インドシナニュース

ミャンマーで縫製工場と材木工場でストライキ

Dagon Seikkan町の縫製工場と材木工場のミャンマー労働者はこのたび、昇給と補償を求めてストライキに入った。

11月5日に、Golden Day縫製工場では、経営陣が工場を一時閉鎖する計画で、彼らの10月の賃金を支払わなかったので、縫製工らがストライキを始めた。労働者は11月16日までストライキ行動を続け、工場が閉鎖されるならば、3ヶ月分の補償を要求した。

ある縫製工は言う。「労働省は問題解決に来ました。けれど、オーナーはなしのつぶてです。」

ごく最近、Hlapa Thawの材木工場で、34人の労働者が同じく、低賃金と虐待に抗議してストライキに入った。

「労働省が来て、問題の交渉をしました。しかし、まだ解決が見られません。材木工場の労働者たちは期日通りに給料を支払らってもらえなかったので、ストライキをしました」とHlapa Thaw工場の労働者を擁護するNay Linnは言う。

両工場の代表は、行方がわからず、コメントをとれない。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2012年11月22日14:00

ミャンマー:タイ国境の工業団地で縫製工場が操業開始

Kayin州に最近設立された工業団地で新しい縫製工場が操業開始すると、ヤンゴンの工業団地への圧力を軽減することができ、というのも、仕事がなければ、出稼ぎするしかない地元の人々にとっても朗報であると業界専門家は言う。

UMH Garment IndustriesのオーナーU Myint Htay氏の名をとって名づけられたUMH-3工場が11月6日、Hpa-anで操業開始した。

「多くの工場がヤンゴンにあります。それで、ヤンゴンは労働力が集中しています。でも、これは社会問題を生じます。U Myint Htay氏は、ここに工場を建てることに同意してくれました。」とミャンマー縫製業者協会(MGMA)の議長U Myint Soe氏は言う。

「工場は、何千もの求人募集を出せます。ミャンマーは、2015年にアセアン経済共同体(ASEAN Economic Community)への加盟に備えなければなりません」

「地方には良質の労働力があるので、国境近くで縫製工場が稼働するとなるとヤンゴンの工業団地もうかうかしていられないと思います。労働者は、自分の故郷で同じ賃金を得られるならば、出稼ぎに出る必要はありませんし、政府は労働者から税収を得られます」と彼は付け加えた。

UMHは、すでにヤンゴンに2つの工場を持つ。ヤンゴン地方のShwe Pyi Thar郡区のUMH-1とヤンゴン地方のPyinma Pin工業団地のUMH-2である。UMH-3は、Hpa-an初の工場で、150人の労働者を雇用しており、2月からその150名を郡区に建てられたミャンマー母子福祉協会で職業訓練を経験していた。

UMH-3工場の面積はおよそ8haで、もう一つの工場は20haで、現在、工事中である。

「私は、UMH-3からUMH-9まで工場をここで建てます」とUMH-3のための開会式でU Myint Htay氏は言った。

Kayin州担当大臣U Zaw Min氏は言う。「ここの主な仕事は農業です。ですが、農業では食べていけません。大部分の若者は、仕事を見つけるために、海外に行きます。Kayin州に産業を起こすのは地元の人々に大きなチャンスを与えます。つまり、生計を立てるためにもはや家を出る必要はありません。」

Hpa-an工業団地は2011年12月に設立され、U Zaw Min氏が設立の式典に出席した。

「工業団地は、街や空港に近く、Thanlwin川と、ベトナム、カンボジア、タイ、ミャンマー、バングラデシュとインドを繋ぐことになる東西回廊沿線にも近い」と彼は2011年12月7日にミャンマー・タイムズに話した。

「この工業団地は、東アジアと東南アジアに繋ぐだけではなく、南アジアも繋ぎます」と彼は言う。

工業団地はHpa-anから11kmで、最近タイとの往来が再開されたMyawaddy-Mae Sot国境貿易地域にも近い。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2012年11月13日06:00

