インドシナニュース

ミャンマーにとって日本は衣料品のトップ市場

ミャンマー衣料製造協会によると、今年も日本は、投資最大国の韓国とともにミャンマー製衣料品の最大市場となっている。

「韓国は繊維産業への最大の投資国です。少なくとも20のアパレル縫製工場を経営しています。繊維産業に投資する外国企業は、日本、韓国、台湾、中国、マレーシアです。何には西欧の国もあります。ドイツやトルコを含め、約20ヶ国が繊維産業に携わっています。 ミャンマーには、約300の大きな縫製工場があります。そのうち、約90%はミャンマー企業です。外資との合弁事業もあります。繊維産業へ100%投資した外資企業は、全体の約5%程度です。」と協会副会長Aun Win氏は言う。

また、昨年の数字によれば、日本はミャンマー製衣料品の最大市場であると彼は言い足す。

「韓国は2番目です。次年度(2014-15)に優先のEU貿易制度で優遇措置が取られるため、欧州市場への輸出は伸びると予想されます。今年まではまだ日本がミャンマー製衣料品の最大市場でありつづけるでしょう。しかし、私たちは、将来、最大市場がEUか米国になるかどうかわかりません。」

米国が2003年にミャンマーで経済制裁を課して以降、ミャンマーは衣料品輸出の市場として日本への依存度を増していた。

» 続きを読む

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年11月26日23:53

ミャンマー:最低賃金設定に向け、繊維産業から基礎データを収集

大統領顧問Zaw Oo博士によると、最低賃金標準化の実施のための基礎データは繊維産業から収集されることになる。

研究調査結果は最低賃金設定の責務を持つ全国委員会に報告される、と地元紙Voiceは報じた。

大統領経済顧問は10月11日のミャンマー商工会議所連合会(UMFCCI)事務所での雇用者、従業員、労働・雇用・社会厚生福祉省との会議の際に上記コメントを発表した。

繊維産業は、低賃金で、報酬が最少の産業であることからから労働論争が起こりやすい傾向にある。

全国委員会は、関連省庁、雇用者代表、従業員代表から形成される。

委員会の設置は大統領に提案されているが、まだ承認はされていない。

議会は数カ月前に、最低賃金法を承認した。

» 続きを読む

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年10月22日22:06

EUの門戸開放により、ミャンマーからのアパレル輸出、急増の構え

EUが最近ミャンマー製品についてあらゆる関税や割当を撤廃して後、この黄金の国ミャンマーの輸出業者らは、加盟国28ヶ国からなるこの巨大国家グループの貿易優遇計画により、欧州市場を熱い視線でじっと見つめている。

7月19日の欧州委員会の決定により、ミャンマーは、開発途上地域にある貧しい国々により好ましい貿易制度を与えることによって発展援助するためのプログラムである、欧州連合による一般関税優遇制度(GSP)の回復を見た。後発発展途上国としてミャンマーが認められることで、「武器以外はすべて」の掛け声の元、軍需目的以外のすべての製品の輸出に関する関税と割当が完全に撤廃された。

以前、ミャンマーが一般関税優遇制度(GSP)の適用を受けていたとき、ヨーロッパ輸入会社の帳簿は、フランからリラからペセタまでありとあらゆる国々の通貨の寄せ集めだった。 16年経って今や、この単一通貨経済圏は、世界最大の市場の1つを呈している。現在、約5億人の消費者に無税で手の届く範囲にある。ミャンマーの輸出業者にとって、これほど魅力的なチャンスはこれまでになかった。

欧州連合は、1997年にミャンマーに対し、軍事政権下で国際的な労働基準と作業者保護を是認しないことに対応して一般関税優遇制度(GSP)適用を取り消した。国際労働機関(ILO)は、こうした労働問題の矯正に向けてミャンマーの新しい準文民政治が大きな成果を挙げたとし、一般関税優遇制度(GSP)は2012年6月13日から遡及して適用される。

ヨーロッパから一攫千金を狙ってミャンマーを訪問する人たちの数は鰻のぼりで、EU政府もビジネス交流を奨励している。ドイツ商工会議所は、11月にミャンマーの事務所を開設するのを計画している。フランス人は7月に、イギリスに続いて、ヤンゴンに貿易代理事務所を開設し、ビジネスを一緒にするのを目指して、フランスとミャンマーとの連絡係として機能することになる。

