インドシナニュース

ミャンマー縫製業への外国企業投資増加する

ミャンマー投資委員会(MIC)の最近のデータによれば、ミャンマーの衣料産業はここ6ヶ月多くの対外投資を受けている。

また、対外投資の上昇と共に、産業における就職率は増加した。

「ミャンマー投資委員会(MIC)は、衣料業界がここ半年のうち対外投資の大部分を受けたのに気付きました。同じ期間中、製造業一般も成長を享受していました。」とミャンマー衣料製造協会(MGMA)によって構成されていた最近のフォーラムでミャンマー投資委員会(MIC)委員Khine Khine New氏は語った。

業界筋は、日本と韓国がミャンマーのアパレル縫製工場への注文の発注主であると言う。また、ミャンマーは、欧州連合が関税特恵措置の適用を容認した後に、欧米諸国が衣料品の注文を増加させている。

「通常、縫製工場はここで500~1000人を雇います。1000人以上を雇う工場もあります。 およそ20の新しい工場が、今年、計画に着手するのを準備しています。そして、産業における就職率はこの間、2倍近くになっています。」とミャンマー衣料製造協会(MGMA)の職員は言う。

ミャンマー最大の投資国中国は、今年、6月30日までに140億米ドル以上をミャンマーに投資した。ミャンマー衣料製造協会(MGMA)によって発表された最近のデータによれば、ミャンマーは衣類輸出だけで300億米ドルを今年の1月から3月まで獲得した。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年08月15日

このページのトップへ戻る