インドシナニュース

ミャンマー:委託加工(CMP)型縫製の輸出額が23億3200万ドルに到達

ミャンマー商務省によると、今年度、3月はじめまでの委託加工(CMP)型縫製の輸出額は233200万米ドルに到達した。

委託加工(CMP型縫製業は輸出品目のうち第2位となっている。商務省は繊維・アパレル産業に対し優先輸出促進産業として支援を行なっている。

ミャンマーでは1993年の導入以来、委託加工(CMP型の縫製産業が続いており、いまだに製品売り(FOB)型への移行は実現していない。

ミャンマーの委託加工(CMP型縫製で製造された製品は日本、韓国、そしてEUに輸出されている。

商務省のAung Htoo副大臣は、ミャンマーの縫製産業は現在急速な成長を遂げていると話す。ヨーロッパおよびアジア諸国がミャンマーからの輸入を増やしている。

商務省によると、縫製産業輸出額は2010年の33700万米ドルから2014年にはおよそ10億米ドルにまで拡大したという。

2015年、輸出額は146000万米ドルを記録した。これはミャンマーの総輸出額の10%にあたる。同年、EUへの縫製輸出は80%増加した。「最大の輸出製品として高品質な製品を国際市場に展開できるよう、商務省はミャンマー縫製業協会と協力の上、縫製産業の10年戦略を策定した」と副大臣は述べた。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2018年03月22日

このページのトップへ戻る