ミャンマーからのフランスの輸入は、今年の年初から5ヶ月で、対昨年同期比、急増した。 輸入は150万ユーロ(約200万米ドル)から2040万ユーロまでと、1,260%上昇したが、増加の大部分は完成宝石製品によるとフランス大使館経済班班長Dominique Causse氏は言う。

フランス貿易相Nicole Bricq女史は2ヶ月前にヤンゴンでの貿易代理事務所開設式に出席した。

「彼女は経済問題の責任を帯びてミャンマーを訪問した最初のフランス政府の大臣であり、ミャンマーとフランスとの関係が経済面や通商面であって、政治面ではないことを示そうとしていました。」とCausse氏は言う。「それは会社同士のビジネス関係に翻訳されなければなりません。」

国の労働人口の70%が農業分野に従事するミャンマーにとって、欧州連合への輸出免税措置は大きな恩恵と言える。

ミャンマー米穀工業連合会幹部U SoeTun氏は、EU市場への米の輸出が今年10倍に増えると予想されるとIrrawaddy誌に語ったが、この増加は2012-13年度に欧州連合に出荷された量がわずか5,000トンの非常に低いベースだったためで、今年は合計で約150万トンがミャンマーによって輸出されるだろうと指摘した。

衣料分野も、ミャンマーから欧州連合への輸出の大きな部分を占め、同様に強気である。

 

「西欧市場の開放は私たちには非常に良い機会です。我が国の製造業や雇用機会を広げることができるので。」とミャンマー衣料製造協会会長U MyintSoe氏は言う。欧州連合への衣類輸出は、今年の20%から上昇し、来年には全体の25%までを占めるだろうと予想されると言う。ミャンマーから世界への輸出額が10億ドルに達するのは時間の問題である。

 

一般関税優遇制度(GSP)の回復の決定を受けて、EU貿易代理人Karel De Gucht氏は一般関税優遇制度(GSP)がミャンマー経済にあたえた「大きな差」を声高に宣伝した。

» 続きを読む

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年10月10日17:18

ミャンマー:繊維産業への外国投資を次々に承認

ミャンマー投資委員会(MIC)は、最近数ヶ月で、国の衣類製造業部門に投資する外国のビジネス数件を承認した。

ミャンマーのEleven社によれば、今月、イギリス企業1社及び香港企業1社の、合計2社に、委託加工(CMP)形式での100%外国投資アパレル生産のビジネス設立のための許可を与えられた。

先月、ミャンマー投資委員会(MIC)は、ヤンゴン市内のNgwe Pinlel工業団地でのアパレル生産に投資する、中国ベースのSDI Manufacturing社に許可を与えた。

また、ミャンマー投資委員会(MIC)はヤンゴン市内のShwe Lin Pann工業団地において委託加工(CMP)形式で操業する、シンガポールベースのSlita Pte LtdとミャンマーのLita Myanmar社及びMyint Myat Htut Khaung International社の合弁事業を可能にした。

中国・江蘇省ベースのSolamoda縫製グループと香港ベースのAMG Factoryも、ミャンマーへの投資に青信号が出た。

さらに、タイを本拠とするNorth Star Manufacturing Co., Ltd.は地元企業と共に合弁事業を興し、やはりヤンゴン市内のHlaing Tharyar 工業団地で委託加工(CMP)生産を立ち上げる。

8月末までで、ミャンマーへの最大の投資国は中国で、タイと香港がそれに続く。しかしながら、対外投資の中心は繊維産業ではなく、原油やガス、採掘やエネルギーなどの他産業である。

 

