商工省副大臣のTran Quoc Khanh氏によると、EUと米国の両方が新型コロナウイルスによる健康被害を克服するのに最大10週間かかる可能性があるという。Khanh氏は、危機後の需要は大幅に増加するため、企業はこの期間中、中国、韓国、日本などのパンデミックから回復する市場にもっと注意を払うべきだと述べた。

さらに、副大臣は企業が独自の原材料供給を開発し、リソースを動員し、EU-ベトナム自由貿易協定が近い将来にもたらす機会を掴むことを助言した。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年04月08日12:09

ベトナム:繊維メーカー、新型コロナウイルスの混乱を回避(前)

進行中の世界的な新型コロナウイルスの蔓延の中、原材料不足および欧米バイヤーからの大量キャンセルにより、繊維・アパレル企業は一時的な工場閉鎖および差し迫った従業員の一時解雇の深海に沈められることとなる。

タイビン省北部の繊維会社勤務の労働者Pham Lyさん(38歳)は、通常時にはフル稼働している工場で週3日しか勤務していないにもかかわらず、労働者解雇に適応しなければならない現実に失望していると述べた。

Lyさんは、現在の新型コロナウイルスによる緊急事態のために困難な状況に直面している繊維・アパレル産業に従事する低賃金労働者何千人ものうちの1人である。彼らはまた、現時点で最も脆弱な人々の一部でもある。

先週のオンライン会議で、VINATEXは、5月下旬頃に新型コロナウイルスが収束し、6月頃から経済活動が再開する場合、国内の繊維・アパレル産業全体が最大11兆ベトナムドン(4億7826万米ドル)の損失を被る可能性があると通知した。

Vinatex代表のLe Tien Truong氏は、3月中旬以降、同団体のメンバーは多くの注文キャンセルがあったと語った。「ビッグブランドほどキャンセル数が多くなっています」とTruong氏は述べ、3月16日から18日の3日間だけでも、米国およびEUの多くの主要顧客が国内の繊維・アパレル製品生産者に消極的な通知を出したと指摘した。その大多数は市場の回復を待つために、3〜4か月の納期延長を要求した、と指摘した。

さらに、3月、4月の季節商品および業務商品の一部の注文をキャンセルしたという。

キャンセルされた注文は、多くの企業の月間生産能力の半分に相当し、繊維・アパレル産業の2020年の年間生産能力の3〜3.5%を占める。

ホーチミン市服飾・織物・刺繍・編み物協会(AGTEK)のPham Xuan Hong会長によると、米国およびEUでの集団感染の急速な拡大により、政府に緊急事態宣言の発令および国境管理の強化を促しており、外国の顧客は海外からの製品の受け取りを停止する必要があると述べたという。

「これらの市場のパートナーは、商品の受け取りや注文の一時停止を発表しました。その中には生産が完了し、配送が保留されているものも含まれます。これにより、繊維・アパレル製品の需要のほぼ3分の2が無駄骨となります」とHong氏は述べた。

 

損失予測

3月17日からのEU入国禁止措置に続き、一時停止は世界のほぼすべての国に影響を及ぼし、現在ヨーロッパで猛威を振るっているコロナウイルスに対処するためにパンデミック対策を適用している。

新型コロナウイルスが6月まで続いた場合、入国禁止措置は輸出入商品には適用されないが、ベトナムからEUへの輸出は2020年の最初の6か月間で6〜8%減少する可能性があるとベトナム商工省は予測している。

EUはベトナムで2番目に大きな輸出市場であり、2019年の双方向の貿易売上高は564億米ドルで、ベトナムのEUへの輸出売上高はこのうち410億米ドルを超える。

Hung Yen Garment Corporationの代表取締役社長のNguyen Xuan Duong氏は、原料供給の多くは中国に依存しているため、この産業のほとんどの企業はすでにサプライチェーンの混乱から圧力を受けていると述べた。欧米の小売業者がパンデミックにより供給注文を一時停止またはキャンセルしているため、彼らは今や別の大きな課題に直面しているという。

「2020年の第1四半期には当社の収益は20%減少すると推定されています」とDuong氏は述べ、状況は日々変化しているため、被害全体を評価していないことを認めた。

ベトナム有数の繊維・アパレルメーカーであるGarment 10 Corporationは、パートナーからの購入数の継続的な削減に直面している。Garment 10代表のDuc Viet氏は、韓国のパートナーが約4万枚の製造済のシャツの受け取りを拒否し、4月の39,000点の製品の注文をキャンセルしたと語った。さらに、多くの米国のパートナーも注文の停止を求めているという。

