インドシナニュース

マレーシア:Prolexusが縫製事業拡大のため台湾企業と覚書を交わす

アパレル製造・小売企業であるProlexus Bhdは縫製製品生産過程のより上流に業務を拡大しようと、台湾のMen-Chuen Fibre Industry Co., Ltdと共同でベトナムに縫製工場を設立する。

Prolexus社の証券取引所への届け出によると、両社は業務拡大と相互補完を目的とした戦略的パートナーシップ実現のために2月5日に覚書(MoU)を取り交わしたという。

Men-Chuen社は台湾とベトナムに拠点を持つ織物、染色業務を行う織物生地製造業者である。

覚書によると、Prolexusは子会社Trans Pacific Textile (M) Sdn Bhdを通じて布地工場を設立する。Men-Chuenは同工場への投資に加え、Trans Pacific Texile社の株式を事前合意した数量分購入し、専門的な支援を行う。

加えて、Prolexusは同社の生産量増加計画の一環としてベトナムに縫製工場を設立し、Men-Cheunはその工場に今後合意される予定の一定額を投資する。Prolexusも同額をMen-Cheun Vietnam Co.Ltdに投資する。

Men-Chuen VietnamはMen-Chuen社の完全子会社で、ベトナムにおける織物生地生産を主に担当している。

「Prolexusはこの覚書がProlexusグループの最善の利益を実現するものと確信しています」としている。

同日のProlexusの終値は2.18リンギットで変動はなく、時価総額は2億5058万リンギットであった。


無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



マレーシア ジャンル:
最終更新:2016年02月12日

このページのトップへ戻る