インドシナニュース

ミャンマー:紙の手工芸品クイリング上陸

Daw Aye Aye Sweさんはリタイア後の余生を楽しむ新しい手段を発見し、それに情熱を傾けている。

彼女は大学で歴史学の学位を取得し、20年間自宅で働き、子供が巣立った後、企業のゼネラルマネージャーとして働いた。その後、彼女は引退し、人生のターニングポイントに達した。

彼女の妹がティーンや若者の雇用を生み出し国に貢献する方法としてクイリングを導入したとき、Daw Aye Aye Sweはこのチャンスを掴み、新しいビジネスで彼女の妹を助けると決めた。現在、彼女はこの仕事を楽しんでおり、Quilling Card Myanmarのオーナー兼ゼネラルマネージャーを努めている。

クイリングは、色紙の細長い切れを使用し、巻き取り、成形し、接着して装飾デザインを作成するアート形式である。高度な技術とさまざまなサイズの紙を使用して、3次元のミニチュア、抽象芸術、花、ポートレートなどを作る。ミャンマーではまだあまり人気はないが、ベトナム、シンガポール、日本など他のアジア諸国では非常に人気である。

 

技術差を埋める

「カードを作るには、まずスケッチを描き、クイリングのツールを使用して成形します。そして多くの工程を通してカードは3Dになります」とDaw Aye Aye Sweさんは述べた。

幸いなことに、Daw Aye Aye Sweさんは、2011年以来ベトナムに3つのクイリング工場を設立したベトナムのHuong Nguyen Wolf氏の支援を受けている。

クイリングに必要なスキルを社会に広げ、女性の仕事を増やすために、Daw Aye Aye Sweさんは最近、Huong氏が材料と技術支援を提供する職業訓練学校を設立するというアイデアを得た。

「私たちの国は職業教育が弱く、教育を修了出来なかった若者に仕事を提供することで格差を埋めたいと思いました。これを社会的企業として始めれば、アパレル産業のような多くの雇用を創出できます。クイリングは紙だけでなく創造的な芸術でもあるため、作る側は芸術的である必要もあります」とDaw Aye Aye Sweさんは述べた。

男性も女性もトレーニングを受けるが、彼女はまず満たすべく基準を複数定めている。それは、手工芸品を作ることに興味があり、18歳から30歳の間であること、である。

彼女は30歳以上の研修生が集中してしまうことを懸念しており、また、ミャンマー労働法では18歳未満の労働を禁止している。ただし、研修生が明らかな才能を示した場合、彼女は年齢の上限を放棄するという。トレーニングは無料で、彼女は研修生に日当を与えている。

彼女はクイリングの新人を訓練し、その新人らは次に続く新人たちを訓練し、ミャンマー全体にクイリングのスキルを広めるだろう、とDaw Aye Aye Sweさんは語った。

「私はこの市場を成長させる予定です。今、私は市場がブームになった時のために熟練労働者の準備しています。一方、私たちは研修生が仕事を持ちお金を稼ぐ方法を示したいと思います」と彼女は述べた。

クイリングに必要な4つのツールは、ピンセット、紙を形作るミニモーター、はさみ、小さな棒である。クイリングは繊細な作業であり、手で作品に触れないように注意する必要がある。

Huong氏はベトナムから必要な原料、ツール、その他すべてを供給している。すべてが日本、シンガポール、ベトナムなど他の国から輸入されるため、生産コストが高くなる。しかし、彼女は粘り強く、市場がブームになり、Huong氏と工場を設立できると確信している。

「生産コストが非常に高いため、クイリングワークショップの設立は困難なため、外国人投資家とパートナーが必要です」と述べた。

 

手作りの作品

手工芸品市場は勢いを増し始めており、人々はそのようなアイテムをより高く評価し、購入している、とDaw Aye Aye Sweさんは述べた。

現在、彼女は30人以上の研修生を抱えており、縫製工場で一般的に使用されるCMP製造委託システムを採用し500人の従業員を抱える工場をミャンマーに開設したいと考えている。

「今、私は社会的企業としてビジネスを運営していますが、カードは数多くあり、品質は非常に良いです」と彼女は述べた。

クイリングで最も重要なことは色の分離であり、現在、このスキルに熟練した労働者のチームがあり、工場運営の準備は出来ている。紙の品質は重要なので、輸入原料を使用している。

クイリングカードはアートであることに加えて、ギフト、お土産、または会社のプロモーションで使用できる。

「クイリングは心の安らぎをもたらし、集中力を高めます。上手に出来る人はストレスが減り、問題が少なくなり、ティーンのトラブルを防ぎます。私のパートナーと私はすぐに利益を上げることは期待していませんが、粘り強く長期的な視点をとる必要があります。若い人たちに、彼らの将来への次のステップとしてトレーニングに参加するように勧めています」と彼女は語った。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年08月31日

このページのトップへ戻る