「注文キャンセルの電話を受けるのにうんざりしています。これが全国で広がれば損失は途方もないでしょう」とViet氏は語った。

労働集約型の繊維・アパレル産業は、ベトナムの2019年の輸出高から390億米ドルを生み出し、世界最大の繊維・アパレル製品の生産・輸出国の1つにする後押しをした。

ベトナム税関総局によれば、EUと米国は昨年、ベトナムの繊維製品の2つの最大の輸入国であり、ベトナムの輸出額のそれぞれ13%と45%を占めた。ホーチミン市からの繊維輸出の半分は米国に輸出される。

業界関係者は、ベトナムの繊維・アパレル産業は1997年のアジア経済危機と2008年の世界金融危機の両方を乗り越えたと指摘しているが、当時、需要と納品の進捗は減速したものの、生産は維持されていた。

現在のエピデミックの発生において、納品が遅れており、注文がキャンセルされているため、産業内のすべての国内企業、大規模企業も不安を抱いている。

 

(後編につづく)

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年04月08日06:07

ベトナム:長期的収益の少ない医療用フェイスマスクへの生産転換(後)

(前編より)

 

持続可能な投資には程遠い

2002年のSARS、2009年のH1N1、および2014年のエボラ等、過去の感染症の発生から、流行が収束するまでの平均タイムラインは1〜2年であることが分かる。新型コロナウイルスの発生は同様の期間になる可能性がある。したがって、フェイスマスク製造ラインへの大きな投資は投資家にとって賢明ではないかもしれ無い。供給過剰の可能性についての懸念も浮上している。

商工省は、国内繊維企業が4月半ばには市場に約3,000万枚のフェイスマスクを提供すると発表した。NPRによると、中国は1日に約2億枚のマスクを製造しているという。

繊維・アパレル企業に加え、日本を拠点とするシャープや中国を拠点とするFoxconnなどの大手電子企業も、医療用フェイスマスクの大規模な生産ラインの開発計画を進めている。

シャープはテレビ工場の1つを改装して1日あたり50万枚のマスクを製造する一方、Foxconnは毎日200万枚のフェイスマスクの製造を表明した。

その結果、大手企業が事業をシフトしている中、新型コロナウイルスの流行は1〜2年しか続かない可能性があるため、問題はコロナ収束後、膨大な余剰マスクに世界がどのように対処するかということである。

さらに詰めて考えると、市場に出回っているほとんどの製品はポリプロピレン製の使い捨て製品であり、プラスチックで個別包装されている。

これはまた、重大な環境問題を引き起こす。オーストリアに本拠を置く繊維会社Leizing Groupによると、2015年の世界のアパレル製品生産量は9560万トンに達し、約2兆ガロンの水と1億4500万トンの石炭を消費したという。

繊維・アパレル産業は、生地生産に大量の水、エネルギー、および化学薬品を必要とするため、おそらく最大の汚染産業の1つである。

さらに、製造活動では廃水、気体廃棄物、固形廃棄物も排出される。新型コロナウイルスは蔓延し続けており、主要な抗ウイルスマスクはまだ基準に適合していないため、マスクの製造に資本を注ぐことは実益よりも害を及ぼす可能性がある。ゆえに、フェイスマスク製造への投資は持続可能とはほど遠い。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年04月07日11:53

ベトナム:長期的収益の少ない医療用フェイスマスクへの生産転換(前)

世界的な健康危機の渦中、医療用フェイスマスク生産に資本を注ぎ込んだところで、過去の感染症の平均タイムラインに基づくと新型コロナウイルスの大流行の継続はせいぜい最長2年間のため、企業に長期的な利益をもたらすことはないだろう。

新型コロナウイルスの発生以来、マスクは消毒液と防護服に加え、最も人気のある保護用品となっている。パンデミックにより約3000社の企業がマスクを生産しているが、その多くは繊維・アパレル産業以外の企業である。

ウォーレンバフェットが支援する中国の電気自動車メーカーBYD Co.は、1か月も経たないうちに生産再開した後、世界最大のフェイスマスクメーカーになったと語った。

新華社によると、BYDは広東省深圳の南大都市にある宝龍工業園の1500平方メートルの電子生産工場を、600人を超える労働者と100本の生産ラインを備えたマスクの梱包と検査に転用したという。

