ベトナムビジネス体験記

第二十回 ベトナム人は手先が器用

この国のお土産で買って帰って喜ばれるものに手刺繍がある。

布でできたポーチなどに手刺繍が施されている商品は、値段も手ごろで、とくに女性に人気がある。

ベトナムの北部には手刺繍の産地とされるところがいくつもあり、現場に入って聞いてみると、驚くほど安い工賃で多くの人がこうした作業に従事している。布地に一針一針差していき、最終的に一つの商品を仕上げる。こういう作業こそベトナム人ならではという気がする。

 

ベトナム人は手先が器用とは一般によく言われることである。それで、実際、どうなのか、と聴かれることが多い。

我々のような縫製業界では器用かどうかは最大の関心事であると言っていい。

これまで接してきた技術者の方々は、多少お世辞も入っているのかもしれないが、それでも、大抵中国との比較でベトナム人のほうが総じて上手だと言う。

私自身も、中国だけでなく、カンボジアやタイなどの周辺国もある程度巡ってみたが、平均点でいうとベトナムの工員がダントツに一番なのではないか。

製品の品質全体という視点でなく、工員一人一人の手先の器用さという点だけに絞ってみると、まず疑う余地がないと思う。

日本市場に向けた縫製品では縫い目のピッチが一様に揃っていて、きれいであることが必要条件だが、それには、まずはそういう観点があるのかないのか、が重要である。欧米市場ではさほど問題とされないが、欧米向け中心の工場ですら、この点がある程度できているし、まず、この点は指摘すればだれでもすぐピンとくる。けれども、隣国カンボジアに行ったときにこうしたことは当たり前のことではないと初めて気づいた。

 

縫製品の中でも、スポーツ業界では合繊素材を使うことが多く、一度縫い間違えて、解いて縫い直すと、針穴が残るため、縫い直しが利かない。統計をとったわけではないが、こうした合繊ものの加工はベトナムでは他国に比べて生産比率が高いように思う。

しかし、人間のやることには間違いは付きもので、間違いはまったくゼロとはいかない。

一度解いて針穴を縫い代の内側に隠しながら縫い直す場合はよいが、どうにもならない場合は、生地を裁ち換え、縫い直すしかない。

やり直す時間があるきはよい。

かつてそういう失敗に出荷直前に気づいたことがある。

身生地と色の違う配色ステッチの色が指図と違っていたのだ。こうした場合、お客さんと相談し、可能な場合は規格を変更して、間違ったものをそのままで了解をいただくのだが、この場合、ダメなものはダメの一点張りだった。

仕方なく、その旨を工場側に伝えると、一度解いて針穴の上を縫い直してみましょうか、と。思いも寄らない提案だが、藁をもすがる思いで、とにかくやってみようということになった。

工場でも腕の良い技術担当がまず1着やってみる。すると、ミシンは非常にゆっくりではあるが動いていった。できたものを確かめると、針穴は見えない。作業自体、私の目にははさほど難しそうではなかった。

そして、実際の工員にもやらせて、どうやらできそうだということになった。

ミシンの運針はとにかくゆっくりで、時間がかかるのだが、でも、すべてを縫い直すよりはずっと早い。

ただし、工員らが器用であることと良質な製品があがってくることは、必ずしも直結はしない。

せっかく器用な工員がいても、教育が不十分であれば、上達は見込めないし、また、工場としての品質管理はまた別の観点が必要になる。

そして、実際の工員にもやらせて、どうやらできそうだということになった。 

ミシンの運針はとにかくゆっくりで、時間がかかるのだが、でも、すべてを縫い直すよりはずっと早い。

たいへんな作業で、これを進めている数日はもちろん、工員らも不満たらたらだったが、でもともかく、1000枚以上の商品を結局、針穴なく縫い直してしまった。

この出来事を日本から赴任してきたばかりの上司に話すと、最初は信じてもらえなかった。

 

ただし、工員らが器用であることと良質な製品があがってくることは、必ずしも直結はしない。

せっかく器用な工員がいても、教育が不十分であれば、上達は見込めないし、また、工場としての品質管理はまた別の観点が必要になる。

 

秋利美記雄

プロフィール:1966年生れ。山口県下関市出身。1995年よりベトナム在住、大手商社勤務を経て、独立、アパレル専門商社及びコンサルティング会社を設立。 Qara Qoromo LLC.社長、My Lang Consultant Co., Ltd.取締役。 ベトナム語他語学に精通、現地企業との交渉は自ら行う。ベトナム在住歴16年。 アパレル情報ウェブサイト"Apparel Resource in Indochina"(www.apparelresource.asia/)を主催。

連絡先Eメール:info@apparelresource.asia

vietnam business access

このページのトップへ戻る