インドシナニュース

ミャンマー:アパレル産業の刷新

ミャンマーのアパレル産業は持続可能な開発の重要な原動力としての地位を固めており、現在、同地域では低コストのアパレル製品の中心地となっている。

ミャンマーの最低賃金は自国のアパレル製品製造産業が確立されている近隣諸国の中国、カンボジア、ベトナムよりも低く、AdidasGapH&MMarks & Spencerなどの国際的な小売業者から受注を得ている。

国の製造品輸出産業を牽引するミャンマーのアパレル製品輸出は、2010年の34900万米ドルから昨年は46億米ドル近くまで増加し、国の輸出収益の約10%を占めた。

ただし、この力強い成長にはいくつかの要因がある。

国際労働機関(ILO)が指摘するように、最近までのミャンマーの歴史により(ミャンマーは1962年から2011年まで軍事支配下にあった)、同国はまだ健全な労働市場統治を確立するための効率的な法的および制度的枠組みが開発できていない。

ミャンマー衣料品製造業者協会(MGMA)は、約600の工場が加盟しており、約45万人の労働者に雇用を提供していると推定されている。これらの労働者の大多数は若い女性であり、そのため彼女らの権利を守ってあげることが不可欠である。

1月のILOの報告「機織る性:ミャンマーのアパレル産業の課題と機会」によると、同産業で働いている女性が新しいスキルを習得したり昇進を求めたりする機会が限られているという。ILOが同報告のために調査した16の工場のほとんどでセクシャルハラスメントに関する複数の証拠が見つかり、それらの工場がハラスメントおよび虐待を効果的に識別し対処する正式な方針とプロセスを欠いている、と結論付けた。

労働者のためのより包括的で安全な職場の創出と全体的な生産性との間に明確な関係があるため、健全な職場慣行の開発は明らかに労働者と雇用主が共通の合意を見つけられる分野である。ミャンマー産業工芸品・サービス(MICS)U Thet Hnin Aung事務局長は「工場レベルでの労働組合はこのような前向きな環境を築くことに大きく貢献することができます」と述べた。

昨年10月にヤンゴンを拠点とする中国のFu Yuen Garment Co. Ltd工場での不当解雇の疑いにより2ヵ月近くにおよぶ抗議行動が起こった。その結果、『雇われた凶悪犯』と呼ばれる抗議リーダー率いる一団との衝突が起こり、その10月、ミャンマーの労働組合は国際的なニュースを飾る事となった。

工場労働者は、管理職からの虐待、限られたトイレ休憩時間、そして耐え難いほどの暑さなどの労働条件に関する懸念に対処するための組合を設立すると述べた。これらの苦情の大部分は解決されたが、Fu Yuen社は、生産を妨害し会社の規則に違反した容疑で解雇された後、抗議活動を更に過激化し、最終的には数十人が負傷した武装暴徒との衝突に繋がったとされるストライキを組織した30人の労働者の再雇用を拒んだ。

 

EBAの特権

ミャンマーのアパレル産業が直面しているのは、女性の権利保障と結社の自由だけではない。

欧州連合(EU)の『武器以外すべて(EBA)』貿易特恵制度の撤回の可能性は、特にミャンマーのアパレル製品輸出の60%がブロックに向かっているため、同産業に対してさらに大きな影を落としている。

EBAの貿易特恵は、武器や弾薬を除く輸出における重要なEU市場への免税アクセスを世界の最貧国に提供するものであるが、国が中核となる国連(UN)ILOの条約を尊重しない場合、そのような特恵は撤回される可能性がある。

ラカイン州、カチン州、シャン州での重大な人権侵害と労働権への懸念に関する国連の捜査官による申し立ては、ミャンマーのEU市場へのアクセスを見直すようEUに先導した。

EU2月にセシリア・マルムストローム貿易担当欧州委員と共にミャンマーに対する人権と労働者の権利の進展を評価するために第2の監視任務を締結し、EBAの特権を取り消す正式な手続きはまだ始まっていないが、EUはミャンマーに改善は可能であると警告したと今月メディアに伝えた。

