インドシナニュース

インドネシア:2017年の繊維売上高は10%成長の見込み

オンラインの販売窓口を使用する繊維企業の増加に伴い、2017年のインドネシアの繊維売上高は10%の増加となると予想されている。Tekstile One Indonesia社のDesy Natalia Soeteja本部長によると、eコマースシステムの増加により、今年のインドネシアの繊維売上高が前向きになっているという。

「昨年は2.2%のみの増加でしたが、今年は10%の増加も難しくないと考えています。実際、インドネシアの繊維業界は技術革新を進める時期に差し掛かっています。国内外の多くの繊維企業が、市場に浸透するためにすでに先端技術を活用しています。」とDesy氏は日曜、2016年・2017年の売上高詳細を明かすことはなかったが語った。

また繊維製品の輸入を制限する政府政策により、小売企業はeコマースを通じて市場に浸透することを余儀なくされたという。「中国、ベトナム、インドの衣料小売はインドネシアの繊維メーカーにとってすでに脅威ではなくなっていると確信しているため、我々は2017年4月にバンドンでeコマースのサービスを開始する予定です。」とDesy氏は述べた。

衣料品の輸入制限により、最近は輸入製品を探すことが難しく、結果消費者はeコマースシステムを使って国内製品を購入せざるをえなくなっている。「East Javaなどの地方行政による様々な力強いサポートにより、産業の発展が後押しされています。」

地方開発銀行から中小規模産業に資本を提供することにより、地方行政は産業の発展を促進している。「中小規模の産業では資本の確保が困難でしたが、今ではマクロ政策のサポートがあり成長は必至とされています。」

インドネシアでは成長が期待されており、繊維・繊維製品(TPT)の輸出国として世界の上位5カ国に入る見込みであるとAirlangga Hartarto工業大臣が先日発言している。Airlangga氏は、政府がTPT産業を戦略産業として優先度リストに加えたと述べたという。

そのため、工業省ではインドネシアのTPT輸出を押し上げるための政策案を計画している。Airlangga氏によると、TPT産業は輸出の主力部門としてだけではなく、大量の雇用を作り出す社会的セーフティーネットとしても活躍するという。

同省の公式記録によると、約8.45兆インドネシア・ルピア規模の労働集約型産業は、300万の雇用を提供しているという。2015年、TPT産業はインドネシアの輸出売上高に約122.8億米ドル貢献し、生産部門では雇用の10.6%を占めていた。

上流部門から下流部門に至るまですでに十分一体化されており、品質面でも競争は激しく、インドネシアのTPT産業は国内外で多くの課題に直面しているとAirlangga氏は述べた。そのため、同省とその関係機関は、インドネシアのTPT産業が世界競争の中で輸出の競争力を高められるような特別政策を打ち出し、相乗効果を生み出した。

付加価値税の免除やガス料金の削減など、TPTの輸出を拡大させる可能性のあるインセンティブは多くある。特に、付加価値税の免除は衣料・既製服メーカーが地元の基本材料の使用を促進させるであろう。


無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



インドネシア ジャンル:
最終更新:2017年04月03日

このページのトップへ戻る