ミャンマー縫製産業は収益の増大をもたらす

ミャンマー縫製業者協会はCMPシステムの下で稼働し、大量の熟練工を必要とする同国の縫製産業への必要な援助を施している。日本の技術的な援助と投資やセミナーはミャンマーの経済発展に方法論を提供する。ミャンマーへの外国投資の中で、繊維産業は好調である。 縫製業は普通の人々には信頼できるビジネスで、雇用創出に貢献する。縫製工場の中には労働時間と工場労働者の賃金のバランスを気にしているところがある一方で、最新のテクノロジーと先進の機械を使うのに躍起になっている企業もある。

ミャンマー縫製業界の発展のために、JETROはミャンマーで、日本市場でのシェアを勝ち取れるよう、高い生産性を達成し、製品の品質を改善して、損失と浪費を最小にするために、日本の専門家が技術提供するコースを開いた。

ミャンマー縫製業界は2011年―2012年の年度に4億9860万米ドルの収益をあげた。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2012年11月06日14:00

ミャンマーの衣料品輸出は5ヶ月で4億9000万USD以上に達する

ミャンマーの衣料品輸出は、2012-13の会計年度の年初5ヵ月(4月~8月)で、4億9646万USDに達し、前年度に輸出された金額のほぼ50%に達した、とローカル・メディアは10月9日に伝えた。

5ヵ月の期間には、衣料輸出は、2億7278万1000に達する一方、輸入は2億2368万ドルであった、と週刊イレブン・ニュースは伝えた。

アメリカ合衆国がミャンマー製品の輸入を解禁したため、ミャンマー衣料ビジネスは活発化すると見られる。

一方、EUは縫製工場労働者のためにミャンマーに技術協力を提供する予定になっていて、貿易と投資の分野で工員たちにより多くの雇用機会を創出することになるだろうと続けて伝えた。

ミャンマーには現在205の操業中の縫製工場がある。

2012-13年度の年初2ヵ月(4月~5月)で、ミャンマーはニット生地、通常の布帛生地や特殊な布帛生地、合繊生地、綿生地を含む5820万USDを輸入した。

ミャンマー縫製産業の最大の外国人投資家は、日本、香港、韓国、ドイツである。

ミャンマーは1960年に衣類を輸出し始め、輸出は2007年には日本、ドイツ、韓国やヨーロッパ諸国まで広げられた。

ミャンマー製衣料は、ブラジル、アルゼンチン、南アフリカやトルコでも市場を得た。

米国によってミャンマー製品の輸入禁止が緩和されたために、衣料品輸出は、アメリカとヨーロッパまでさらに広げられると考えられる。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2012年10月16日04:00

EU、ミャンマーの縫製企業との協力を強化へ

商務省の報告によれば、ミャンマーの衣類輸出が前年度のほぼ半分の量に達したのは、2012-2013会計年度の最初の4ヵ月である、とのことである。

アメリカはミャンマー製品の輸入規制を緩和する動きを始める、とヒラリー・クリントン国務長官がアメリカ訪問したテイン・セイン大統領に伝えた。欧州連合(EU)も、この4月、経済制裁を解除した。

EUは、取引と投資の面で、特に縫製工場労働者により多くの就業機会を与えるため、ミャンマーに技術協力を提供することになっている。

「米国は、2003年にミャンマー製品の輸入禁止を課しました。今ようやく、ミャンマーからの輸入禁止を緩和するとアメリカは公式に発表しました。その結果、ミャンマーは繊維ビジネスで有利な条件を取れます。一般関税特恵制度(GSP)は、1997年当時、ミャンマーに付されませんでした。現在は、ノルウェーはこの9月にミャンマーに一般関税特恵制度(GSP)を与えました」と、ミャンマー縫製企業のKhine Khine New氏は言う。

今やミャンマーには205社の縫製工場があり、2大市場は米国とEUである。

対外投資がミャンマーの繊維産業に流れ込めば、雇用機会は増加して、熟練労働者の不足に直面すると、ミャンマー縫製企業協会副会長Aung Win氏は言う。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2012年10月11日06:00