BYD社長のLi Wei氏は、業務再開へのプレッシャーの下、マスクの需要が急増しているため、同社がマスクを単独で製造することを決定したと語った。同社の従業員数は25万人に上り、一日当たり各々2枚のマスクを準備するとなると、1日あたり50万枚のマスクが必要になる。また、深センには2000万人以上の人々がおり、4000万枚以上のマスクが必要である。

BYDは新しい生産ラインにより、1日500万マスクと30万本の消毒剤を製造できるため、同社は世界最大のマスクメーカーになるという。

ゼネラルモーターズとSAICとの軽車両の合弁会社であるSAIC-GM-Wulingもこの流れに乗っている。同社はフェイスマスク製造機を製造した最初の自動車メーカーであり、中国の致命的なコロナウイルスとの戦いに役立っている。同社の代表はSNSで、フェイスマスクに加えて、他の保護用品の生産量を増やすための追加の機械を製造していると語った。

New World Development Co.,Ltd.やHong Kong Television Network Mallの所有者などの香港(中国)の一部の企業もまた、様々な封鎖措置のため物流が機能不全となり中国のサプライチェーンの崩壊に至ったことに苛立ち、この事業に参入した。

Yahoo! Financeによると Honeywell International Inc.は、米国ロードアイランド州スミスフィールドの施設でN95フェイスマスクの製造を拡大するために積極的な措置を講じており、アメリカ合衆国保健福祉省にマスクを提供し米国の備蓄を増強するという。この動きは、個人用保護用品を使用して人々を保護するための米国政府の取り組みをサポートする。

 

品質への懸念

ウイルス対策製品として紹介されているものの、市場の主要製品の多くはベトナム保健省が発表した医療用フェイスマスクの基準を満たしていない。具体的には、医療用フェイスマスクには、細菌濾過フィルターが含まれている必要があるが、それらはベトナムでは製造されていない。

国内フェイスマスクメーカーのComo Ltd.代表のNguyen Huu Phuc氏によると、ベトナムではこれらのフィルターを製造する能力がないため、医療用マスクは深刻な不足となっているという。

ただし、市場に豊富にある綿の単純な2枚の層で構成される布製マスクはウイルス感染を防ぐことはできない。

実際、中国のマスク製造ラインも同じ品質問題に苦しんでいる。2月以来、新型コロナウイルスによる製品需要は大きく飛躍しており、国は1日あたり2億枚のマスクを生産しているが、この量でさえ国内需要とグローバル需要を満たすことができないという。

かつて靴、iPhone、自動車を製造していた工場は、フェイスマスクの製造に移行した。かつて生地の材料を作り出した機械は、現在マスク用の材料を生産している。中華人民共和国国家発展改革委員会によると、現在、国が1日に作成する何億枚ものマスクのうち、N95標準は60万枚のみだという。中国当局は生産を加速するために常に数十の工場に認可を与えてきた。

しかし、ベトナムと同様に、バクテリア濾過フィルターやメルトブローン生地の供給が不足しているため、中国政府の努力は絶望的なようである。この生地を作る機械は、プラスチック素材を溶かし、綿あめのようなより糸状に吹き出し、フェイスマスクやその他のろ過製品用のメルトブローン生地の平らなシートにする。

Newswire NPRによると、同様のラインのマシンで、スパンボンド生地と呼ばれる関連する種類の生地を製造できるという。これは、医療従事者が着用するフェイスマスクや医療用防護服にも使用されている。

China Nonwovens and Industrial Textiles Associationによると、中国の企業は年間300万トン近くの不織布を生産しているという。メルトブローン生地はその1%未満である。

 

(後編につづく)

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年04月07日05:51

ベトナム:雇用市場、新型コロナの影響で、何百万人もが失業に直面

工芸協会は、新型コロナウイルス(COVID-19)の経済的影響が感じられはじめると、何百万人もの労働者が解雇される見通しに直面しており、多くの企業が乗り越えられない困難に直面する準備ができていると考えている。

ベトナムのリーダー企業と履物企業は、世界100以上の国と地域に製品を輸出している。しかし、現在進行中の新型コロナウイルスの流行は彼らの生産に打撃を与え、大規模な解雇につながっている。

商工省の報告によると、衣料品、皮革、履物、木工加工部門で操業している企業は、多くのバイヤーが今後数ヶ月の間に署名した注文の引き渡しを遅らせることを選択した後、進行中の新型コロナウイルスの二重の影響を受けている。さらに、大多数のバイヤーは現在、新規受注の交渉に入ることを辞退している。