» 続きを読む

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年09月19日02:24

ミャンマー繊維産業への直接投資が2万人の雇用を創出

政府データによると、外国直接投資(FDI)のうち、特に繊維産業の増加がミャンマーで約2万の新しい雇用を創り出した。

2013-14年度の最初の5ヶ月、外国直接投資(FDI)は18億米ドルに達し、ほとんどが衣類製造業部門に集中していたと「ビルマ民主の声」紙は報じる。

投資企業管理局(DICA)局長Aung Naing Oo氏は、投資の大部分が、韓国、日本、中国などの東アジアの国からによると言う。

ミャンマーに開設される縫製工場はいずれも、1,000名の雇用機会を創り出すと付け加える。

Naing Oo氏は、今年度の4月から8月までの期間に20社の縫製工場が承認され、約2万の雇用が創出されたと言う。

現在では縫製工場設立過程は以前より迅速で、関連許可証を入手後6ヶ月以内に操業開始が可能であると彼は言い足した。

Oo氏によると、今年度投資企業管理局(DICA)は国で約30億米ドルの外国直接投資(FDI)を予想している。

 

» 続きを読む

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年09月17日22:15

帝人フロンティア、ミャンマーに現地法人を設立

帝人フロンティア株式会社(本社:大阪市中央区、社長:竹中 哲嗣)は、海外拠点の商流基盤および機能を強化し、グローバルネットワークのさらなる拡大を図るため、2013年10月1日付にてミャンマーのヤンゴンに現地法人「帝人フロンティアミャンマー(TEIJIN FRONTIER MYANMAR CO., LTD.)」を設立することとした。

 

同社は、本年度の基本方針の1つとして「グローバルビジネスの戦略的拡大」を掲げているが、ミャンマー現地法人はその一環として設立するもので、アジア諸国の中でも「チャイナプラスワン」として有望視されているミャンマーにおける生産拠点の確立、および安定した縫製の生産ライン確保を目的としている。

 

今後も「素材から製品までのグローバルなバリューチェーンの構築」を一層強化していく。

 

【現地法人の概要】

社名      帝人フロンティアミャンマー

(英名:TEIJIN FRONTIER MYANMAR CO., LTD.)

所在地   INYA LAKE HOTEL 2'ND FL, 37, KABA AYE PAGODA RD, MAYAGONE TOWNSHIP, YANGON, MYANMAR.

設立時期             2013年10月1日

代表者   代表取締役社長 鴨川 達樹

事業内容             帝人フロンティアおよび海外グループ各現地法人から受注した生産管理業務、新規工場開拓、ミャンマー市場全般の調査・情報収集

資本金   5万US$(帝人フロンティア99%、帝人フロンティアタイランド1%)

» 続きを読む

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年09月12日20:01

ミャンマー投資委員会(MIC)、衣料品製造の分野への外国投資をさらに認可

公式の資料によると、ミャンマー投資委員会は100%の外国投資で国内でのCMP衣料産業でビジネスをするために中国と香港と台湾の会社を認可した。

香港を拠点とする会社と地元のB&N 縫製(ミャンマー)社がヤンゴン管区のHlaing Tharyar 工業団地2で衣類販売業をすることが許可された。Melody GlobalやSunny Shoes Incなどの台湾を拠点とする会社はバゴー管区のバゴー工業団地でアウトドア・スポーツ製品や履物の製造ができる。中国ベースのSDI ManufacturingはヤンゴンのNgwe Pinlel 工業団地で衣類販売業を認可された。

投資企業管理局の公報によれば、シンガポール・ベースのSlita Pte LtdはLita Myanmar社とMyint Myat Htut Khaung International社との合弁事業として、ヤンゴンのShwe Lin Pann 工業団地で衣類製造をCMP形式で行う。

また、他に認可されているのは、Shanghai Donglong Feather Manufacture社や、江蘇省Solamoda 縫製グループや、香港ベースのAMG Factoryなどの中国を拠点とする会社である。

ミャンマー衣料製造協会(MGMA)からの公式の資料によると、ミャンマーの衣類輸出は、今年の第1四半期の1月から3月までの期間に3億米ドル以上の記録的な収益をたたき出した。

 

» 続きを読む

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年09月05日20:51

ミャンマーの縫製品輸出、記録的な収益をあげる

ミャンマー衣料製造協会(MGMA)からの公式の資料によると、ミャンマーの衣類輸出は、今年の第1四半期に記録的な収益をあげた。

データによると輸出は、1月から3月までの期間に、対昨年同期比からほとんど倍増し3億米ドル以上に達した。

「一般にほとんどの注文が1年の最初の3ヶ月に平均的に来ました。今年、私たちメーカーは、前年以上に稼ぎました。私たちの工場はここ数ヶ月でほとんど1ヶ月あたり20万米ドルを得ました。私たちは、昨年、1ヶ月あたり3万米ドルしか稼げませんでした。」とヤンゴン市Hlaing Tharyar工業団地Letwyar工場常務Khin Maung Aye博士は言う。