ミャンマーだけがEBA特恵における問題の渦中にいるわけではない。EUの要件を満たすことは、内部的に解決可能な長期的・短期的両方の目標として労働者個人の安全と男女平等に取り組むことよりもよりもはるかに政治的意思を持つ。

ミャンマーが女性に対する暴力を犯罪化する法律を起草するのに約5年費やしたが、その期間、アパレル産業は長い間職場のセクシャルハラスメント対策に目を向けさせることができていない。そして、労働組合はミャンマーでストライキを組織する権利を持っているが、抗議に対処するための大胆な戦術はさらに否定的な見方でアパレル産業を描写するだけである。

これらの問題に対処しなかった場合、ミャンマーでは珍しい経済的なサクセスストーリーの大きな可能性の一つが深刻に損なわれることは間違いない。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年07月20日15:59

ミャンマー:電力供給が安定さえしていれば、料金が高くてもかまわない、と投資家

電力価格が上昇していても、ふだん途切れることなく電力供給を受けられれば、たいていの企業は営業できるので、この動きは歓迎されると一部の投資家は述べた。

「昨年だけでも、工場の停電時間は300時間を超えました。電力が止まるとディーゼル発電機を使用して工場を稼働させる必要があります」とミャンマー衣料製造業者協会のU Myint Soe会長は述べた。

電力供給が通常であれば、企業は追加の電気代を払っても問題ないと彼は付け加えた。

「供給が定期的かつ安定さえしていれば、新しい料金の下での電気代の年間予測に基づいて、業界は利益を上げることができます」と彼は述べた。

コストを節約したければ、節電機器を配備することができ、統制のとれた電気使用を確立するための対策を講じることができる。

「過去34年間、料金の引き上げが見込まれており、コストの上昇は定期的な電力供給によって相殺できると結論付けました。これにより、生産を規制し、頻繁な電力サージによって損傷を受けた機械のメンテナンスや修理のコストを削減できます」とミャンマー工業会の中央執行委員であるU Ko Lay氏は述べている。

実際、料金が引き上げられた今、U Ko Lay氏は、より多くの個人投資家がこの分野に参入することで、発電業界がより競争力のあるものになると期待している。

「競争が激しくなると、価格が下がり、工場では適正価格で電力を購入する選択肢が広がる可能性があります」と彼は述べた。

新料金の下では、住宅世帯および宗教的建造物は1ユニットあたり以前通り35チャットの支払料金をだが、上限は30ユニットである。31-50ユニットでは50チャット、51-75では70チャット、76-100では90チャット、101-150110チャット、201-200120チャット、そして201ユニット以上は125チャット課金される。100ユニットに対して3500チャットを支払っていた消費者は、今では72.9%増の6050チャットを支払うことになる。これにはサービス料は含まれていない。

企業、工場、政府庁舎、大使館、および国際機関を含む企業消費者は、上限500ユニットまで125チャットかかる。500-1000ユニットで10チャット増し。1000ユニット以上は180チャットの料金がかかる。

企画財務省のデータによれば 、71日に施行された料金引き上げ以前は、政府は2017 - 18年度に一般電力供給で5070億チャット損失しており、2018 - 19年には損失は6300億チャットまで増加した。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年07月09日12:27

ミャンマー:CMP原料の輸入は2億7000万ドル以上増加

商務省の統計によると、2018-2019会計年度の10月1日から5月31日までの間に、CMP産業が輸入する原材料は15億7300万米ドルに達し、前年同期比で2億7382万8000米ドル増加した。

アパレル製品や履物生産、製袋産業はCMPシステムの下で動いている。

商務省によると、2018-2019会計年度の10月1日から5月31日までの間、CMP衣料品部門からの輸出収益は24億9600万米ドルを超え、前年同期比9億3343万米ドル増となった。CMPの衣料品部門は輸出品目のリストの首位に立っている。

CMPシステムの下で、ミャンマーは縫製で約10%を得ている。CMP部門の年間所得は約3億ドルに達する。ミャンマー衣料企業家協会によると、国がCMPからFOBシステムに移行することができれば、CMP部門の収入は30億米ドルに増加するという。