今年の第1四半期に輸出で約50億米ドルの利益を上げた国内電子ビジネスは、新型コロナウイルスが近い将来に根絶されない限り、輸入業者からの新規受注がなくなることを懸念している。

コロナウイルスの経済的影響は、国内最大の外貨稼ぎ企業の一つであるベトナムのサムスンのような大企業にまで影響を及ぼしており、生産を縮小する構えである。実際、同社の今年の輸出額は、昨年の513億米ドルから約60億米ドル減の455億米ドルになると予想されている。

ベトナム木材林業製品協会によると、米国、欧州連合(EU)、日本、中国、韓国を含むベトナムの木工製品の主要輸入業者5社は、ベトナム相手に発注していた注文を遅らせるか、キャンセルすることを選択したという。

ベトナム皮革・履物・ハンドバッグ協会は、現在進行中の新型コロナウイルスの流行が長く続くと、大規模な解雇につながると懸念している。

最近、国会社会問題委員会に提出された報告書の中で、同協会は、4月中旬までに60%から80%の企業が一時的に操業を停止し、80万人の労働者に影響を与えると予測している。この大量のレイオフの数は、すべての企業が操業を停止した場合、4月末までに120万人に増加する可能性がある。

また、4月、5月の受注の約7割がキャンセルとなり、6月以降の新規受注についても交渉が進む気配がないという。

政府が先日、現地企業の救済策と、新型コロナウイルスの流行に弱い人々を支援することを目的とした26億米ドル相当の追加財政支援策を承認した後に、これらの厳しい予測が出てきた。

アパレルビジネスがますます圧迫される中、VINATEXのLe Tien Truong社長は、状況が悪化する前に企業への支援政策を直ちに実施すべきであると提案している。

政策の調整がなければ、4月末までに多くの企業が流動性を失う可能性が高いと同氏は警告している。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年04月06日12:39

ベトナム:コロナウイルス感染が流行しているが、オンラインショッピングの急増は見られず

ベトナムの電子商取引部門は、コロナウイルス感染のパンデミックの逆効果をまだ享受しておらず、業界関係者によると、ビジネスは実際には落ち込んでいるという。
ベトナムの電子商取引サイトShopeeのTran Tuan Anh社長は、オンラインショッピングにおいてパンデミックに牽引された急増は見られないと述べている。
業界のリーダーたちは以前、消費者が社会的な距離を置き、外部への旅行や人との接触を制限することを実践しているため、ブームになると予測していた。
分析サイトSimilarwebによると、Shopee、Tiki、Lazada、Sendoを含むベトナムのEコマースサイトのウェブ訪問数は、実際には最初の2ヶ月間で前年比14%の減少を記録した。
1月上旬に比べて30~50%減少した後、多くの商品の需要はまだ回復の兆しを見せていない。ファッションや観光に直接関係する商品(旅行券、荷物、水着など)はマイナスの影響を受けているが、電子機器や化粧品は伸びていないとiPriceの担当者は指摘している。
ベトナムEコマース協会(VECOM)のNguyen Ngoc Dung副会長は、オンラインショッピングは流行中の消費者の間で人気があるが、買い物客は業界全体の成長を促進する代わりに、必要不可欠な商品の購入に集中している可能性が高いと述べた。
一般的に、経済全体の購買力が低下しており、消費者がベルトを締めることで多くのグループの商品の売上が減少する結果となっている。
3月17日の朝遅く、Tikiの担当者は、サイト上で最も求められているアイテムの中にフェイスマスク、ウェットティッシュ、空気清浄機が含まれていることを確認した。サイトは、このグループの製品に毎分4000-5000顧客の注文を記録した。Tikiは、このようなアイテムのオンライン需要が2019年の過去2カ月間と比較して15%急増したことを記録した。
iPriceによると、特定の消費者向け主食品や医療用品のオンライン需要が急増した。フェイスマスクとハンドサニタイザーの需要はそれぞれ600倍、100倍に増加した。
電子商取引プラットフォームでの販売者へのサービス提供を専門とするEComEasy(ECE)の創業者兼CEOのNguyen Tran Bich Ngoc氏は言う。
「各家庭の少なくとも2人は、オンラインで感染急増についての詳細情報を読んでから、リーズナブルな価格でフェイスマスクを購入するために検索するだろう。したがって、電子商取引サイトは、新しい顧客を引き付けるために、これらのアイテムを宣伝することに焦点を当てています」
GlobalDataによると、ベトナムのeコマース市場は、昨年の218.3兆ベトナムドン(94億米ドル)から2023年には399.5兆ベトナムドン(173億米ドル)に成長すると予測されている。
2016年から2020年の間にベトナムの人口の3割近くがオンラインで買い物をしており、年間の売上高は1人あたり350米ドル前後となっている。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年04月06日06:01

