インドシナニュース

6月よりミャンマーからの米国向けアパレル製品輸出開始

ミャンマー縫製業者協会によれば、ミャンマーのアパレル縫製工場各社は、来月の最初の米国向け輸出の準備をしている。

「アパレル縫製工場数社が6月に米国向けに輸出するでしょう。すでに準備ができた会社もありますし、まだ準備中のところもあります。米国へのテイン・セイン大統領訪問の後、私たちは米国のバイヤーから注文を受けています。」とミャンマー縫製業者協会書記Khine Khine New女史は言う。

工場各社のほとんどの衣料品注文は、現在、日本と韓国から来ていると彼女は言い、そして、日本人の買い手は時折市場調査を取っているとも言う。

ミャンマーの衣類輸出は、昨年、10億米ドルの大台を超えた。 ミャンマー縫製業者協会は、現在、縫製工場の労働者にトレーニングを施し、増加するアパレル注文の需要にこたえるべく輸出市場を広げようと生産能力を上げている。

また、ヨーロッパ連合(EU)は、ミャンマーへの貿易、投資、技術支援を提供するとしながら、ミャンマー衣料産業発展のために協力を惜しまず、労働集約的である繊維産業の成長が人々のために多くの雇用を創り出すことができるよう努力すると約束した。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年05月29日

このページのトップへ戻る