インドシナニュース

ミャンマー縫製工場は米国の輸入解禁に望みをかける

弱い米ドルの為替レートと戦った悲惨な一年の後、縫製メーカーは、欧米の制裁緩和に望みをかけて、生産を押し上げていこうとしていると業界関係者は言う。

米国国務長官ヒラリー・クリントン女史の12月初旬のミャンマーの訪問を受けて、希望が出てきた。

「繊維産業にとって、きっと良き時代の始まりであると思います。繊維産業は多くの雇用を作り出すので、政府はできるかぎりのことをすると思います。」とHlaing Tharyar工業団地に2つの工場を経営していて、さらにもう2工場を管理しているLat War社常務U Khin Maung Aye氏は言う。

米国が制裁を緩和すれば、とくに、ミャンマー製品の輸入を解除すれば、米国のアパレル注文はすぐに増えるだろう。

制裁適用前の2000年から2003年までに、米国市場はミャンマー製衣料品輸出の50%を占めたと彼は言う。

制裁以来、多数の工場が稼働を停止し、繊維業界は代わりにやむを得ずアジア市場に焦点を当てたと言い添える。

「制裁が緩和されるなら、2003年以降閉められた工場の多くが再開できます。既に再開の準備をしている工場もあります。」と言う。

「しかし、実際は、制裁が緩和されても、おそらく注文を受けたいと思っても、うまくオーダーを捌ける操業中の工場は不足気味だと思います。」と言い足した。

ミャンマー縫製業者協会の幹部によれば、ベトナムは1年間で縫製業の雇用者数を1万から10万に上げており、ミャンマーもこれに倣うべきであると言う。

「ミャンマーの繊維産業でも雇用人口に関してベトナムに並ぶことができると思います。」と彼は言う。

仮に米国の制裁が緩和されなくても、韓国と日本が注文を着実に増加させているので、業界の未来は明るい。

しかしながら、U Khin Maung Aye氏は、昨年、ミャンマーの通貨チャットに対して25%も下げた弱い米ドルの影響は、顧客を追い払うことなくても、損失の予約にしかならないと言う。

生活費が上昇しているので、スタッフ維持のためには、埋め合わせに会社は給料を上げなければならないと彼は言う。しかし、同時に、会社は価格を上げることもできず、かといって他国に注文が流れるのも望まない。

「労働力の規模を減少させたくないので、たいへんな一年でした。時には、損をすることがわかっていても注文を受けたこともあります。」と彼は言った。

「為替レートについては、考えたくもありません。それが今年の最大の問題でしたから。でも、制裁が緩和されるだろうという望みを抱きながら、工場を稼働させ続け、拡張すらしてきました。」と彼は付け加えた。

同時に、ミャンマーはバングラデシュとの競争に直面している。バングラデシュも、廉価な労働力をふんだんに抱え、主要輸出市場である欧州連合(EU)の関税免除を享受している。

台湾の銀行から提供される低利融資により、台湾企業の多数がミャンマー繊維産業への投資を奨励されており、積極的であるとも付け足した。しかし、国内企業は、外国企業が近づいてきた際には用心しないと利益を失う可能性があるとも警告した。

「国内企業のビジネスマンは外国の会社と一緒に働く際には、事前にしっかり準備をしないと、利益はほとんどないかもしれません。」と彼は言う。

U Khin Maung Aye氏は、2011年には会社のオーダーは、韓国、日本、イタリア、ドイツの会社に衣類を供給する契約を取れたので、対前年比30%以上あったと言う。

「しかし、制裁前には、注文の90%は米国からでした。」

Hlaing Tharyar郡区にあるAmazing Tree Collection 社社長Daw Thandar Soe女史は言う。「制裁が解除されれば、間違いなくオーダーはミャンマーに来ます。労働コストが安く、中国よりも安いのですから。」

Daw Thandar Soe女史は、制裁解除を予測してAmazing Tree Collection社では拡張の準備をしていたと付け加えた。

「最も難しい問題は、土地を借りて、新工場を建設することです。」実業家の中には投資としてただ工場用地の区画を買うだけで、何もしない人もいる。「ただただ土地を借りるだけで、価格が高くなれば、売るだけです。でも、それでは、実際に工場を作りたがっている会社には問題を生じさせるだけです。」

