インドシナニュース

2015年12月 のニュース一覧

ミャンマー:ヤンゴンではクリスマスセール拡大に伴い、ファッションも飛ぶような売り上げ

買い物客が寒候期向けの衣服を買いだめしたり、ホリデーシーズンのセールを利用して最新のファッションを手に入れたりしようとする動きで、ヤンゴンの衣料品店は活況を呈しており、売上高は前年比で50%上昇した。

次第に流行に敏感になってきたヤンゴンの消費者を引き付けるために、小売店やオンラインストアはクリスマスのプロモーションを展開している。ミャンマーでは西洋文化を再び取り入れ始めており、クリスマスセールという概念も一般によく知られるようになってきている、と店舗経営者らは言った。

買い物客のMa Hnin Hninさん(25歳)は、ヤンゴンにあるいくつかの店で価格が45%割引となっているのを見て、マンガをデザインした新しいコートを購入することを決め、この季節セールのことを「素晴らしい」と言った。

ほとんどの衣料品店では12月に価格の値下げを行うため、こうしたバーゲンを利用して12月に洋服を買うことにしている、とMa Htwe Htweさん(23歳)は言った。

売上げはまた、季節の変化によって影響を受ける、とされる。1年のほとんどは、ミャンマーの女性はスカートやズボンに半袖ブラウスを着用しているが、寒い季節が訪れると、彼女らは暖かい衣服を買いに来る、とバゴーで衣料品店を経営するMa Ei Mon Myint Han氏は言った。

「今年は、動物マンガのような形をしたフード付きコートが非常に人気です。今月は良いスタートを切りました。」と彼女は言い、以前に比べてより多くの人々が今年のクリスマス期間に休暇取得を計画しているため、水着もよく売れている、と続けた。

Pretty Girl という小売チェーンの経営者であるMa Poe Ei Phyu氏は、12月の売上げは好調で、昨年と比較して少なくとも10%は上昇しそうだ、と述べた。

「もっと売上は伸びるかもしれませんが、断言するには少し早そうです。」と彼女は言った。 「今年は、ウール製の衣服や、ショート丈のドレスやトップスもよく売れました。」

卸売店でもまた活発な取引が行われている、とMingalar市場にあるPinki FashionオーナーであるDaw Nilar氏は述べた。

昨年のクリスマスはこれほどの活況ではなかったが、今月は需要が急増しており、例年になく多くの人々がクリスマスに因んでパーティーやイベントを開催している、とした。

(また今年は)マンガデザインの防寒服がよく売れており、暖かい子供服もこれまで以上に売上が好調である、と彼女は述べた。

「売上高は昨年比で50%アップしています。人々はクリスマス関連セールをより意識するようになっており、今後ますますそれを利用していく動きとなるでしょう。」

国際的なブランドはまだほとんでミャンマーでは展開されていないが、このマーケットは所得の上昇や消費者行動の変化により、次第に国際的な注目を集めるようになっている、と調査会社のオックスフォード・ビジネス・グループによる9月のレポートにおいて示された。

まだ多くの人々は伝統的な服を着用することを好むが、若年層はだんだん国際的なファッションスタイルを試し始めている。(ミャンマーにおいて)既製服は一般に、バンコクまたは中国から輸入されている。

ミャンマーチャット通貨が安くなっているため輸入服価格は上昇しているものの、衣料品店経営者は、今月バンコクで開催されているバーゲンを利用して在庫を補充する、という。

タイの小売店では12月上旬に(国民が敬愛する)プミポン国王の誕生日を祝うセールを開催している。タイで仕入れることで、ミャンマーの店舗経営者は顧客に値引きを提供することができる、とオンラインで衣料品を販売しているMa Amy氏は言った。

Ma Poe Ei Phyu氏は、バンコクから直接洋服を輸入している。

「以前、私は中国から品物を仕入れる専門業者から調達していましたが、私は彼らに取引の打ち切りを申し渡しました。私は現在、直接買い付けのビジネスを拡大しており、私はこのスタイルを採ることで、自らの利益を守ることができます。」

 

» 続きを読む

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2015年12月26日06:47

このページのトップへ戻る