インドシナニュース

ミャンマー投資委員会(MIC)、衣料品製造の分野への外国投資をさらに認可

公式の資料によると、ミャンマー投資委員会は100%の外国投資で国内でのCMP衣料産業でビジネスをするために中国と香港と台湾の会社を認可した。

香港を拠点とする会社と地元のB&N 縫製(ミャンマー)社がヤンゴン管区のHlaing Tharyar 工業団地2で衣類販売業をすることが許可された。Melody GlobalやSunny Shoes Incなどの台湾を拠点とする会社はバゴー管区のバゴー工業団地でアウトドア・スポーツ製品や履物の製造ができる。中国ベースのSDI ManufacturingはヤンゴンのNgwe Pinlel 工業団地で衣類販売業を認可された。

投資企業管理局の公報によれば、シンガポール・ベースのSlita Pte LtdはLita Myanmar社とMyint Myat Htut Khaung International社との合弁事業として、ヤンゴンのShwe Lin Pann 工業団地で衣類製造をCMP形式で行う。

また、他に認可されているのは、Shanghai Donglong Feather Manufacture社や、江蘇省Solamoda 縫製グループや、香港ベースのAMG Factoryなどの中国を拠点とする会社である。

ミャンマー衣料製造協会(MGMA)からの公式の資料によると、ミャンマーの衣類輸出は、今年の第1四半期の1月から3月までの期間に3億米ドル以上の記録的な収益をたたき出した。

 

» 続きを読む

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年09月05日20:51

ミャンマーの縫製品輸出、記録的な収益をあげる

ミャンマー衣料製造協会(MGMA)からの公式の資料によると、ミャンマーの衣類輸出は、今年の第1四半期に記録的な収益をあげた。

データによると輸出は、1月から3月までの期間に、対昨年同期比からほとんど倍増し3億米ドル以上に達した。

「一般にほとんどの注文が1年の最初の3ヶ月に平均的に来ました。今年、私たちメーカーは、前年以上に稼ぎました。私たちの工場はここ数ヶ月でほとんど1ヶ月あたり20万米ドルを得ました。私たちは、昨年、1ヶ月あたり3万米ドルしか稼げませんでした。」とヤンゴン市Hlaing Tharyar工業団地Letwyar工場常務Khin Maung Aye博士は言う。

業界筋によると、縫製品の注文は、4月から6月の期間に下落していた。日本と韓国の注文がミャンマーの縫製工場への大部分だったからである。ミャンマーが欧州連合(EU)によって貿易関税特恵スキームに載ったのを受け、米国と欧州諸国はアパレル注文を増加させている。

 

無料レポート提供中!
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年08月27日14:00

ミャンマー:90%の女性労働者は縫製業に従事

ミャンマーの衣料産業は女性労働者の90%を雇用しているとミャンマー衣料製造協会(MGMA)書記Khine Khine Nwe博士は、土曜日に開催されたミャンマー女性の対話集会で語った。

ミャンマーには、360万人の労働者がいるが、40%は女性労働者である。

「衣料産業は人的資源を活用し、女性労働者に多くの雇用機会を作り出しています。2012年9月以降、外国企業の数は56に上昇しました。そのうち、44社は繊維企業です。それで、衣料産業には女性労働者の労働力が非常に重要であるのです。」とKhine Khine Nwe博士は言う。

衣料産業の労働者の基本給は約5万ミャンマー・チャット(約50米ドル)である。政府が電力を安定させてくれれば、会社は賃金を現在より10%上げることができると彼女は言い足す。

2011年1月の調査では、約5万人の女性労働者が衣料産業に従事していた。12月までには、女性労働者の数は10万以上まで倍増した。

ミャンマーの衣類の輸出先は、ほとんどが日本、韓国、米国、および欧州諸国である。ミャンマーの衣類輸出は近隣諸国ほど盛んではない。

Kyauk PhyuやDaweiといった経済特区が完成すれば、もっと熟練した労働者の需要が出てくるだろう。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年08月22日20:04

アセアン経済共同体(AEC)はミャンマーに熟練労働者不足を引き起こす

午前9時になったばかりだったが、縫製工場Best Industrial有限会社の工場労働者は、生地を裁断し、ミシンで縫製して、衣料品を作るのに忙しなかった。

今回、この工場は、ヨーロッパを拠点とする会社から、2年前に米国と欧州がミャンマーへの制裁を解除して以来、最大の34万点のサッカーのユニフォームの注文を受けていた。