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年01月24日06:00

欧米企業はミャンマー縫製業界に熱い視線

欧米のバイヤーはミャンマーの縫製産業にますます大きな関心を寄せており、廉価で豊富な労働力のメリットはインフラの未整備などの欠点と比較しても余りあると見ていると業界代表は言う。

同時に、現地企業として縫製工場を登録していた中国や台湾のメーカーは再登録の申請を投資委員会(DICA)に提出したとミャンマー繊維協会Khaing Khaing New氏は述べた。

バイヤーも生産者も、輸出市場アメリカで制裁を解かれて後、繊維産業が急速に伸びるのを予想しており、外国投資規制緩和でミャンマーでの拠点づくりが容易になると業界代表は言う。

昨年は、欧米の主要市場を含めた外国人投資家及びバイヤー予備軍からミャンマー繊維産業に急激に関心が高まったとLatt Wah縫製工場常務Khin Maung Aye博士は言う。

欧州連合はこの9月に、1997年以降中止されていた一般特恵関税制度(GSP)下のミャンマーからの輸入向け関税優遇措置を復活させた。業界代表は数字こそ公表しなかったが、EU向けの輸出増大に言及した。

米国の各企業は縫製工場に注文を出そうと交渉中であるが、まだ契約締結には至っていないと投資委員会(DICA)当局者は言う。

縫製工場はヤンゴン周辺の工業団地に集中している。バングラデシュ、ベトナム、中国といった輸出大国と比較しても、月給およそ40米ドルの最低賃金は低いが、電気の供給は制限されており、工業団地によっては午前8時から午後5時までしか電気供給がないところもある。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年01月22日06:00

ミャンマー人名義の外国縫製企業は外国投資ビジネス扱いへ

ミャンマーの新しい外国投資法によると、名目上のミャンマー人の下で経営される合計25の外国人所有の被服縫製工場が、海外直接投資(FDI)ビジネスに転換させられた、と公式メディアは報告した。

上院の現在の委員会時に議員に尋ねられ、国家計画経済発展相Kan Zaw博士は明確にした。

一方、アジア諸国からのますます多くの外国縫製メーカーが、ミャンマーの変化と新外国投資法の導入からミャンマーに投資しようとしている。

ミャンマーの衣料産業の主な外国人投資家は、日本、香港、韓国、ドイツである。

ミャンマーの衣類輸出は2012-13年度の年初5ヶ月(4月-8月)で4億9646万ドルになり、前年度の約半分の輸出となった。

米国のミャンマーからの輸入解禁に際し、ミャンマーの衣類輸出見通しは明るくなっている。

現在、ミャンマーには205の被服縫製会社がある。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年01月16日14:00

ミャンマーの民族衣装ロンジ、外国人に人気

ミャンマーが海外の考え方やファッションに開放されていく一方で、外国人はこの国の文化に対する関心をますます強めており、民族衣装のロンジ・スタイルは特に人気があるようである。

ヤンゴンのShwedagon寺院では、この国の民族衣装を身につけ、この地域の熱帯気候にはこのスタイルが快適なうえに、見てくれもスタイリッシュと称賛する外国の訪問客も多く見られる。

オランダ旅行者Thorsten Roobeckさんもそのような一人で、彼は1日前に到着したばかりだったが、腰に巻き付けただけで、足まで垂れ下がる円筒形状の布からなるだけの、この衣装の素晴らしさをすでに評価していた。

「ここ[Shwedagon寺院]に来たとき、私はショート・パンツをはいていましたが、これを着たほうがいいと思いました。」と彼は言った。「これは快適で、この暑さの中では風通しがいい。」

「結び目が厄介ですね。初めは解けてしまいました。でも、周りの人が助けてくれました。」と、妹と旅行していたその学生は言った。「唯一の問題は、ポケットがないことです。」

西洋人の男性がスカートのようなドレスを身に着けるのは抵抗ないか問われて、「それは、あなたがそれをどう見るか次第です。たとえば、スコットランド人、彼らは良く似たタイプの服装[キルト]を纏います。」とRoobeckさんは言った。

