インドシナニュース

カンボジアのローカル雑貨に新ブランド

『Ke』ブランドのロゴが付いたカンボジアの手芸雑貨が地元の店で販売されている。

現地産の観光客向けの雑貨は、観光省がアジア開発銀行(ADB)の協力を得て、日本からの資金をもとに、先週Keブランドをたちあげ、新しいブランディング手法に乗って展開していく。

Keは、クメール語で「遺産」を意味するが、カンボジアの手工芸雑貨産業、つまり、カンボジアで作られるあらゆる手仕事雑貨のための全国と地方のブランドの代表となり、輸入製品との区別を明確にする。

「観光客の数は、確かに増加しました」とカンボジア職人協会のメンバーであり、Keプロジェクトの織物専門家でもあるNguonさんは言う。「彼らは、何かカンボジアで作られるお土産を買いたいのであって、中国からの輸入品は欲しくないと思います」と付け加える。

「Keは、地元製品のブランドです。それは、他の近隣諸国から輸入される製品とは違います。」

Keブランドの立ち上げは、アジア開発銀行(ADB)とコンポントムの農村の人々を支える貧困削減日本基金によるプロジェクト「中部カンボジアの貧困層のための市場参入改善」の一部である。

しかし、Nguonさんによれば、商標を付けることでカンボジア全体をカバーする。デザインは同じままだが、各々の地方で独自のKeブランド・ロゴを持っている。

アジア開発銀行(ADB)のカンボジア駐在の農村部責任者エリック・シジウィック氏は、観光産業の急成長が、シェムリアップ、プノンペンとシアヌークビルのようなカンボジアの主だった観光旅行の中心地で重要な経済効果をつくり続ける一方で、「農村地帯の貧困縮小へ観光旅行が貢献すべきことは、謳われてきていませんでした」と、Keの全国発信に際し、言った。

地方の基盤へ継続的に投資を行っていけば、遠い地方のコミュニティも市場へ物理的に接近でき、同時に、カンボジアの古代遺産と自然風景への旅行者がますます訪れやすくなると彼は言う。

「新しい観光地が開かれると、地方のメーカーを旅行者の市場のニーズに従って、資金の手助けし、地元のバリュー・チェーンを強化し、旅行者のサービスを用意し、改善して、本物のクメールの手仕事と地元特産の食品などの地元の製品をマーケティングすることが必要となる」と、彼は言う。

カンボジア旅行代理店協会理事長Ang Kim Eang氏は、観光省により提供されるデータによれば、観光客は旅行中に総出費のおよそ20~25%をお土産に費やすと言う。

「それは大金で、商品が地元で作られたことがわかるブランディングさえできれば、観光客はより地元の製品やお土産品を買うことになるはずだ。」

Nguonさんによれば、Keブランドを保護して、乱用防止するために、観光省はブランド使用のモニタリング委員会を設立するという。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2012年11月05日06:00

縫製工場はカンボジアの経済特区に目を向ける

無錫(江蘇行政区)の繊維・縫製企業で私企業のHOdo Group Co Ltd、は、その事業を多角化しようとして、カンボジア南部のシアヌークビルで事業拡大を目指している。

Prey Nob地区にはシアヌークビル経済特別区(SSEZ)を設立するために、2007年以降協力に投資した、と同社社長Zhou Haijiang氏は言う。プロジェクトは、現在3平方kmだが、最終的には11平方kmまで拡大されることになっている。

特別区への総投資は、3億2000万ドルに達することになっている、とZhou氏は言う。

「完成すれば、経済特区は今後数年で東南アジアのこの国に150,000名の仕事を創出することができる」と彼は言う。

Zhou(46)は11月8日に始まる予定の中国共産党第18回国民会議の代表に選ばれた24人の民間企業家のうちの1人である。

HOdo社はHOdoブランドの下で衣類を販売し、2008年以降2ケタ成長を続け、2011年には収益で351億元(56億ドル)を上げている。

経済特別区は機能的な産業団地で、すでに23社を引きつけている。

アイルランドに拠点を置くHorseware Products(カンボジア)Co.社、アメリカに拠点を置くGaley Global(カンボジア)Co.社とフランスのCambodian Gateway Underwear Co., Ltd.を含む8つの外国企業も中にはある、とZhou氏は言う。

