インドシナニュース

ミャンマー:韓国系縫製工場でのストライキが和解

組合のリーダーは、ヤンゴンのSeinus Cliq Fashion縫製工場の経営者と労働者が労働争議を解決したと述べた。

Ma Nan Soe氏は、経営陣は未払い給与の支払いを含む35件の要求のほとんどに同意したと述べた。

115日に給与の60%を受け取りました。彼らは月に3回給与を支払います」と彼女は言った。 「今日の交渉で、会社はもう二度とこんなことは起こさないと約束してくれました」

ストライキ参加者によると、600人以上の労働者が木曜日の朝に工場の前で全賃金を要求するために抗議しはじめた。

労働者はまた、特に無料の飲料水や雇用契約など、労働条件改善を求めた。

Daw Sandi Oo工場長は、経営陣は従業員の要求のうち32に同意したと述べた。

「私たちは合意に達し、彼らは仕事に戻りましたが、多くのフェリーを提供し、通常の労働時間のボーナスを増やし、Thingyanの休日にボーナスを与えるという3点には同意しませんでした」

韓国企業が所有するこの工場は2015年に開設され、約600人のミャンマー人労働者を雇用している。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年11月16日

このページのトップへ戻る