「厳しい時代が続いていました。悲喜こもごもありましたが、ようやく、生き残れました。」と同社常務Khine Khine New女史は言い、工場が1990年代以来米国と欧州連合によるミャンマーへの経済制裁のために操業できなかった日々を思い出していた。

海外の企業がミャンマーの会社との取引を再開したのはごく最近のことである。

ミャンマー衣料製造協会(MGMA)事務局長でもあるKhine女史によれば、1999年には、彼女の会社などの下請け工場を含めると300~400の繊維工場がミャンマーにあったという。

そうした会社は合計30万~40万人の労働者を雇用していた。しかし、EUと米国が2003年に制裁を強力にミャンマーに課して以来、多くの会社が閉鎖され、従業員総数の規模は6万人まで下がった。

EUはミャンマーの衣料品分野に何の制裁も課していなかったと彼女は言うが、国のイメージは、当時、大きく損なわれ、外国企業に生産活動の中断を思い切らせた。

「運よく、米国とEUは、2011年と2013年にそれぞれ制裁を取り消しました。ようやく、ミャンマーの衣料産業や他の産業は、再び立ち直ろうとしています。アセアン経済共同体が2015年に実現されるまでに、私たちは急ぐ必要があります。」とKhine女史は続けた。

そうした積極的な発展にもかかわらず、アセアン経済共同体(AEC)の実現は熟練した人的資源の海外流出について、特に中小企業のミャンマーの企業家にとって、マイナスの影響があるかもしれないという懸念があると彼女は付け加えた。

昨年、日本貿易振興会(Jetro)によって行われた、日本人投資家の集中している19のアジアの国や領土(中国本土、香港、韓国、台湾、マカオ、カンボジア、インドネシア、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム、ラオス、バングラデシュ、インド、パキスタン、スリランカ、オーストラリア、ニュージーランド)の最低賃金に関する調査で、ミャンマーの製造業の賃金はすべての中で最低であった。

「アジアとオセアニアでの日本の関連会社調査」報告書では、ミャンマーの各産業の年間平均賃金が1,100米ドルである一方、タイはミャンマーの6倍の6,704米ドルだった。

ベトナムの賃金はミャンマーの2倍である。おそらく、ミャンマーの平均年間賃金の最も近いのは、カンボジアの約1,424米ドルである。それにもかかわらず、Jetroの調査によれば、ミャンマーの技術者やマネージャや管理部門などの熟練従業員の賃金は他の19の調査対象国中で最低だった。

投資家の観点から判断すると、外国人企業家がミャンマーの廉価な労働力に引き付けられ、ミャンマーにとって朗報なのかもしれないが、しかし、他方では、2015年のアセアン経済共同体の実現は地域の技能労働者の流出に繋がり、それはミャンマーに悪影響を与えるかもしれない。

「現在の平均賃金で、ミャンマーの技術ある労働者は、他のアセアン諸国で働くほうが、稼ぎが良いとわかるでしょう。これはミャンマーの産業開発にとって脅威です。私たちには労働者が必要ですが、労働者が望む労働条件を与えることができません。したがって、何も彼らが国を出て、もっといい仕事を探すのを止めることはできないのです。」とKhine女史は言う。

彼女によると、ミャンマー政府は、確実に繊維産業の発展が持続するように、労働環境の改善と、給与引き上げをミャンマーの労働者に提供する必要がある。

また、2015年にアセアン経済共同体(AEC)が実現されることを考慮すると、労働者の生活水準を改善し、他のアセアン諸国の労働者と競争のためには、現地労働者の品質を向上させる訓練プログラムが必要である。

「これはミャンマー政府にとってはたいへんな課題です。企業家の見解からは、見込みのある労働者には訓練を提供しようとしています。私は、現地のNGOからの助けもあって、縫製と職場の安全のトレーニングを提供しますが、政府は国で熟練労働者を保持するために労働環境を改善して、外国人労働者が故国に帰るよう奨励する必要があります。」と彼女は言い足した。

その間、ミャンマー商工会議所(UMFFCI)副会長Maung Maung Lay氏は、2015年のアセアン経済共同体(AEC)に向けてのミャンマーの準備は、特に人的資源の競争力で、万全と楽観主義を示し、アセアン経済共同体(AEC)が悪影響を与える分野もあるかもしれないが、ミャンマーは課題を克服できると付け加えた。

