インドシナニュース

ミャンマー:ファッションフィエスタ - MFDEA、新作デザインを披露

ドレスの裾が優雅なターンで渦巻くように、モデルがとるあらゆる力強いステップに明るいリズムが伴う。

ファッションショーのステージ上では、あらゆる素朴な色と柄を用いており、明らかに地に足を付けた雰囲気である。本物のファッションの巨匠の手によって縫い付けられた地元のデザインを見るのはさらに励みになるものである。

画像02

デザイナーのMa Pont氏は、伝統的なミャンマーのデザインを巧みに組み合わせ、ファッションに精通した消費者や魅せられた旅行者にアピールした。

画像03

彼女は、部族をテーマにしたバッグとアクセサリーのZoey Collection(ゾーイコレクション)とともに、セクシーなドレスとズボン、トップスとショートパンツを備えた最新のBagan Collection(バガンコレクション)を紹介する。

画像04

このコレクションはこの種のものとしては初の試みであり、ユネスコ世界遺産に登録されているバガンを称えるためにデザインされた。

画像05

ファッショニスタは、1017日と18日にノボテルホテルのグランドボールルームで開催されたミャンマーファッションデザイナー起業家協会(MFDEA)のファッションフィエスタであり、ミャンマーフュージョンデザインを展示した。

画像06

業界全体および他の多くの地元デザイナーにとって非常に刺激的なイベントであった。 Ma Pont氏には、インドの文化的要素を取り入れデザインにスパイスを加えたMagok Pauk Pauk氏を含むミャンマーのトップデザイナーが加わった。デザイナーはMa Latt氏のストリートウェアコレクションからPyae Soe Aung氏のより華やかなブライダルデザインまで、さまざまなスタイルを披露した。

画像07

ショーでは、観客が丸2日間楽しめる面白いデザイン、デザイナーが紹介され、音楽も催された。 ファッションショーでの待遇に加えて、既製服ラインの継続的なプロモーションも行われた。買い物に行かない手は無いだろう。

画像08

Sein Nan Daw Diamondsは、Nay Channel TextilesCity Loft by Star CityAmerican VisionJaguarと提携して、同イベントのメインスポンサーであった。

画像09

MFDEAは、同協会初のイベントである今年のショーに非常に多くの質の高いスポンサーを引き付けたことを誇りに感じているという。

画像10

「グループの名前を変更し、MFDEAとして法的な協会になることには多くの利点があります。私たちは全員、この協会を通じてデザイナーとして協力しています。これにより、国内外でファッションショーをより簡単に企画することができます」とデザイナーのIris氏はMetroに語った。

画像11

このグループは2010年に初めてミャンマーファッションデザイナーグループ(MFDG)として設立されたが、昨年2月に名前をMDFEAに変更した。協会の目的は変わらず、ミャンマーのファッション(コットンおよびシルクの服)の認知度を高め、外国市場向けのアパレル製品生産の基準を引き上げることである。また、デザイナー間の世代間リンクを促進することも目指している。

画像12

「このファッションフィエスタは、必ずしも服を売ることに重きを置いてはいません。私たちは利益を上げることに楽しみを見出してはいますが、このショーはより革新的な地元のデザインを披露する機会なのです。私たちは今年それを達成出来たと思います。ミャンマーの人々は、私たちのファッションが実際にはそれほど高価ではありませんが、実際には金銭的価値が非常に高いことに気付いていないかもしれません」とIris氏は語った。

このファッションショーは、ミャンマーのファッション産業の未来にとってトレンドを作り出すイベントとして確実に機能しており、MFDEAは多くのファッション愛好家に扉を開くことができる。

地元のファッション産業がグローバルな展開に遅れを取らなければ、美しいミャンマー国内製品により多くの信頼を置く事を我々に奨励し、ミャンマーの消費者に良い印象を与える事が出来るだろう。


ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年10月26日

このページのトップへ戻る