CMP衣料品部門からの輸出収益は、2010年に約3億4000万米ドルに達した。輸出収益は、2014年に3倍に増加した。

2015年の衣料品部門からの輸出収入は14億6000万米ドルに達し、輸出総額の10%を占めている。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年06月11日12:02

ミャンマー:100年以上の歴史ある貴重なシャン サオファス衣装

69日から18日にかけて、シャン王室の衣装に関する「消えゆくシャン サオファス衣装」展が国立博物館で開催予定である。 100年以上の歴史を持つ衣装は、シャン州の文化と工芸における輝かしい時代を珍しい方法でまとめ表現すると言われている。全27の衣装を展示予定。

注目すべきはSaophas Sar Sao MaungSãoShwe ThikeShan Princess Mahardevi São Nan Yarの展示品である。 他は彼らの王子、大臣および指揮官の展示品である。王女の衣装はコレクションに残っている唯一の女性の衣装である。

「多くのミャンマーのファッションデザイナーは、伝統衣装からインスピレーションを得ようとしていますが、場合によってはオリジナルの衣装は失われており、それゆえ芸術的な解釈や誤解が生じます。展覧会は一般客だけでなく自分の作品の中で美学に敬意を払うことに関心がある人々を教育する素晴らしい機会です」とヤンゴン国立博物館館長、Daw Nang Lao Ngin氏は述べた。

衣装はシャン州ニャウンシェ文化博物館から持ち込まれたものである。

シャン州政府は品目を適切に保存することを望んでいた。ほとんどの作品は、地域での手段を超えた専門的な清掃と修復を必要としていた。

国立博物館長のDaw Nang Lao Ngin氏とU Kyaw Shin Naung氏(美術品保全者兼アシスタントディレクター)は2017年にそれらの衣装を受け入れ、2018年には保全プロジェクトに着手した(201812月には‘The Painstaking Business of Saving Shan History’にてその過程が取り上げられた)

「国立博物館には、Thibaw王とSuPayalat王妃の衣装を含む、6つの衣装しか展示されていません。 ニャウンシェ文化博物館には100を超える衣装があります。ただし、シャン州に戻る前に見に行かなければ、それらを見る機会は二度とありません」とU Kyaw Shin Naung氏は述べた。

衣服はつづれ織り繊維、絹、錦織、綿、染みのついた織物、金属、貴石などの材料を含む複雑な作品である。 何十年も手付かずの状態で保管されていたため、修復チームは極めて慎重に汚れを除去し、色あせた色を修復し、金属や宝石の処理に必要な化学物質の使用を要した 。

シャン サオファスの衣装は損傷しているため、色が薄くなっている。 修復の大半は繊維の洗浄と再活性化の処理をしている。

「私たちの部門はすべての衣装を非常に慎重に保存しました。 これは実際に博物館が展示した初の歴史的な衣装です。私たちは皆さんに、特に若者に対して、文化遺産を訪れ祝福するよう勧めたいと思います」とU Kyaw Shin Naung氏は付け加えた。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年06月08日05:56

ミャンマー:アパレル製品のCMP輸出額が3倍に増加

2018年から2019年の510日まで、アパレル製品のCMP総輸出額は25.6億米ドルを超え、輸出額は3倍増と商務省が発表した。

同国では、アパレル製品のCMP輸出は大きな輸出促進部門で、輸出額は2015 - 2016年度の8億米ドルから、2018 - 2019年度(財務年度)の510日までに256100万米ドルに増加した、と Aung Htoo商務副大臣は述べた。

2018年、アパレル製品の輸出額は約46億米ドルに達した。511日にミャンマー商工会議所連合連合(UMFCCI)の5周年記念でミャンマー衣料品起業家協会の幹事を務めるKhaing Khaing Nwe氏は、輸出総利益は2024年までに100億米ドルに達すると予想されていると述べた。 。

