インドシナニュース

ミャンマー:経済が低迷している現地小売業者は国際競争に尻込み

外国資本への国内の小売・卸売業開放が投資家の関心の高まりを生み出すことに成功している一方で、商業省(MOC)の動きに対する現地の人々の懸念もまた高まっている。

最も懸念されているのが国際競争だ。実際、現地の小売業者は地域の中小業者や小規模店と直接張り合う外国企業に制約を設けるべきだと話す。

ミャンマーには、国内で何年も営業を続けている小さなコンビニエンスストアが約300万店ある。「これらの事業主は商業省による新たな通達に気付いていない可能性すらあります。例えばセブン・イレブンのような大手小売チェーンの参入が許可された場合、これらの店は大きな問題に直面することになります」と、ミャンマー小売業協会(MRA)U Myo Min Aung通信・協会員業務副会長は述べた。

 

国際競争

事実、海外の小売チェーンはミャンマーにおける機会拡大を狙っている。93日、国際金融公社(IFC)はドイツのMetro AGとシンガポールの上場会社Yoma Strategic Holdingsがそれぞれ85%、15%を出資している合弁会社Metro Wholesale Myanmar Limitedに約2500万米ドルの融資を行うと発表した。

「同社が地域の流通や物流インフラを改善し、それによる消費者に対する高品質商品の値下げ実現が期待されています」とIFCは述べた。

商業省貿易部のU Yan Naing Tun事務局長によると、日本、タイ、韓国からの卸売・小売業者もまた、ミャンマーにおける投資拡大に強い意欲を示しているという。

商業省と会合し潜在的チャンスについての議論を行った数社の中に、日本の小売業者イオンも含まれる。イオンは2016年に、Hypermart Asia Coが運営を行うスーパーマーケット14店を獲得した現地法人に出資している。Aeon Orange Companyは同年9月にヤンゴンの北オッカラパ地区に1号店をオープンした。

これら海外からの投資拡大が実現すれば、すでに経済全般における企業がミャンマーチャットに対する米ドル為替レート上昇によるプレッシャーに直面しているときに、一定の国際競争も押し寄せてくることになる。商業省が初めて小売産業での自由化を公表した5月以降、ミャンマーチャットは米ドルに対し約10%下落している。

この下落は、現地製造に使用される輸入商品および部品価格に大打撃を与えている。一方で、現地の物価高騰の影響が出始めたことにより、消費者は財布のひもを固く締め裁量支出を減らしている。小売産業には悪影響のみがもたらされている。

「米ドルの為替レート上昇を背景に商品価格も上がっているので、消費は減少し、小売市場は行き詰っています」とU Myo Min Aung副会長は述べた。



政府支援

より脆弱な現地小売業者を守るために、政府が金融支援の提供や外国人投資家への制約設定などを行うべきだとMRAは述べた。

「私たちは政府に国際競争に直面している現地小売業者をもっと支援して欲しいのです。必要に応じて金融支援が行われることを望んでいます」とMRAMa Tin Su Hlaing副会長は述べ、現地企業が貿易と税に関する政策についての教育と情報も必要としていると加えた。

「地元業者がより経験豊かでより大きな力を持った海外競合相手との競争に耐えるには時期尚早です。インフラや金融支援、技術がもっと整ったとき、彼らはより用意周到に備えることが出来ます」と彼女は述べた。

しかしながら今のところ、小売産業には外国投資による大きな資本流入は見られていない。「少数の投資家が国内小売産業へ進出していますが、有名ブランドや大企業はまだ見られません」とMa Tin Su Hlaing副会長は述べた。



一方、商業省は、外国企業に国内市場での販売業や流通サービス業を許可する目的は、消費者により競争力のある価格や品質における選択肢を提供するためだと述べた。

商業省は、外資100%の企業や外国と国内投資家による合弁企業に国内での小売・卸売業を認める通達No.25/20185 9 日付で公表した。

ミャンマーにおける新しい規制では、外資100%の企業は、小売業は300万米ドル、卸売業では500万米ドルの初期投資が必要となる。一方、地元投資家の自己資本比率が20%以上の外資との合弁企業の小売・卸売業への必要な初期投資は、それぞれ70万米ドルと200万米ドルとなっている。

商業省は726日、貿易が許可される製品のリストを発行した。

商業省によると、製品リストには具体的情報が記載され、ミャンマーで取引可能な品物の種類を明確にしているという。リストには、衣類・時計・化粧品などの消費財、農産物・水産物・畜産物・インスタント商品・飲料・現地生産の酒類などの食品、家財道具、台所用品、薬、医療機器、車両と車両部品など、24の製品と品目が含まれる。

小売・卸売事業登録のための標準実施要領(SOP)も発行された。小売・卸売事業登録申請のためのSOPには、企業形態の特定、小売・卸売事業運営要領、最低投資金額、土地面積、事業に店舗の開店や起業が含まれるか、登録期間が含まれている。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2018年09月21日

このページのトップへ戻る