インドシナニュース

マレーシア:2016年上半期繊維アパレル輸出が約17.5億ドルまで急伸

国際通商産業省のDatuk Ahmad Maslan副大臣は、マレーシアの繊維アパレル輸出は2016年上半期、昨年同時期の63億3000万リンギットから10%上昇した69億9000万リンギット(約17.5億米ドル)であったと発表した。

マレーシア産の高品質な繊維・アパレル製品に対する世界の需要の高まりと、米国、EU諸国、カナダをはじめとする主要輸入国の購買力の高まりがこの伸びを支えたと副大臣は述べた。

「繊維・アパレル製品への需要は2018年末までに1600億米ドル(6410億2000万リンギット)に達すると予想されています。量的には、世界の需要は2018年までに3000万トンに達し、米国やEU諸国ではアジアが主要な調達地となっています」と副大臣はセデナク工業団地のD&Y Textile (Malaysia) Sdn Bhdの製糸工場の視察ののちに報道関係者に対して述べた。

副大臣によると、国際通商産業省には970の縫製・繊維工場が登録されており、そのうち400以上の工場が既製服、80工場が糸、108工場がニット地を生産しているという。

加えて、マレーシアの繊維工場では布帛生地、繊維付属資材、ジッパーやラベルなども生産していると副大臣は説明した。


無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



マレーシア ジャンル:
最終更新:2016年08月22日

このページのトップへ戻る