アパレル産業では、労働者数が5倍に増え、収入は10倍に増えた。Khaing Khaing Nwe氏は、生産性を2倍にするために絶えず努力している、と付け加えた。

地元の繊維業界では、海外からの投資が大量に流入している。協会には500人以上の会員企業が所属しており、繊維産業全体では50万人以上の労働者がいる。

アパレル産業は労働集約型の事業であり、国が先進国に移行するのを助ける主要な事業。協会は、草の根のための雇用を創出し、熟練労働者を見つけることができるアパレルCMP産業の発展のために、訓練学校の設立を通じて技術移転のために働くことができる。

協会は、労働法に関する毎月の教育協議を行い、雇用主と従業員の紛争を解決するのを助けるために、ILOと協力して労働担当官を任命しした。

「この業界では、約50万人の労働者が雇用されており、そのほとんどが女性です。この部門は40億ドル以上の製品を輸出することができます。それは雇用とGDPに大いに貢献しています」とAung Htoo商務副大臣は述べた。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年06月05日12:53

ミャンマー:マンダレーに繊維工業団地建設

マンダレー市の首相であるU Zaw Myint Maung氏は521日、繊維工業団地をマンダレー市に設立すると発表した。

同氏は、政府は国際協力機構(JICA)と協力して繊維産業の中心地を設立すると述べた。

「約5万人の従業員を雇用できる繊維工業団地の設立を提案する企業家らがいました。JICAと協力して作っていくつもりです」とミャンマー北部のビジネス環境に関するEU主催のフォーラムで彼は述べた。

フォーラムでは、ミャンマーで事業を行う上での障害となっている規則や政策について議論された。首相は、マンダレーは、特に農業や衣料産業への投資を歓迎すると述べた。

マンダレー市には、海外投資が37億米ドル(56900億チャット)、地方投資が5700億チャットある。彼は、投資法は市民にも外国人にも同等の権利を与えると述べた。

中国の投資がその大部分を占めているが、ヨーロッパの国々からの投資もあり、それはその国の経済を推進する第2のエンジンになりそうだ、とZaw Myint Maung氏は言った。

欧州連合のミャンマー大使Kristian Schmidt氏は、EUのビジネスマンはマンダレーで多くの機会を見いだしていると述べた。

「マンダレーの経済は急速に成長しており、ヨーロッパ諸国には良いチャンスがあると思います」と彼は言う。

「私たちはマンダレーの発展に参加したいのです。 2013年にEUがミャンマーに対する制裁を解除して以来、多くのアパレル企業が参入しています」

「アパレル生産工場は川に化学染料を廃棄することで汚染を引き起こしています。私たちの技術はこれを防ぐことができます」とSchmidt氏は付け加えた。

2017-18会計年度から2月までの間に、総額1720万米ドルの5つの海外投資が行われた。その中には、ホテルや観光業の74.3万米ドル、農業のための221万米ドルが含まれている。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年05月23日12:09

ミャンマー:衣料品製造業者協会(MGMA)とジェトロが提携、技術支援提供

ミャンマー衣料品製造業者協会(MGMA)によると、同協会はJETRO(ヤンゴン)と提携し、衣料品部門の人的資源の増強と技術支援を提供するためにミャンマー縫製人材育成センター(MGHRDC) を開設し、運営している。

「ミャンマー縫製人材育成センター(MGHRDC)は、2009325日に将来の課題として設立されました」と同センターの責任者は述べた。

ミャンマー縫製人材育成センター(MGHRDC)MGMAJETROが共同で設立し、2009年と2010年にモバイルシステムを介して衣料品工場で産業工学のトレーニングが行われた。ミャンマー投資委員会と工業省の支援を得て、センターは開かれた。

このセンターでは、モーターミシン、スーパーバイザーレベルIE、トップマネジメント、ミシン調整、旋盤加工技術、アタッチメント、生産管理、基礎衣料品検査、高級衣料品検査、特殊縫製、針と糸、衣料品セミナーと衣料品の品質向上などのコースが開かれている。

ミャンマーは、2024年にはアパレル製品の輸出量が100億米ドルに達すると予想されているとMGMAの事務局長Khine Khine Nwe氏は述べた。

「私たちの分野では、労働者は5倍、収入は10倍に増えています。私たちは労働者の生産を倍増するつもりです。そのために努力しています」とKhine Khine New氏は述べた。

