インドシナニュース

香港と中国の企業のミャンマー繊維産業投資案件、続々と

ミャンマー投資企業管理局(DICA)によれば、ミャンマーの商業の中枢ヤンゴンの工業団地にて、香港と中国の企業が裁断・縫製・梱包のCMPシステムの下で縫製工場を経営する。

中国を拠点とするShanghai Donglong 羽毛製造社は、Dong Long(ミャンマー)縫製会社と協力し、Hlaingthayar 工業団地4にて縫製工場を作り、Jiangsu Solamoda 縫製グループはHlaingthayar郡区のShwe Than Lwin工業団地にて、香港拠点のKamtex社はDagon Myothit(南部)の工業団地1にてMyanmar Sein Pann 衣料製造社と合弁事業を形成する。

さらに、中国ベースのDong Fang Star縫製工場はHlaingthayar工業団地1でNexstar衣料製造社と、香港ベースのAMG 工場はShwe Lin Pan工業団地にてArchid縫製工場会社と協力する。「国際企業はビジネス改革が始まったことでミャンマー市場を見つめています。米国とEU諸国は既に私たちの衣料品を必要としていますし、工業団地での完全投資で、縫製企業に入り込んでいます。」とHlaingthayar工業団地のビジネスマンは言う。

アパレルの企業家の報告では、日本と韓国はミャンマーの衣料産業を大いに必要としており、欧州と米国からの衣類の注文はEUの一般特恵関税制度(GSP)のため増加している。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年08月02日

このページのトップへ戻る