インドシナニュース

2013年11月 のニュース一覧

ミャンマーにとって日本は衣料品のトップ市場

ミャンマー衣料製造協会によると、今年も日本は、投資最大国の韓国とともにミャンマー製衣料品の最大市場となっている。

「韓国は繊維産業への最大の投資国です。少なくとも20のアパレル縫製工場を経営しています。繊維産業に投資する外国企業は、日本、韓国、台湾、中国、マレーシアです。何には西欧の国もあります。ドイツやトルコを含め、約20ヶ国が繊維産業に携わっています。 ミャンマーには、約300の大きな縫製工場があります。そのうち、約90%はミャンマー企業です。外資との合弁事業もあります。繊維産業へ100%投資した外資企業は、全体の約5%程度です。」と協会副会長Aun Win氏は言う。

また、昨年の数字によれば、日本はミャンマー製衣料品の最大市場であると彼は言い足す。

「韓国は2番目です。次年度(2014-15)に優先のEU貿易制度で優遇措置が取られるため、欧州市場への輸出は伸びると予想されます。今年まではまだ日本がミャンマー製衣料品の最大市場でありつづけるでしょう。しかし、私たちは、将来、最大市場がEUか米国になるかどうかわかりません。」

米国が2003年にミャンマーで経済制裁を課して以降、ミャンマーは衣料品輸出の市場として日本への依存度を増していた。

» 続きを読む

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年11月26日23:53

インドシナニュース

国別

キーワードから探す

このページのトップへ戻る