アメリカがミャンマー製品の輸入禁止を解除へ

アメリカはミャンマーから輸入への禁止を解除する、と国務長官ヒラリー・クリントンは、9月26日にウ・テイン・セイン大統領に伝えた。これにより、米国の最後の主要な経済制裁国の1つが解除されることになる。

経済制裁で止まっていた衣類と水産物の取引再開を切望していたミャンマーの政治家や輸出業者はこの発表を歓迎した。

米国政府の議会と連動したこの動きは、アウン・サン・スー・チー女史がアメリカへの歴史的訪問を果たし、制裁終結を求めた、まさしく1週間後に来た。

クリントン国務長官は、ミャンマーの改革の認識に関して「合衆国は私たちの商業関係正常化につき次のステップを取るつもりである」とウ・テイン・セイン大統領に言った。

「私たちはミャンマー製品のアメリカへの輸入規制を緩和するプロセスを進めます。これによって、あなたがたが商品を私たちの市場に販売する機会をより多く得られることを願っています。」

ミャンマーからの輸入禁止は2003年の議会の条例で課された。 禁止以前には、アメリカは、主に硬材や宝石や衣類を輸入していた。

アメリカ政府当局は、現在議会で各々の業界を調べ、どのように制裁を緩和するのがベストかを決めなければならない。しかし、アメリカ大統領選挙は11月上旬に行われるので、ミャンマーから米国に輸出を許可される品目を決定するのに議会が取り組むには、時間があまりない。

ウ・テイン・セイン大統領は、アウン・サン・スー・チー女史のアメリカ旅行と同時という画期的な訪問の期間の最中で、国連総会への出席前日の9月26日にクリントン国務長官と面談した。

「ミャンマーの人々は、アメリカの経済制裁解除を非常に喜んでいます。我々は、アメリカの動きに非常に感謝しています」と大統領は3度目の面談でクリントン長官に話した。

大統領は9月25日にアウン・サン・スー・チー女史とニューヨークのホテルで面談したが、これは両名の初めての海外での会合となったとメディアは伝えた。この友好関係は、改革プロセスを加速させるキー・ファクターとして見られた。

輸入制限緩和の動きは、7月のワシントンがミャンマーへのアメリカ投資の包括的禁止解除に続くもの。そして、数日後に来るアメリカの主要貿易代表団の訪問の道馴らしとなった。

「もちろん人々がそれから即、利益を得られるわけではなく、長期的に見て良いということだが」輸入禁止解除の決定を党は歓迎する、と国民民主連盟スポークスマンであるウ・オーン・キャイン氏は述べた。

アメリカの輸入禁止緩和から利益を得られる産業の1つは衣類製造です。繊維産業は、制裁が2003年に課されて急激に落ち込む以前の2001年には8億2900万USDの輸出高を上げていた。

禁止緩和はアメリカ市場を求めたい輸出業者にとって「大きな可能性」となる、とミャンマー縫製協会副議長アウン・ウィン氏は言う。

「アメリカの制裁期間中、我々は第三国経由でしか間接的に製品を西洋市場に輸出できず、『メイド・イン・ミャンマー』製品を売ることができなかった」と彼は言った。

ミャンマーもEUへ輸出される商品の低い関税から利益を得ることになって、アメリカの禁止解除は繊維業界で西側の会社からより多くの対外投資を見込まれる、と彼は言う。そして、「重要な繊維市場」としてそのアメリカとEUがある、と加えた。

「アメリカと他の西欧諸国からの衣類製造業者は、最近ミャンマーを訪問して、市場を調査しました」と彼は言った。

「欧州連合が、後発開発途上国への一般特恵関税制度として、輸入品免税措置を適用しようという動きの中で、タイや韓国や日本もミャンマーの繊維産業に興味を持っています」

この産業の大部分の外国業者は、日本または韓国からの資金頼りである、と彼は言った。2ヶ国で、衣類輸出から得られるミャンマーの外貨のおよそ70%を占める。

繊維産業はおよそ20万人の雇用を創出しており、アメリカの輸入禁止解除後、数字は急速に増大すると見られる。しかし、繊維産業が輸入禁止制裁以前のレベルまで生産を回復するには時間がかかる、とアウン・ウィン氏も警告した。

