インドシナニュース

インドネシア:政府、輸入繊維製品に一時的な義務を課す計画

インドネシア政府は、最近の輸入の急増から国内の上流産業を保護するための安全対策として、繊維および繊維製品(TPT)の輸入に一時的な追加関税を課す計画を検討している。

財務省の財政政策責任者であるSuahasil Nazara氏は、政府が保護措置の対象となるヤーンやカーテン生地を含む121の製品を特定したと語った。

「最近、TPTの輸入が急増しています。既存の規則に沿って、国内産業に潜在的に損害を与える可能性のある輸入の増加がある場合、インドネシアが公式に講じることができるタイプの措置であるセーフガード措置を課すことを検討しています」とジャカルタのSuahasil氏。

この動きは、政府がインド、中国、台湾からのポリエステルステープルファイバーの輸入に加え、インドネシアのダンピング防止委員会(KADI)による調査に続いて中国からの紡績糸の輸入にダンピング防止関税を課した後に行われた。関税は8月上旬に発効し、3年間続く。

Suahasil氏は、貿易省による迅速な評価に続いて、レートを決定するために、1017日にセーフガード措置に関する詳細な議論が行われると述べた。

インドネシア貿易保護委員会(KPPI)は最近、インドネシア繊維協会(API)から苦情が提出された後、布地輸入の回復に関する調査を開始した。

「(申立人に)提出された予備的な証拠から、インドネシア貿易保護委員会(KPPI)は布地の輸入の急激な増加を発見した。さらに、輸入量の急激な増加による国内産業への深刻な損害または潜在的に深刻な損害の予備的な兆候がありました」と、インドネシア貿易保護委員会(KPPI)のMardjoko委員長は最近の声明で述べた。

インドネシア中央統計庁(BPS)のデータによると、布地の輸入量は2016年の238.22トンから昨年の413.81トンに増加した。

同様の調査は、インドネシア貿易保護委員会(KPPI)によって、9月以降のステープル合成糸および人工糸、ならびに6月以降のカーテン生地についても行われている。



インドネシア ジャンル:
最終更新:2019年10月21日

このページのトップへ戻る