インドシナニュース

ミャンマー:CMPアパレル輸出で5億3800万米ドルを売上

商業省によれば、ミャンマーは4月〜5月に加工賃ベースのアパレル製品輸出で53800万米ドルを、天然ガス輸出で43300万米ドルを売り上げた。同期間にミャンマーは、24億米ドル相当の輸出を行った。

商業省によれば、昨年の4月〜5月もCPMアパレル製品輸出額は、27700万米ドルで輸出品のトップであった。

「今年天然ガスの価格が上昇したため、天然ガス輸出により、昨年よりも17900万米ドル多く売り上げました。」と商業省のKhin Maung Lwin次官補は話す。

CMPアパレル産業では、2017年に完全オンライン認証システムを備えた10工場が稼働しており、現在は300工場以上までに拡大した。

20122013会計年度で10億米ドルであった加工賃ベースのアパレル輸出額は、20172018会計年度で30億米ドルに達している。

ミャンマーは2010年に33700万米ドル相当、2014年には約10億米ドル相当のアパレル製品を輸出したと商業省は明らかにしている。2015年にアパレル製品輸出額は14.6億米ドルに達し、ミャンマーの総輸出取引高の10%を占めるまでになった。

EU市場への輸出は、前年比80%増加した。

商業省からの情報によれば、ミャンマーは今年4月〜5月に24億米ドル相当の製品を輸出し、34億米ドル相当を輸入している。この期間の総取引高は58億米ドルであった。その中で、ミャンマーは海上貿易で45億米ドル、国境貿易で13億米ドルを売上げている。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2018年06月20日

このページのトップへ戻る