インドシナニュース

ミャンマー:衣料品製造業者協会(MGMA)とジェトロが提携、技術支援提供

ミャンマー衣料品製造業者協会(MGMA)によると、同協会はJETRO(ヤンゴン)と提携し、衣料品部門の人的資源の増強と技術支援を提供するためにミャンマー縫製人材育成センター(MGHRDC) を開設し、運営している。

「ミャンマー縫製人材育成センター(MGHRDC)は、2009325日に将来の課題として設立されました」と同センターの責任者は述べた。

ミャンマー縫製人材育成センター(MGHRDC)MGMAJETROが共同で設立し、2009年と2010年にモバイルシステムを介して衣料品工場で産業工学のトレーニングが行われた。ミャンマー投資委員会と工業省の支援を得て、センターは開かれた。

このセンターでは、モーターミシン、スーパーバイザーレベルIE、トップマネジメント、ミシン調整、旋盤加工技術、アタッチメント、生産管理、基礎衣料品検査、高級衣料品検査、特殊縫製、針と糸、衣料品セミナーと衣料品の品質向上などのコースが開かれている。

ミャンマーは、2024年にはアパレル製品の輸出量が100億米ドルに達すると予想されているとMGMAの事務局長Khine Khine Nwe氏は述べた。

「私たちの分野では、労働者は5倍、収入は10倍に増えています。私たちは労働者の生産を倍増するつもりです。そのために努力しています」とKhine Khine New氏は述べた。

アパレル産業は、ほとんどが外国投資部門にあたる。MGMAには500社以上の会員企業が所属し、労働者の数は50万人以上いる。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年05月18日

このページのトップへ戻る