業界筋によると、縫製品の注文は、4月から6月の期間に下落していた。日本と韓国の注文がミャンマーの縫製工場への大部分だったからである。ミャンマーが欧州連合(EU)によって貿易関税特恵スキームに載ったのを受け、米国と欧州諸国はアパレル注文を増加させている。

 

無料レポート提供中!
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年08月27日14:00

ミャンマー:90%の女性労働者は縫製業に従事

ミャンマーの衣料産業は女性労働者の90%を雇用しているとミャンマー衣料製造協会(MGMA)書記Khine Khine Nwe博士は、土曜日に開催されたミャンマー女性の対話集会で語った。

ミャンマーには、360万人の労働者がいるが、40%は女性労働者である。

「衣料産業は人的資源を活用し、女性労働者に多くの雇用機会を作り出しています。2012年9月以降、外国企業の数は56に上昇しました。そのうち、44社は繊維企業です。それで、衣料産業には女性労働者の労働力が非常に重要であるのです。」とKhine Khine Nwe博士は言う。

衣料産業の労働者の基本給は約5万ミャンマー・チャット(約50米ドル)である。政府が電力を安定させてくれれば、会社は賃金を現在より10%上げることができると彼女は言い足す。

2011年1月の調査では、約5万人の女性労働者が衣料産業に従事していた。12月までには、女性労働者の数は10万以上まで倍増した。

ミャンマーの衣類の輸出先は、ほとんどが日本、韓国、米国、および欧州諸国である。ミャンマーの衣類輸出は近隣諸国ほど盛んではない。

Kyauk PhyuやDaweiといった経済特区が完成すれば、もっと熟練した労働者の需要が出てくるだろう。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年08月22日20:04

アセアン経済共同体(AEC)はミャンマーに熟練労働者不足を引き起こす

午前9時になったばかりだったが、縫製工場Best Industrial有限会社の工場労働者は、生地を裁断し、ミシンで縫製して、衣料品を作るのに忙しなかった。

今回、この工場は、ヨーロッパを拠点とする会社から、2年前に米国と欧州がミャンマーへの制裁を解除して以来、最大の34万点のサッカーのユニフォームの注文を受けていた。

「厳しい時代が続いていました。悲喜こもごもありましたが、ようやく、生き残れました。」と同社常務Khine Khine New女史は言い、工場が1990年代以来米国と欧州連合によるミャンマーへの経済制裁のために操業できなかった日々を思い出していた。

海外の企業がミャンマーの会社との取引を再開したのはごく最近のことである。

ミャンマー衣料製造協会(MGMA)事務局長でもあるKhine女史によれば、1999年には、彼女の会社などの下請け工場を含めると300~400の繊維工場がミャンマーにあったという。

そうした会社は合計30万~40万人の労働者を雇用していた。しかし、EUと米国が2003年に制裁を強力にミャンマーに課して以来、多くの会社が閉鎖され、従業員総数の規模は6万人まで下がった。

EUはミャンマーの衣料品分野に何の制裁も課していなかったと彼女は言うが、国のイメージは、当時、大きく損なわれ、外国企業に生産活動の中断を思い切らせた。

「運よく、米国とEUは、2011年と2013年にそれぞれ制裁を取り消しました。ようやく、ミャンマーの衣料産業や他の産業は、再び立ち直ろうとしています。アセアン経済共同体が2015年に実現されるまでに、私たちは急ぐ必要があります。」とKhine女史は続けた。

そうした積極的な発展にもかかわらず、アセアン経済共同体(AEC)の実現は熟練した人的資源の海外流出について、特に中小企業のミャンマーの企業家にとって、マイナスの影響があるかもしれないという懸念があると彼女は付け加えた。