「繊維産業は、その基盤と労働力を用意して、アメリカからの大口注文を受け入れるようにしなければなりません。我々がアメリカの標準を満たすため、設備を改善し、労使関係を改善しなければなりません」と彼は付け加えた。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2012年10月08日06:00

ミャンマー:外国企業さらに6社に投資許可発行

ミャンマー投資委員会は、外国企業6社に対し20年間の縫製工場操業許可を発行した、とイレブン·メディア·グループが伝えた。

ミャンマーの縫製産業はブームの兆しが見えているが、現状では日本からの注文頼みの状況が続いている。

一連の縫製工場での労働紛争がようやく一段落し、労使の和解が見えてきた。

ミャンマーには、この8ヶ月間で19の外資系企業が縫製産業を参入した。参入企業は以下の各社である。Costic International Co.,Ltd, Honeys Garment Industry Ltd, Nadia Pacific Apparel Co Ltd, Manufacturer GFT Enterprise Co Ltd, JS Filter Co Ltd, Eurogate Sportsware Ltd, THY Garment Co Ltd, Shinsung Tongsang Inter Co Ltd, Korea Link Industrial Co Ltd, Mac Do Co Ltd.他。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2012年10月01日06:00

ミャンマー:皮革産業が直面する発展への障害

技術革新が進み、インフラが十分に改善されるまで、ミャンマーの皮革製造業界は発展できず、メーカーは国際市場向けに生原料または半製品を製造するのみである、とミャンマー皮革協会会長Tin AungShwe博士は言う。

「地元の皮革産業の停滞は、ほとんどの生産者が原料供給だけで、しかも、それは品質が劣悪で、輸入できないと判断されたりするからです」と彼は言う。

Silver Swan社は半製品(30%)革を製造することができるミャンマーで唯一の会社で、製品は中国、タイ、インドなど他の国で革シートに仕上げられる。

業界内の他の業者は、なめしの工程だけに限られている。

中国政府は、ヒトの疾患を引き起こす可能性のある細菌を運ぶためにミャンマーからの生革の輸入を禁止している。それにもかかわらず、Shan州Museの国境では中国側に密輸されている。

「中国は、1トン当たり150USD程度のコストでウェット・ブルー・クロム(WBC)として知られている半完成皮革約50トンを輸入している」とSilver Swan社オーナーU Kyin Su氏は言う。

U Kyin Su氏はインドの会社に5000USDを支払って、ウェット・ブルー・クロム(WBC)を作るために必要な技術を買った、と彼は言った。

「ミャンマーの皮革産業は多くの課題に直面して拡大できないでいます。主な問題は、電力の不足、不十分な水処理や排水システムや不十分な用地の問題です」

「悪臭が製造工程中に生成されるので、なめしの工程を隔離しておくことが必要になります」と U Kyin Su氏は述べた。

皮革産業は1962年に国有化され、個人で操業していた企業のオーナーは逮捕された。

「1989年に政府はこの禁止を解除していますが、インフラ整備は優先されたことがない」と彼は付け加えた。

ミャンマー・レザー協会が6月に設立され、20名の中央執行委員会のメンバーで構成された。協会の目的は、全国からの革の技術者の技術を集約し、より効率的な技術を活用することで、業界を拡大することである、と彼は言った。

協会の広報担当者によると、ミャンマーのウェット・ブルー・クロム(WBC)の革は、平方フィートあたり1ドル未満で売られているのに対し、世界最高品質の皮革製品を製造するために有名であるイタリアとインドではウェット・ブルー・クロム(WBC)は平方フィートあたり36ドル以上である。