「オランダでは、ショート・パンツのほうがいいですね。もしロンジを身に着けていたら、人々が奇妙な目で私を見るでしょうから。それでも、受け入れてはくれるでしょう。流行に敏感な人か何かであると思うかもしれませんが。」と彼は付け加えた。

ロンジは増加する外国人観光客に非常に人気があると、Shwedagon寺院のお土産物屋は言う。

寺院の東側の歩道に露店を持つ29歳のKo Zaw Myo Htetさんは、外国人は「通常、毎週およそ7着のロンジを買ってくれる」と言う。「でも、いいときには、10着か15着売れることもありますよ。彼らはグループで来て、全員が1つずつ買ってくれるのです。」

「大部分のお客さんは、オーストラリア人か、イタリア人か、フランス人です。私は、それをどうやって身に着けるかを彼らに教えます。1番目に、左側にそれを折って、それから右側に折って、結ぶのですよ。」と、彼は、マンダレーで作ったロンジの売値はおよそ3米ドルと付け加えた。

「西洋人も歩きやすいし、風通しがいいから、好きなんでしょう。」とMyo Htetさんは笑って言う。「ミャンマーに来たら、ミャンマーのスタイルを経験したいのかもしれません。彼らには珍しいので、興味を牽かれるのでしょう。」

「見た目もとても素敵です。」と、彼のパートナーは付け加えた。「彼らは、ロンジの裾を膝までたくし上げる、村人スタイルですが、ミャンマーの都会人は大部分が足まで隠すスタイルです。」

ミャンマーの男性と女性の間では、伝統的なロンジは今も人気があり、少数民族地域も含めて国中で広く着られていて、公式行事では絹のロンジが好まれる。

2010年6月に、ミャンマー軍政府の将軍が、民政への転換を意味するために彼らの制服を絹のロンジと従来の白いジャケットに換え、彼らはそれを議会と他の公式行事の際に着用していた。

現在のミャンマーのロンジ・スタイルは植民地時代の間にインドから来たが、それ以前にもミャンマーには男性用にはpaso、女性用にはhtameinと呼ばれる類似の民族衣装があった。

19世紀の植民地指揮官で文筆家でもあったGeorge Scottは、古典となった1882年の本「ビルマ人:人生と概念」の中でビ伝統的な衣服を記述した最初の人物のうちの一人だった。

「この民族衣装は非常に単純ですが、絵画のようです。pasoは、長い絹の布です[…]。それは、身体に巻き付けられたキルト・ファッションで、前方で捩じってたくし込まれて、残りの部分は畳んで腰のところで垂らすか、肩越しに懸けられるかする。」とスコットは書き、彼自身pasoをときどき着用したという。

ミャンマーのロンジの快適さとスタイリッシュさを評価したもう一人の外国人は、「民主ビルマの声」のウェブサイト編集者David Stout氏である。

「快適で、涼しいですよ、、、気候にあっていて、スタイリッシュで、非常に品がある。」と彼は最近Irrawaddy紙に語り、3年前ヤンゴンで休暇中にロンジを着用して、「男の解放」を感じたと付け加える。

「私は、男性がスカートをはくならば、誰でも少し間違った何かがあると思うような文化で育ってきました。そうかもしれませんが、ミャンマーのほうが正しいかもしれません。」とStout氏は言う。

Shwedagon寺院の僧侶が彼と彼の友人にロンジを着せたあと、地元の人々から得た肯定的な反応を思い出した。

「私は青のロンジ、友人は栗色のロンジをもらい、その反応は抜群でした。」とStout氏は言った。「通りを歩いていると、この鮮明な思い出が蘇ります。男がバルコニーに出て来て、私に『chaw tae』を叫ぶのです。それは、たしか『ハンサム』という意味ですよ。」

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年01月07日06:00

成長するミャンマーの繊維産業

ミャンマーの政治改革は、多くの変化をもたらし、特に経済の変化が著しい。

カレン州では、少数民族の反乱軍と中央政府の間での停戦と和平会談により、対立の終結を期待するムードが高まっている。

BBCのJonathan Head氏は、カレン州の州都から、先月州に初めての縫製工場を開いたミャンマー人ビジネスマンと面談したと報告した。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年01月04日14:00

