インドシナニュース

ミャンマー:アパレル産業が最低賃金上昇に備え(下)

(中編より)

 

企業や経営者の課題

アパレル部門の管理者はしばしば、あまりにもひどい人間に描かれ過ぎている、とAung Myin Hmuの取締役の一人であるSuzanne Tim氏は言った。「企業は労働者のスキルを向上させたいと考えています。それによって彼女らはより多くの収入を得てより良い生活を送ることができます。我々は真の投資はトレーニングを通じて行われていると考えます。」とTim氏は言った。

労働省の監督下で運営されている「スキルセンター」の建物の裏側では、まだ塗料の匂いの残る、換気設備の整った新しいトレーニングがある。 Aung Myin Hmuセンターでは、マネージャーらが縫製、品質管理、監督の技術だけでなく、コミュニケーションも学んでいる。

マシンオペレーターとして10年働いたため、Ni Ni Soeさんは、底辺でコツコツ働くということがどのようなものか良く知っている。「マシンを稼働させるためのテストに合格できなければ、ヘルパーに格下げとなると宣告されたため、私はとても切迫した気分でした。」と彼女は回顧した。彼女が14歳で仕事を始めた頃には、30日ごとにたった15000ミャンマーチャットしか受け取れなかったと言った。自身の勤務条件を振り返ってみると、Ni Ni Soeさんは機械オペレータとして働き始めた頃に比べて多くの改善があったという。しかし彼女は、インフレと生計費の上昇に対応するには、引き続き賃金を上げてもらう必要があることに同意した。

彼女が直面する最大の問題はストレスである。ファーストファッションの需要増加に伴い、顧客はより多くの衣服をより速く欲しいとリクエストしている。この厳しい納期を達成するためにマネージャーらは、スタッフに効率的に作業に取り組ませるよう、現場監督者に圧力をかけている。「工場で長時間働いてもノルマは達成できず、しばしばマネージャーのオフィスに呼び出され、彼に罵倒されます。ノルマ未達が3回~6回も続くと、マネージャーは私を自発的に辞めさせようと、契約書にサインするよう命じます。」

現場監督者のトレーナーとして働いている彼女が、現在伝えようとしている最大のメッセージは、「忍耐と、いかにスタッフと協働するか」だと言う。中国系工場ではしばしば、怒鳴りつけることで労働者の生産性を高められると考えているようであるが、常に彼女らを叱りつけるようなことがあってはならないという。

以前ミャンマーのアパレル工場でマネージャーとして働いていた香港のビジネスマンのTerry Shunさんは、ビジネスにおける頭痛の種は欠勤率が高いことと、外資系工場においてはよくトレーニングされた地元の管理者を育てることに関心が薄いことを挙げた。 「中国人経営者は次第に、指示を与えるのに通訳者を通じて行うだけでは不十分であることを理解するようになってきています。通訳者に指示を通訳させるのではなく、現地の管理者を育てれば、必要なスキルを理解した上で具体的な指示を労働者に説明することができます。」

彼は、企業が地元従業員により良いトレーニングを実施することによって生産性を向上させ、地元の管理者やマネージャーを育てることで通訳者の費用を節減するなど、事実を受け入れた上で他の手段でコスト増を吸収しなければ、今回の最低賃金の引き上げによって海外投資に影響を受けることになるだろうと警告している。

総じて彼は、最低賃金は引き上げられるべきであり、「ミャンマーの労働者はもっと報われるべきである」と述べた。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2018年04月24日

このページのトップへ戻る