インドシナニュース

ミャンマー:アパレル産業への外資導入に積極的

ミャンマー衣料品製造協会副議長はミャンマーへの外国アパレル企業の投資を奨励する政府の振興策を歓迎した。

先週、欧州連合(EU)がミャンマーに対する制裁解除を発表した後、Just-Style紙に対して、Aung Win博士は、政府は現在、投資の登録及び展開サービスの簡略化を計画していると述べた。

「外国人投資家に必要なものを一つの窓口で対応する、ワンストップ・サービスを検討しています。そうなれば、外国人投資家が工場を開業したい場合ら、その窓口へ行くだけで済みます。」と言う。

Aung博士は、所有権ライセンスの取得などのように工場の認可・設立にかかわるすべての行政サービスをその窓口に集中すると言う。ミャンマー外国投資委員会の支部も、ヤンゴン南部ダゴン郡区に位置するその窓口からの指示で動くことになる。

外資を呼び込むメリットについて、「現地の民間企業は海外からの資金を呼び込むために何もしていませんし。」と主張し、「外国企業には資金と優れた技術があり、地元企業より優秀です。」と言い足した。

一方で、Aung博士は、ミャンマーのアパレル輸出業者が、EUの後発発展途上国のための一般特恵関税制度(GSP)の税制優遇から適用除外になっていることに不満を述べた。

彼は、また、ミャンマーには極僅かな熟練労働者しかいないため、製品売りのビジネスではなく、裁断と縫製の加工ビジネスに焦点を合わせなければならないとしている。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年04月30日

このページのトップへ戻る