「ミャンマーはまだ変革期にあります。私たちは、技術的に健全でなく、資本市場を持たず、財政上脆弱ですし、人的資源の質は低いです。しかし、強みもあります。私たちは、大規模な労働力人口を持ち、翡翠や他の鉱物資源などの天然資源に恵まれています。」と彼は説明した。

Maung氏によると、今なすべき最重要課題は、アセアン規格を満たし、地域の他国の労働者と競争するためにミャンマーの人的資源の能力を改善することである。

同様の視点から、ヤンゴンで米の輸出を行っているInfinity Innovation常務Pyae Sone Oo氏は、ミャンマーが人的資源、特に農業労働者の質を向上させる必要があると言う。

「農業労働者はミャンマーの労働者のおよそ80%を占めます。しかしながら、ほとんどの農業労働者がまだ伝統農法に従事しています。彼らは肥料に関する十分な知識を持っていませんし、どうやって良質の米を育てるかを知りません。したがって、ここで生産された米の品質は高くありません。私たちの人的資源の質に関して、他のアセアン諸国に追いつきたいですが、簡単ではないと思います。」と彼は指摘する。

現在、インドネシアなどのアセアンの隣国のサポートで、ミャンマー政府は、自国の労働者の質を向上させようとしている。インドネシアはミャンマーの官僚と農業者にトレーニングと農機具を提供している。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年08月19日09:32

ミャンマー縫製業への外国企業投資増加する

ミャンマー投資委員会(MIC)の最近のデータによれば、ミャンマーの衣料産業はここ6ヶ月多くの対外投資を受けている。

また、対外投資の上昇と共に、産業における就職率は増加した。

「ミャンマー投資委員会(MIC)は、衣料業界がここ半年のうち対外投資の大部分を受けたのに気付きました。同じ期間中、製造業一般も成長を享受していました。」とミャンマー衣料製造協会(MGMA)によって構成されていた最近のフォーラムでミャンマー投資委員会(MIC)委員Khine Khine New氏は語った。

業界筋は、日本と韓国がミャンマーのアパレル縫製工場への注文の発注主であると言う。また、ミャンマーは、欧州連合が関税特恵措置の適用を容認した後に、欧米諸国が衣料品の注文を増加させている。

「通常、縫製工場はここで500~1000人を雇います。1000人以上を雇う工場もあります。 およそ20の新しい工場が、今年、計画に着手するのを準備しています。そして、産業における就職率はこの間、2倍近くになっています。」とミャンマー衣料製造協会(MGMA)の職員は言う。

ミャンマー最大の投資国中国は、今年、6月30日までに140億米ドル以上をミャンマーに投資した。ミャンマー衣料製造協会(MGMA)によって発表された最近のデータによれば、ミャンマーは衣類輸出だけで300億米ドルを今年の1月から3月まで獲得した。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年08月15日14:00

ミャンマーの縫製工が賃金に関して抗議

何十人ものビルマ人の縫製労働者が職場に復帰せず、経営者に約束通り毎月7万ミャンマー・チャット(70米ドル)を支払うよう呼びかけた。

エーヤワディー管区のDelta工業グループ(DIG)の35人の縫製労働者は、毎月6万ミャンマー・チャットを支払うという経営者の決定に対する抗議の行為として、先週の金曜日に職場に現れなかった。彼らが、火曜日にPantheinの町の工場に戻るのを試みたとき、会社は、賃金を決定していなかったので、まだ仕事を再開できないと言った。

「会社は協定通りに私たちに支払ってくれません。」と従業員のひとりMyat Thidaさんは言った。

抗議している労働者たちは、月曜日から経営者に会おうとしているが果たせず、仕事を失うのが心配であると言う。

工場のマネージャOhmarさんは、火曜日に会社の取締役会委員会が労働者の要求にまだ返答しておらず、決定もしていなかったとIrrawaddy紙に語った。役員は現在、外国人顧客の接待で忙しく、現在、異議を申し立てている従業員に会う時間がなかったと彼女は言った。

契約に従って、労働者は毎月6万ミャンマー・チャットの給与と出勤状況によって1万ミャンマー・チャットの追加ボーナスをもらえることになっていた。異議を申し立てている労働者らは、先週金曜日以前に皆勤しているのに、ボーナスをもらえていないと言う。