昨年、日本貿易振興会(Jetro)によって行われた、日本人投資家の集中している19のアジアの国や領土(中国本土、香港、韓国、台湾、マカオ、カンボジア、インドネシア、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム、ラオス、バングラデシュ、インド、パキスタン、スリランカ、オーストラリア、ニュージーランド)の最低賃金に関する調査で、ミャンマーの製造業の賃金はすべての中で最低であった。

「アジアとオセアニアでの日本の関連会社調査」報告書では、ミャンマーの各産業の年間平均賃金が1,100米ドルである一方、タイはミャンマーの6倍の6,704米ドルだった。

ベトナムの賃金はミャンマーの2倍である。おそらく、ミャンマーの平均年間賃金の最も近いのは、カンボジアの約1,424米ドルである。それにもかかわらず、Jetroの調査によれば、ミャンマーの技術者やマネージャや管理部門などの熟練従業員の賃金は他の19の調査対象国中で最低だった。

投資家の観点から判断すると、外国人企業家がミャンマーの廉価な労働力に引き付けられ、ミャンマーにとって朗報なのかもしれないが、しかし、他方では、2015年のアセアン経済共同体の実現は地域の技能労働者の流出に繋がり、それはミャンマーに悪影響を与えるかもしれない。

「現在の平均賃金で、ミャンマーの技術ある労働者は、他のアセアン諸国で働くほうが、稼ぎが良いとわかるでしょう。これはミャンマーの産業開発にとって脅威です。私たちには労働者が必要ですが、労働者が望む労働条件を与えることができません。したがって、何も彼らが国を出て、もっといい仕事を探すのを止めることはできないのです。」とKhine女史は言う。

彼女によると、ミャンマー政府は、確実に繊維産業の発展が持続するように、労働環境の改善と、給与引き上げをミャンマーの労働者に提供する必要がある。

また、2015年にアセアン経済共同体(AEC)が実現されることを考慮すると、労働者の生活水準を改善し、他のアセアン諸国の労働者と競争のためには、現地労働者の品質を向上させる訓練プログラムが必要である。

「これはミャンマー政府にとってはたいへんな課題です。企業家の見解からは、見込みのある労働者には訓練を提供しようとしています。私は、現地のNGOからの助けもあって、縫製と職場の安全のトレーニングを提供しますが、政府は国で熟練労働者を保持するために労働環境を改善して、外国人労働者が故国に帰るよう奨励する必要があります。」と彼女は言い足した。

その間、ミャンマー商工会議所(UMFFCI)副会長Maung Maung Lay氏は、2015年のアセアン経済共同体(AEC)に向けてのミャンマーの準備は、特に人的資源の競争力で、万全と楽観主義を示し、アセアン経済共同体(AEC)が悪影響を与える分野もあるかもしれないが、ミャンマーは課題を克服できると付け加えた。

「ミャンマーはまだ変革期にあります。私たちは、技術的に健全でなく、資本市場を持たず、財政上脆弱ですし、人的資源の質は低いです。しかし、強みもあります。私たちは、大規模な労働力人口を持ち、翡翠や他の鉱物資源などの天然資源に恵まれています。」と彼は説明した。

Maung氏によると、今なすべき最重要課題は、アセアン規格を満たし、地域の他国の労働者と競争するためにミャンマーの人的資源の能力を改善することである。

同様の視点から、ヤンゴンで米の輸出を行っているInfinity Innovation常務Pyae Sone Oo氏は、ミャンマーが人的資源、特に農業労働者の質を向上させる必要があると言う。

「農業労働者はミャンマーの労働者のおよそ80%を占めます。しかしながら、ほとんどの農業労働者がまだ伝統農法に従事しています。彼らは肥料に関する十分な知識を持っていませんし、どうやって良質の米を育てるかを知りません。したがって、ここで生産された米の品質は高くありません。私たちの人的資源の質に関して、他のアセアン諸国に追いつきたいですが、簡単ではないと思います。」と彼は指摘する。

現在、インドネシアなどのアセアンの隣国のサポートで、ミャンマー政府は、自国の労働者の質を向上させようとしている。インドネシアはミャンマーの官僚と農業者にトレーニングと農機具を提供している。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年08月19日09:32

«前のニュース || 1 | 2 | 3 |...| 32 | 33 | 34 |...| 37 | 38 | 39 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る