インドシナニュース

ミャンマー、製造業とITの分野で日本の投資を期待

投資企業管理局(DICA)によると、日本の投資がミャンマーの製造や輸送やITの分野でかなり増加すると予想される。

投資企業管理局(DICA)の職員は、ミャンマーでの支店開設や投資に関する情報を求めて、事務所を訪問する日本人ビジネスマンが後を絶たないと言う。

それらの中に、機械メーカーのクボタ、工業エンジニアリングの日立造船、物流会社の日本通運や東洋ロジスティクスなどがある。

その間、日本の自動車メーカーのトヨタ、日産、ホンダ、スズキ、三菱はミャンマーでサービスセンターを開いた。

日産はすぐ国の商業都市ヤンゴン初の車のショールームを開設する。

業界筋は、また、日本のNTT グループ、KDDI、日本電気らには、ミャンマーへの投資計画があると述べた。

その間、ミャンマーでは、投資促進のためには、安定した手頃な電力供給を確保し、輸送と情報インフラを整備する必要があると日本人ビジネスマンは言う。

日本はこの2年間で6500万米ドル以上をミャンマーに投資してきた。総投資額は、6月に2億7028万ドルに達した。

昨年2月に、日本最大の経済団体経団連の幹部職員は、ヤンゴンでの2国間ビジネス会議でミャンマーの衣料と消費財産業への日本の投資が4360万ドル達したと述べた。

また、日本はヤンゴン郊外のThanhlyn-Kyauktan地域のThilawa経済特区を開発している。この大型案件には、港湾や道路などのインフラ整備が含まれる。

日本政府は、これまでもThilawa案件のためにミャンマーに対して40年間0.01%での融資提供を約束していた。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年08月08日

このページのトップへ戻る