また、労働者は、Delta工業グループ(DIG)が、残業代の支払要求をし、病気欠勤1日の場合は賃金削減を止めるよう呼びかけている。

労働者は1ヶ月あたり合計7万ミャンマー・チャットを要求しているとマネージャOhmarさんは言う。

Pathein町のDelta工業グループ(DIG)は今年の7月に設立された。同社には、現在、約170人の従業員がいる。

このレポートはPathein町のIrrawaddy紙通信員Salai Thant Sinによる寄稿である。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年08月13日14:00

ミャンマーの衣料メーカーとの事業提携に興味を示す国際的アパレル・バイヤー

ドイツと中国からのアパレル・バイヤーのグループは、ミャンマー衣料産業を概観し、協力関係構築の可能性を検討するため、7月2週間目にヤンゴンを訪問した。訪問はヤンゴンでのSMARTミャンマー及びSMARTプロジェクト・オフィスのビジネス・マッチメイキング活動の一環であり、ミャンマー衣料製造協会(MGMA)がバイヤー向けに工場の訪問をアレンジしてくれた。

ドイツのESGE Textilwerk 社専務Christian Maag氏およびHungfatKeme社専務Kevin S.T. Yip氏はともに旅行の結果に満足した。彼らはこう言う。「私たちが見た縫製工場のレベルはバングラデシュ、パキスタン、さらにはインドの縫製会社よりはるかに上でした。」

長い伝統を持つ家族企業ESGE社は、婦人・紳士・子供の様々なブランド下着及び紳士向け寝衣を生産している。20年間以上の彼らのビジネスパートナーの一つがHungfatKeme社である。Hungfatは中国・普寧で下着と織物を生産しているが、ESGEのサポートにより、2年前にカンボジアのKampotに別の生産ラインを稼働させた。

4日間の訪問は主にヤンゴン及び郊外での工場訪問に充てられたが、グループは、また、新設の経済特区の状況を観察し、ミャンマーでの会社設立などのビジネス問題につき現地の専門の弁護士から情報を得た。その上、ミャンマー衣料製造協会(MGMA)会長及び事務秘書官との対談もスケジュールに入っていた。

Maag氏の結論は次の通りである。「確実に言えるのは、今回のミャンマーへ出張は私たちの最後の出張ではないということです。興味深い縫製工場がいくつもありましたので、1社かたぶん2社と事業提携を結ぶアイデアを実現するために動いていきたいと思います。」

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年08月09日14:00

ミャンマー、製造業とITの分野で日本の投資を期待

投資企業管理局(DICA)によると、日本の投資がミャンマーの製造や輸送やITの分野でかなり増加すると予想される。

投資企業管理局(DICA)の職員は、ミャンマーでの支店開設や投資に関する情報を求めて、事務所を訪問する日本人ビジネスマンが後を絶たないと言う。

それらの中に、機械メーカーのクボタ、工業エンジニアリングの日立造船、物流会社の日本通運や東洋ロジスティクスなどがある。

その間、日本の自動車メーカーのトヨタ、日産、ホンダ、スズキ、三菱はミャンマーでサービスセンターを開いた。

日産はすぐ国の商業都市ヤンゴン初の車のショールームを開設する。

業界筋は、また、日本のNTT グループ、KDDI、日本電気らには、ミャンマーへの投資計画があると述べた。

その間、ミャンマーでは、投資促進のためには、安定した手頃な電力供給を確保し、輸送と情報インフラを整備する必要があると日本人ビジネスマンは言う。

日本はこの2年間で6500万米ドル以上をミャンマーに投資してきた。総投資額は、6月に2億7028万ドルに達した。

昨年2月に、日本最大の経済団体経団連の幹部職員は、ヤンゴンでの2国間ビジネス会議でミャンマーの衣料と消費財産業への日本の投資が4360万ドル達したと述べた。

また、日本はヤンゴン郊外のThanhlyn-Kyauktan地域のThilawa経済特区を開発している。この大型案件には、港湾や道路などのインフラ整備が含まれる。

日本政府は、これまでもThilawa案件のためにミャンマーに対して40年間0.01%での融資提供を約束していた。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年08月08日16:29

