インドシナニュース

ミャンマー:蓮池からハイファッションへ~美しい生地の伝統を紡ぐ(後)

(前編より)



蓮の織物:信念が支える労働

その市場価値に見合うように、ミャンマーの蓮から成る生地の生産は、根気のない者には務まらない。気の遠くなるような忍耐と情熱を必要とする時間のかかるプロセスである。

それはまず、必要な材料を調達することから始まる。毎年モンスーンシーズンに、蓮の茎の収穫が行われる。蓮の茎は水面まで伸びているが、水面までの高さが高いほどその品質が良くなるためである。

「水深のある場所では茎は長くて丈夫ですが、浅い場所では短く、弱々しくなります。」とMyint Thein Htun氏は述べた。彼の家族は4世代にわたって蓮の生地を作っており、この工芸品に対する深い造詣で有名である。

「泥が乾いて肥沃でない時に収穫すると、蓮の茎に十分な強度がありません。」

収穫後に蓮の茎は細い刃で丁寧に裁断され、中にある繊細な繊維を慎重に取り出す。その後、このほぼ透明な繊維を湿らせた板の上で糸にひねり重ねていく。

糸が望ましい太さと強度に達するまで、この手順は何度も何度も繰り返される。次に接着剤を塗布し、ワックスを使って複数の糸の端と端を繋げていく。

「繊維の抽出は手作業でしかできません。」とMyint Thein Htun氏は言った。「これらの作業を機械で行う方法などありません。」

こうした作業を経てようやく、糸をシャトルに入れて製織を始めることができる。

 

聖なる糸

多くの労力と時間を要する生産と、その神聖な起源から、ほとんどの蓮の糸は僧侶の衣服と仏像の覆いに使用されてきた。

だが今日ではこうした宗教の象徴的意味合いから、ファッションデザイナーが蓮糸を自身の作品の一部に取り入れたいと考えるようになった。その結果、地元の繊維市場に魅力的な取引価格が提示されただけでなく、顧客にも大きなスピリチュアルな価値をもたらすような現代的な衣料品が制作されるようになった。

「我々の製品に対する引き合いは、タウンジーからヤンゴン、マンダレーなど、あらゆる場所から来ています。」と地元の織物業者であるSan Sana氏は述べた。

「我々の売上は、通常仏教フェスティバルの期間に急増します。その期間中、しばしば儀式が取り行われるため、人々は修道士に蓮のローブを供物したいと考えるのです。」

織機と糸車の背後にいる多くの職人にとって、蓮の生地を作る困難な作業は単なる収入源ではない。それらは仏教に敬意を表すための、魂の巡礼という敬虔な活動の意味合いがある。

「蓮は咲くのにふさわしい、澄んだ水がある非常に限られた場所でのみ育ちます。」と、この52歳の織物職人は言った。「それは非常にスピリチュアルな意味を持っており、それが故に、どんな宗教的利用にも最もマッチします。」

しかし、信仰のみが彼女が織機で忙しく働く、唯一の原動力というわけではない。他の多くの織物職人同様、San San Mya氏はこの珍しい芸術様式に魅了されている。原材料の繊細な性質とその複雑な抽出プロセスは、彼女の好奇心を刺激し、その挑戦心を駆り立てている。彼女は蓮の生地を織り終えるたびいつも、心の中に達成感を感じている。

San San Mya氏は年を重ねるにつれ、このノウハウを若い世代に引き継ぎたいと考えるようになった。しかし彼女は、ミャンマーの若者達がこの伝統を引き継ぐことに興味を持つか疑問に思っている。

「苦難を伴ってでも、蓮織の技術を熱心に学ぼうとする若者を見つけるのは非常に困難です。彼らは苦労などしたくないのです。」とこの織物職人は言った。

「蓮の生地の価格は引き続き上昇するでしょうが、織物職人の数は減少していくでしょう。」



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2018年03月24日

このページのトップへ戻る