» 続きを読む

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2012年09月28日06:00

ミャンマーの縫製業者、生き残りに必死

低熟練労働力、輸入制裁と相対的に不利な租税政策がミャンマーの縫製産業の発展を阻んでいる、とは、ミャンマー縫製工業協会のメンバーの最近の発言である。
発言は、8月25日のミャンマー商工会議所組合で行われた記者会見でのことである。
労働者の不満が5ヶ月前に爆発して以来、メーカーがメディアにこのような発言をしたのは初めてだった。5月1日から7月30日までの間に、約70の縫製工場で労働者がストライキを起こし、昇給や、労働組合結成禁止の解除のような労働条件改善を要求してきた。
ミャンマー縫製工業協会(MGMA)会長U Myit Soe氏は言う。「シンガポールやマレーシアなどミャンマーに原料を販売する国々は、我々の輸出市場である日本と韓国から地理的に離れているので、生産のリードタイムがかかってしまいます。我々は納期に間に合わせるよう圧力をかけられているので、労働者は長時間労働を余儀なくされ、時間外労働賃金は低いままです。」
彼はミャンマーには熟練縫製工が不足しているために品質の低い衣類しか生産できないので、総収入金額は総輸出額の約10か15%でしかないと述べた。
「我々の収入は、<縫製工賃>だけです。私たちは服をデザインしていないし、原材料も輸入しなければなりません」と彼は付け加えた。
「2000年には、ここの繊維業界は3億ドル稼いでいたんですよ」とU Myint Soe氏は言う。翌年の収益は約8億ドルに急増したが、2003年にはアメリカが、国際労働機関(ILO)による強制労働の告発を受けて制裁を課したため、以来、下落している、と述べた。
数え切れないほどの工場が閉鎖され、10万人以上の縫製工が失業した。ミャンマーの縫製工場は、それで日本にビジネスの糸口を見出そうとした。
「日本はアメリカほど労働条件の改善に熱心ではなかった」と彼は言った。
「[制裁の課された]2003年以来、業界は沈んだままです」とミャンマー縫製工業協会(MGMA)書記長Daw Khaing Khaing New女史は述べた。
「我々は労働者の能力を高めようと頑張ってきました。けれども、ワーカーは技術が身に着くと、すぐに辞め、より良い賃金を求めて、中国やタイの国境の工場に移るのです。我々が高収益をあげるように管理していくのはまだ先のことです」と彼女は付け加えた。
「ミャンマーは世界の最貧国の一つです。しかし、カンボジア、ラオス、ベトナムなどの同じように貧しい国々とは異なり、ミャンマーは、後発開発途上国のための <一般特恵関税制度>(GSP)の基準に下げた税率でヨーロッパの国に商品を輸出することは許されません。これは東南アジア地域の他国と競争に参入することの障害となっているだけでなく、ヨーロッパ市場に進出するのも難しくしているのです」と彼女は言った。
ミャンマーは、1997年のILOの労働基準違反報告後、<一般特恵関税制度>(GSP)の特恵受益の対象から外されました。
Zawtika縫製工場のU Khin Hlaing氏は、アメリカの制裁が完全に解除された場合であっても、熟練縫製工は不足したままで、ミャンマーの競争力は当分低いままだろうと述べた。
「我々は西洋のバイヤーを見つけることができた場合でも、ミャンマーには十分な熟練縫製工が存在しないので、顧客の要求を満たすことは難しい。困難極まりないのです」と、U Khin Hlaing氏は言う。

» 続きを読む

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2012年09月18日06:00

ミャンマー縫製工らがヤンゴンで抗議

約1,000人の縫製工が賃金値上げを要求して、ミャンマーの主要都市ヤンゴンを昨日行進した。これは、数十年間の軍政の終焉によって起こるようなった一般民衆の直近の労働争議行動である。

昨年まで、半世紀近くの長い期間、軍政下で沈黙させられたミャンマーの一般労働者が、よりよい賃金および条件を要求して、今はじめて自由に発言した。抗議のデモ隊は工場からヤンゴンの政府労働事務所まで数時間歩いた。デモ隊は許可をとっていなかったが、警察は介入しなかった。「私は賃金アップを求めています」とある女性労働者は言った

» 続きを読む

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2012年09月12日06:00

このページのトップへ戻る