香港と中国の企業のミャンマー繊維産業投資案件、続々と

ミャンマー投資企業管理局(DICA)によれば、ミャンマーの商業の中枢ヤンゴンの工業団地にて、香港と中国の企業が裁断・縫製・梱包のCMPシステムの下で縫製工場を経営する。

中国を拠点とするShanghai Donglong 羽毛製造社は、Dong Long(ミャンマー)縫製会社と協力し、Hlaingthayar 工業団地4にて縫製工場を作り、Jiangsu Solamoda 縫製グループはHlaingthayar郡区のShwe Than Lwin工業団地にて、香港拠点のKamtex社はDagon Myothit(南部)の工業団地1にてMyanmar Sein Pann 衣料製造社と合弁事業を形成する。

さらに、中国ベースのDong Fang Star縫製工場はHlaingthayar工業団地1でNexstar衣料製造社と、香港ベースのAMG 工場はShwe Lin Pan工業団地にてArchid縫製工場会社と協力する。「国際企業はビジネス改革が始まったことでミャンマー市場を見つめています。米国とEU諸国は既に私たちの衣料品を必要としていますし、工業団地での完全投資で、縫製企業に入り込んでいます。」とHlaingthayar工業団地のビジネスマンは言う。

アパレルの企業家の報告では、日本と韓国はミャンマーの衣料産業を大いに必要としており、欧州と米国からの衣類の注文はEUの一般特恵関税制度(GSP)のため増加している。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年08月02日16:56

ミャンマー:東アジア市場がアパレル製品の売上を押し上げる

現在ミャンマーの衣料品輸出の半数以上の購入先は東アジアの国であることをミャンマー縫製業者協会(MGMA)の統計は示している。

「私たちの輸出の大部分が、今、日本や韓国などの東アジア市場に向けられています。この市場は、現在、私たちの輸出総額の約50%を占めています。」とミャンマー縫製業者協会(MGMA)会長U Mynt Soe氏は言う。

「特に、日本への輸出が近年かなり増加しました。」と彼は付け足す。

日本貿易振興会(JETRO)の資料の数字によると、ミャンマーの日本への衣料品輸出は対2008年比で38.7%伸び、1億3252万米ドルに達した。

日本市場は現在、ミャンマーからの繊維製品輸出総額の35%を占める。

また、市場としての東アジアの上昇は、事実上、地元の輸出業者による北米市場輸出を禁じた制裁効果を相殺した。

2005年の3億1200万ドルという輸出金額を底辺して、2007年に3億5500万米ドル、2008年には3億8500万ドルに上がったとU Mynt Soe氏は述べた。

「割合で言えば、衣類輸出は過去3年間23%回復して、3億1200万ドルから3億8500万ドルまでになっていますが、これにはアメリカやカナダの市場への輸出は含まれません。」と彼は言い足した。

また、裁断・縫製・梱包(CMP)システムの下のEUへの輸出はまだ低調であると言う。ミャンマー繊維業界の昨年の輸出収益額合計は、2001年の輸出額8億2900万ドルよりかなり低い数字だった。

世界的な財政危機は従来の輸出市場からのシフトを加速した。

日本と韓国の価格に敏感な消費者は、現在は、高価な欧州製品より開発途上国で生産された衣料品を選んでいると両国の専門家は言う。

JETROヤンゴン事務所所長小島英太郎氏は、日本のバイヤーは今や「安い」選択肢を探していると言う。

「このため、このところ、日本のバイヤーの注文は昨年と比べて増加しています。」と小島氏は言う。

在ヤンゴン韓国大使館一等書記官Park Kil Chae氏は、ミャンマーの縫製業界の安価な生産コストは東南アジアの競争国に比べても有利となっていると言う。

「ここの労働コストは中国やベトナムの3分の1で、生産コストを抑えられます。」とPark氏は言う。「我が国韓国では、消費者は現在、高価な商品を買うのをためらっています。 代わりに、もっと安い商品を選んでいます。それで、ミャンマーからの衣料品需要が高まっているのです。」

「この低い生産コストのおかげで、韓国からの衣料品の注文は増え続けると思います。」

小島氏は、中国の労働コストは上昇を続け、そのため、ミャンマーのような発展途上国が輸出量と収益を増大させるチャンスがさらに増えると言う。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年07月25日07:36

«前のニュース || 1 | 2 | 3 |...| 29 | 30 | 31 |...| 34 | 35 | 36 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る