新型コロナウイルスによるアパレル業界の大打撃

中国湖北省武漢市で最初に発生した新型コロナウイルスの爆発的拡がりは、世界中の地域産業と生活に深刻な影響を与えている。最悪の打撃を受けたセクターの中には、観光業や航空業を含む、世界で推定30億人がウイルスのロックダウンを受けている。それ以外にも、致命的な病気を含むため、旅行禁止令はまた多数の国で実行されている。

東南アジアのもう一つの産業で、新型コロナウイルスの影響を受けているのは衣料品産業である。ベトナムとカンボジアの繊維産業と衣料品産業は近年強く発展しており、両国の経済成長に欠かせない役割を果たしている。プラハのチェコ工科大学が発表した「概観:ベトナムの繊維・アパレル産業」と題する2018年の報告書によると、ベトナムの繊維・アパレル産業には160万人以上が雇用されている。これはベトナムの産業労働力の12%以上を占め、ベトナムの総労働力の5%近くを占めている。

カンボジアでは、50万人以上がアパレル産業で雇用されており、国内最大の産業であることが報告されている。また、カンボジアの国内総生産(GDP)の16%、輸出収益の80%を占めていると報道されている。

残念なことに、カンボジア、ベトナム、バングラデシュ、ミャンマー、インドネシアのトップ衣料品生産者の多くの工場では、現在、操業が停止されている。これは、中国が多くの衣料品メーカーの主要な原料供給国であるため、サプライチェーンが寸断されているからである。

中国は今年初めに都市全体のロックダウンを課していたので、原材料や供給を中国に依存している国々は、いくつかの主要産業の運営に課題に直面している。メディアの報道によると、カンボジアのアパレル部門は原材料の60%を中国に依存しているため、すでにピンチを感じている。また、カンボジア当局は、16万人の労働者を雇用する約200の工場が、原材料が不足した場合、3月末までに一時的に操業を停止する可能性があると推定しているとも報じられている。

世界最大の繊維輸出国の1つであるベトナムは、1月と2月の繊維製品輸出が1.7%(45億米米ドル)減少した。

隣国ミャンマーでは、中国が原料の約90%を供給していると言われている。4月1日の時点で、ミャンマーは公式に15人の新型コロナウイルス感染者と1人の死亡者を報告していた。しかし、実際の数字はもっと高い可能性があると観測者は考えている。ミャンマー衣料品製造業協会は、危機が長引けば、同国の500の工場の約半分が閉鎖される可能性があると警告している。3月19日、地元メディアはミャンマーの少なくとも20のアパレル工場が閉鎖され、1万人の労働者が一時的に解雇されたと報じた。

同国の繊維・アパレル産業における労働者の権利向上を目指す団体SMART MyanmarのJacob Clere氏はメディアに対し、「ミャンマー政府は苦境にある地元企業を後押しすることに重点を置いており、それは良いことだが、この時期を乗り切るための労働者への直接的な支援プログラムも必要になるだろう」と語った。

 

注文のキャンセル

中国中部の湖北省は、パンデミックからゆっくりと回復していると主張していたため、2ヶ月間の封鎖の後、一部の通行止めを解除した。メディアの報道によると、中国のサプライチェーンは今、再開し始めているが、東南アジアのアパレル業界は今、別の問題に直面している。

Primark、Marks & Spencer、Hennes & Mauritz(H&M)などのグローバルブランドが、需要が少ないためにアパレルの注文をキャンセルしたり、延期したりしていると報じられたのだ。これは、これらのファッションブランドの製品を製造している東南アジアの繊維・アパレル産業が悲惨な結果を被ることを意味している。

メディアの報道によると、状況は非常に危機的で、カンボジアやインドのような国は、キャンセルを避け、支払い計画を立てるようにファッションブランドに直訴している。ベトナム当局者は、ヨーロッパ市場への輸出が2020年の第1四半期と第2四半期に8%減少する可能性があると考えていると報じられた。

ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)は、一部のファッションブランドや小売業者が、工場が作業を終えても金銭的責任を負わずに注文をキャンセルしていると述べた。活動家たちは、ブランドに対し、サプライチェーンにいる何百万人もの労働者に責任を持つよう促している。