ミャンマー縫製業界、2013年に一般特恵関税制度(GSP)を享受

ミャンマー縫製協会によると、2013年から始まる欧州連合の一般特恵関税制度(GSP)のためミャンマー縫製産業は有利を得られる。

一般特恵関税制度(GSP)から得られる優遇税制は、韓国、日本、タイなどからの投資をさらに引きつけている。

「韓国からの投資家は、投資機会を探しに毎日我々に会いに来ています。日本やタイの投資家も我々に会いに来ます。それらの潜在的投資家は、一般特恵関税制度(GSP)の優遇税制に興味を持っています。」と縫製協会書記Khine Khine New女史は言う。

ミャンマーからの衣類輸出の需要が最近落ちているにもかかわらず、協会は一般特恵関税制度(GSP)の初期において、ミャンマー縫製産業は上昇傾向であり、楽観的である。

「ミャンマーからの衣類輸出は、大部分が日本と韓国向けです。しかし、日本は2011年の地震によって、我々の日本向けの輸出は低下しました。」とKhine Khine New女史は付け加えた。

インフラが弱いとか工場への発注数がまだ小さいとかいうような若干の欠点がまだ存在するとも彼女は言う。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2012年12月28日06:00

ミャンマーのプリント業界も縫製業界の隆盛を追い駆ける

ミャンマーの縫製業は新しい対外投資の助けを借りて成長する準備をしているところだが、国内のプリント産業は問題に直面している。

電気や熟練労働者や塗料の不足は、染色業界に不利な条件をつけていると関係者は言う。

「縫製業界に大きな期待が寄せられる中、私には工場を拡張する計画がありますが、電気や労働力や染料が十分ではなく不足しているという問題に直面しています。」とHlaing郡区A Plus Three Silk Screen Painting社オーナーのU Kyaw Kyaw氏は言う。

現在では、プリント工程に使われる染料は、中国やタイや日本から輸入される。小規模の会社は15-60kg(33~132ポンド)の缶を買うことができないので、代わりに5ポンド(およそ2.3kg)の箱を買うと彼は言う。

「箱の染料は、食品で使われるある種の粉と混ぜ合わせられます。ほとんどは中国製です。」と言い、偽の粉だと衣類が駄目になることがあると言い添えた。

生産される衣料の80%は輸出または国内販売の前に染色が必要になると彼は言う。「我々のほとんどの注文は、シャツに花柄を入れてほしいと望む女性からです。輸出注文を得ることができるように、品質には気を使っていますし、対昨年同期比で25%も伸びています。国内市場のシャツのプリント価格はK250で、輸出用シャツはK200です。ロットが大きいので、輸出市場を向けのシャツのプリントは安いのです。輸出注文は少なくとも8000pcs以上であるのに対し、国内注文はおよそ1000または1500ほどです。」

マレーシアの染色工場で3年間働いた経験を持つ染色工場長Ko Nyan Sint Aung氏は、ミャンマーでのプリントが大部分は手仕事であるが、仕事の品質は外国製品に引けを取らないと言う。

「染料が上質で、労働者が熟練であるなら、もっと多くの輸出契約を取れます」とし、会社の活動が確実に予定通りに進むように電力供給が安定する必要もあると付け加えた。

しかし、Golden Third Silk Painting工場の工場長U Min Naing氏は、日本の縫製工場から注文を受け、日本から輸入される染料を使っていると言う。

「1つのデザインで20,000着以上のシャツの注文を得たので、今年の注文はおよそ30%増加していると思われます。一方で、国内の注文は、300~600着のシャツが中心です。」と言い、業界が競争価格について交渉できる同業組合がなかったと付け加えた。

染色会社は、ミャンマー縫製業者協会のメンバーではないと彼は言う。

「我々は、縫製業界に頼っています。もっと多くの輸出注文がもらえるよう、縫製業界が益々発達しつづけることを希望します。」と彼は付け加えた。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2012年12月18日06:00