アパレル産業は、ほとんどが外国投資部門にあたる。MGMAには500社以上の会員企業が所属し、労働者の数は50万人以上いる。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年05月18日15:14

ミャンマー:アパレル輸出、2024年には100億米ドルに達すると予測

ミャンマー連邦商工会議所連合会(UMFCCI)の第5回年次総会でミャンマー服飾企業家協会(MGEA)の長であるKhaing Khaing Nwe氏は、同国のアパレル輸出収入は2024年には最大100億米ドルに達すると予想されると語った。

「私たちの衣料品部門では、労働者の数が5倍、収益が10倍に増えました。今我々は労働者の生産性を倍増するために絶え間ない努力をしています」と彼女は付け加えた。

協会には500人以上の会員が所属し、縫製労働者の数は50万人を超えている。

アパレル産業は労働集約型の産業であると同時に、先進国に変革するための国の基本的な産業でもある。協会は労働集約的なCMP産業を発展させるために訓練学校を設立し、先端技術を習得することができるようにする。そうすることで、雇用を最大限に創出し、熟練労働者を見つけることが可能となる。

ILOと協力して、協会は労働問題担当官を任命し、教育的協議を共有し、そしてアパレル縫製工場が労働争議を解決するのを助ける。

昨年、アパレル産業は約46億米ドルを稼いだ。 MGHRDC12種類のトレーニングコースを実施している。

「衣料産業は、40億米ドルを超える価値のある製品の輸出のおかげで、貿易部門、雇用およびGDPに大きく貢献しています」と商務副大臣Aung Htoo氏は言う。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年05月13日17:21

ミャンマー:11の卸売および小売企業を認可

商務省は、4年間の登録期間で、11社が国内で卸売業および小売業を行うことを許可したと述べた。 11社のうち4社は外資企業、4社は完全なミャンマー資本によって所有されており、残りの3社は合弁事業。

4つの外資系企業は、日本に本拠を置くMYCare Unicharm Co.Ltd、大塚製薬、豊田通商、およびスイス拠点のDKSH。これらの企業は、消費者製品、食品、家庭用品、医療および病院用機器、そして製造製品を流通させ販売する。

タイと韓国の複数の企業がミャンマーの卸売業と小売業への参入について問い合わせを行い議論を行ったが、どちらの国の企業もまだ承認された企業はないとU Than Aung Kyaw氏は述べた。

商務省が新たに許可した理由は、市場での競争力を高め、雇用をさらに創出しながら、消費者が選択できる選択肢を増やすことに尽きる。同省は、衣料品、時計、化粧品、家庭用品など、卸売業および小売業向けに24品目を承認した。

卸売業と小売業への許可は、外国投資と経済発展の原動力の1つになると言われている。

ミャンマー投資委員会によると、小売事業の場合、投資金額は300万米ドル以上でなければならず、卸売事業の投資額は500万米ドルにする必要がある。これには土地賃貸料は含まれない。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年05月02日18:29

ミャンマー:若手繊維企業家ら、中国の研修プログラムに参加

ミャンマー繊維製造協会によると、ミャンマーの若手企業家らは、6月の第1週に、繊維とアパレルの製造技術を研修するプログラムの下で中国を訪問する予定。

ミャンマーのグローバルニューライト紙によると、広西経済貿易職業訓練所、工業省、ミャンマー繊維製造協会(MTMA)は、328日にセドナホテルで奨学金プログラムを共同で開始した。

「これは覚書の結果です。このプログラムは、ミャンマーの若手企業家が繊維やアパレルの技術を研究できるようにするために開始されました」とミャンマー繊維製造協会(MTMA)のTin Myo Win会長は述べた。

同紙によると、このプログラムはミャンマーの繊維・アパレル部門の改善を目的としているという。

20人の若い起業家が研修プログラムの最初のグループに選ばれる。

その後、綿の紡績、製織、染め、スケッチおよび設計を学ぶために、より多くの研修グループが中国に送られる。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年04月02日15:45

«前のニュース || 1 | 2 | 3 |...| 37 | 38 | 39 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る