インドシナニュース

ミャンマー:Maubin工業団地案件でアパレル縫製工場35社増設へ

Maubin工業団地案件でエーヤワディ地方域にアパレル縫製工場35社が新たに建設予定であると、U Khin Maung Cho工業省大臣が連邦議会の下院で公表した。

現在、16のアパレル縫製工場が建設中で、ヤンゴンとマンダレーで繊維製品特化工業団地の創設へのさらなる計画があると大臣は話した。

政府は工業団地を工業省のもと、アパレル縫製工場で展開するため民間との連携を進めている。計画に必要な土地・建物・電気・水道・ガス・技能労働者などの必要なインフラはすでに整っている。

ライン郡区選出の国会議員であるU Aung Kyaw Kyaw Ooは、縫製業団地と紡績業団地は産業を活性化させるのかという問いに対し、「工業省は、バゴー地方域の繊維工場No.1ShweTaung)の敷地内127エーカーに繊維製品専用工業団地の建設を目指し、20182019 会計年度で土地使用許可の申請をしました」と回答した。

さらに繊維関連産業工業団地も、ザガイン地方域の繊維工場No.3と繊維工場No.3の出張所そして繊維加工工場の敷地に建設された。現在まで100台のミシンが繊維工場No.3に設置され、工場から製品を輸出している。

また、工業省はDaehan Knitと契約を結び、同社との合弁事業でニット製品と染糸の製造がすぐに始まる予定となっている。

Panda Co., LtdChina Textile City Co.の合弁事業であるMyanmar Textile City Co.は、繊維工場No.2 Palaik)に繊維工業団地の建設を検討しているとU Khin Maung Cho氏は述べた。

同様に縫製業団地は、カチン州のミッチーナー経済特区に建設予定となっている。さらに5つの繊維工場が、エーヤワディ地方域のパテイン工業団地に建設予定である。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2018年07月05日

このページのトップへ戻る