ミャンマーで初の繊維産業展示会開催

「ミャンマー国際繊維産業展示会 2012」がミャンマー初の産業フェアとして、2012年12月14日から17日までヤンゴンで行われる。

国内繊維産業の強化を目的として開かれる、この展示会は国内外のメーカー、バイヤー、貿易業者、卸売業者らにとっても総合的な業界プラットフォームとなる。

ほぼ100のブースは17以上の国際企業から出展し、多数の最新の繊維生産設備を展示する。

最新のさまざまな用具や設備のほか、展示では、付属品のみならず、染料などの化学品も公開される。

展示会は、ミャンマー商工会議所(UMFCCI)、ミャンマー工業会社(MIEs)とヨーカー貿易マーケティング・サービス社の共催である。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2012年12月13日14:10

ミャンマーでは今後、数千もの縫製工場が現れる

ミャンマー縫製業界は、改正外資法の制定に続き、米国制裁の解除で大きな後押しを得られるとある工業協会関係者は先週述べた。

12月中旬に繊維フェアがヤンゴンで開催されると11月下旬に発表した後に、ミャンマー縫製業者協会(MGMA)副会長U AungWinn氏は以下のように述べた。

「現在、ミヤンマーでは300以上の縫製工場が稼働しています。けれど、それは、バングラデシュ、インド、カンボジアといった近隣諸国と比較すれば、かなり少数です。縫製産業は、何千もの仕事を創出することができます。」

「近い将来、何千もの縫製工場がミャンマーに現れます。」と続け、多くの西洋の会社がミャンマーで事業を始めようと地元のパートナーと議論している一方、日本とタイの会社も待っていると付け加えた。

「12月の繊維フェアは、国際的使われている様々な道具と機械を公開することを目的とします。」と彼は付け加えた。

国際繊維産業フェア2012は、12月14日から17日までTatmadawホールで開催される。ミャンマー産業企業(MIEs)、ミャンマー商工会議所(UMFCCI)とヨーカー貿易マーケティング・サービス会社の共催である。イベントでは、17の国際企業から100のブースが出る。

ミャンマー縫製業界は2011年度およそ7億7000万米ドルの売上があり、そのうち、日本向けは3億4800万米ドル、韓国向けは1億8300万米ドルと、11月のイベントで配布されたプレス・リリースで公表された。

ミャンマーが単純な裁断・縫製・梱包(CMP)を越えて能力を拡大する時であると、展示の共同主催者U Myo Thant氏は言った。

「縫製業界は、CMPの仕事以上をする必要があります」と彼は言う。

「我々のデザイナーの技術は急速に上達し、我が国は豊富な労働者がいますが、自身のブランドとデザインで製品を作り輸出する必要があります。そして、そのためにはもっと多くの良質の機械設備が必要になります。」

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2012年12月12日06:00

ミャンマー投資のほとんどは生産部門に集中

大方の観測筋がミャンマーの新しい外資法を眺めている中、ミャンマー市民出資法が1994年に制定されて以来、国内投資を分析する投資企業管理局(DICA)がデータを公表した。

データでは、部門間では生産部門がもっとも注目を浴びており、この11月までの18年間に598もの案件に対して許可が発行されたことが明らかにされた。

「ミャンマーの生産部門には598の異なるビジネスがあり、これは極めて大きな数字です。」とHlaing Thar Yar工業地帯で食糧生産マネージャーを務めるHtay Myint氏は言う。

国家計画経済開発省傘下の投資企業管理局(DICA)によれば、建設部門が2番目に投資の多い部門で、18年間で合計53の現地投資許可が発行された。

生産部門は、アパレル縫製工場、建設資材生産、食品加工、家具工場、文房具類および製紙、傘、練り歯磨きや石鹸のような家庭用品、および農産物を含む。

投資企業管理局(DICA)はデータで、建設、農業、石油・ガス、工業団地、生産、ホテル・観光、不動産開発、運輸、漁業・畜産、採鉱の部門ごとの投資案件に対して発行された国内許可数を明らかにしている。

それによれば、1994年3月から2012年11月19日までの期間に、工業団地:1、漁業・畜産:5、農業:5、石油・ガス:国内向け7、運輸:21、ホテル・観光:23、不動産開発:32、採掘:51、建設:53となり、生産部門が圧倒的に多く、598となっている。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2012年12月10日14:00

«前のニュース || 1 | 2 | 3 |...| 33 | 34 | 35 | 36 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る