「企業が現地スタッフのニーズを重視しているのは理解できるが、アパレル小売業者は、海外の何百万人ものアパレル縫製労働者の労働力に頼るビジネスモデルを選択した場合、彼らは労働者でもあるということを受け入れなければならない」と、独立した労働権団体であるWorker Rights ConsortiumのScott Novaエグゼクティブ・ディレクターはメディアに語った。

その他 ジャンル:
最終更新:2020年04月05日16:43

ミャンマー:労働者ら、KGG縫製工場を封鎖、社長の逃亡を懸念

ヤンゴン地方Dagon Seikkan郡区工業団地(2)のPrince Kanaung通りにある KGG 縫製工場の労働者は、3 月 29 日午後 10 時から、社長が給料を払わずに逃走するのを恐れて工場を包囲して封鎖した。

「工場のオーナーが逃げようとしていたと報じられているので、労働者は責任を取らずにオーナーを止めようとしました。このため、労働者は工場を封鎖しています」と KGG縫製工場労働者組合のMa Ei書記は語った。

現在、当局は外国籍の工場オーナーのパスポートを押収している。交渉は3 月30 日に行われる。

同工場には約1600人の労働者がおり、300人以上の労働者が工場を取り囲んでいる。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2020年04月04日21:26

ベトナム:新型コロナウイルスで利益を得たとして約1万6200店のネットショップを取締り

新型コロナウイルスの猛威を振るった流行病による需要の高さから、フェイスマスクや手指消毒器などを販売して価格を膨らませて利益を得ようとする業者を、商工省が取り締まっている。

同省は、パンデミックから利益を得るために売り手が価格を上げることを防ぐために、オンライン販売と価格設定に細心の注意を払っている。また、各違反に対する具体的な罰則や罰金について、買い手と売り手の両方に情報更新している。

Chotot.com、Lazada.vn、Tiki.vn、Sendo.vn、Shopee.vnのような著名な電子商取引プラットフォームは、違反者を探してサイトを監視し、市場の不確実性に火をつけるかもしれない重要な商品の価格上昇に対してオンライン販売者に警告するために同省と積極的に協力してきた。

これらのプラットフォームは、オンラインショッピングをより簡単にするために、サイト上の必需品の可用性とアクセス性を向上させている。

同省のベトナム電子商取引・デジタル経済庁によると、3月23日から30日までの間に、約1万6200店のオンラインショップが制裁を受け、約3万2880の商品がEコマースサイトから削除された。

最大の違反はShopee.vnで、約1650店が制裁を受け、主にフェイスマスクとハンドサニタイザーを含む1900点の商品が削除された。

同庁は、新型コロナウイルスの救済措置を受けて、すべての電子商取引プラットフォームに対し、違反アイテムを防止・撤去するために必要なすべての技術的措置を継続し、ルールを遵守しない販売者を厳しく処罰するよう助言した。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年04月03日16:38

ミャンマー:コロナウイルスの恐れで失業した工場労働者に救いの手はない

コロナウイルスの発生のために閉鎖されたヤンゴン及びデルタ地域の工場の少なくとも1600人の労働者は失業手当を与えられない、と関係者は述べた。

Hlaing Tharyar工業団地とAyeyarwadyデルタ地域の3つの衣料品縫製工場は、通常中国から輸入される原材料の不足のために先週閉鎖された。

しかし、2012年に可決された州の失業保険制度がまだ正式に採用されていないため、そこで働く労働者は失業保険を受ける資格がない、と社会保障委員会のMaung Maung Aye事務局長は述べた。

「政策が実施されていないため、失業給付を支給することは現在のところ不可能です」と彼はMyanmar Now誌に語った。

現在、雇用者は健康保険、社会保護保険、労災保険に3%を拠出し、従業員は2%を拠出している。

失業した工場労働者は、社会保障費に基づいて医療・出産給付を受ける資格がある、とMaung Maung Aye氏は述べた。

火曜日に10の労働者組織のグループは、工場が最終的に再開したときに、解雇されたスタッフが同じ役割で再雇用されるように要求した。

そして彼らは政府にコロナウイルスパニックのために人々が直面していた苦難に対処するために雇用者及び従業員との会合を開催するように促した。

WHOの統計では、58カ国で8万7000人以上がこの新しいウイルスに感染し、3月1日の時点で2977人が死亡している。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2020年04月03日10:07

«前のニュース || 1 | 2 | 3 |...| 403 | 404 | 405 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る