特別区の従業員の95%以上は、地元の人である。

「HOdoの試みは『グローバル化』という国の要求に応えるもので、産業団地は海外進出した中国企業によって開始された9つの経済特区のうちの1つです」とZhou氏は言う。

特区の建設は、東南アジア諸国連合の廉価な経費、有利な貿易条件と広大な市場に助けられている。

内部関係者によれば、カンボジアのベテラン労働者の1ヶ月の給与はおよそ100ドルで、会社が1000人ほど雇用していると、月間では、中国の平均的な工場よりおよそ2700万元少ない給与支払いで済むと言う。

カンボジアも国に輸入できる綿花の量を制限するクオータがないので、会社が原料のコストを下げるのに都合がいい。

 

カンボジア ジャンル:
最終更新:2012年10月26日14:00

カンボジアからEUへの衣料品輸出がアメリカ向け並みに

カンボジア縫製業者協会(GMAC)によると、欧州連合(EU)への衣類と履物の輸出額は、2013年にはアメリカへの輸出額と同レベルに達することになりそうな見込である。衣類と履物の分野のEUへの輸出は、2011年には合計13億USDで、アメリカへのそれは21億USDである。今年上半期のアメリカへの輸出は、EUへの輸出より高い。しかし、GMAC事務局長Ken Loo氏は、市場占有率は過去2年間動きがあり、カンボジア製品に免税措置を適用する、「武器以外のすべて」合意の下のEUのルールは、カンボジアへのシフトを後押しした、と言う。そして、彼は、輸出量が来年までには同レベルとなりえると言う。アメリカ向けの衣類は、16%の関税対象になっていて、関税撤廃に向けてのカンボジアの議会工作は成果を結んでいない。

 

カンボジア ジャンル:
最終更新:2012年10月23日12:00

繊維産業はカンボジアの政治的成長を焚き付ける

まばゆく白く光る裸電球の下で、若いカンボジア人の生産ラインが、820枚の日産目標を目指し、子供用のパジャマ上下を縫い、アイロン掛けし、折り畳んでいく。これらの衣類はロサンゼルスのショップの棚に行き着き、店頭価格9.97USDで販売される。労働者は大部分が女性で、午前7時30分から始まって、午後4時終業だが、大部分は2時間の時間外勤務に携わる。カンボジアの首都プノンペンの郊外のGawon Apparel工場にはおよそ1,300人の労働者が働き、彼らは1日あたり20,000着、年間で730万着もの製品を生産する。

工場のオーナーは韓国人で、国中で輸出許可証を有する企業約375社のうちの1つである。縫製産業はカンボジアの最も重要で伸び盛りの産業である。45の履物会社と何百もの下請け会社まで含めると、1400万人の人口のうち、業界全体でほぼ500,000人の労働者の雇用を担っている。これらの工場が量産するシャツ、ブラウス、スニーカーが、カンボジアの輸出の80%を占め、わずか130億USDのGDPのうちの40億USDの外貨を稼いでいる。

 

縫製産業の成功は、数十年に亘ってクメール・ルージュ恐怖に怯え、外国の侵入と内戦に苦しんできて、やっとわずか20年前に復興した国の新しい経済活力の希望の徴候である。

Gawon Apparel社の韓国人オーナーMercedes Cha氏は社交的で、信心深い長老派教会員である。3つの工場をカンボジアへ動かしたのは神のお導きに因るものです、と彼女は言う。他の経営者はもっと俗っぽい理由でプノンペンに来ている。すなわち、低賃金と欧米の市場へのクオータ無しでのアクセスである。カンボジアは、中国だけでなく、インドネシアやベトナムやその他の国よりも低賃金で、一躍、この地域の低コスト組立産業の寵児となった。

こうして、国の貸借対照表と、長期政権を維持するフン・セン首相及び彼の政権党カンボジア人民党に奇跡が起こった。ベトナム軍の助けを借りて1979年にクメール・ルージュを一掃した元ゲリラ兵であるフン・セン氏は、西側政府と多くの対外援助グループによって長く非難されてきた。

彼らもこの国の人権の歴史と民主主義の欠如について不満がありとはしながらも、成長を見届けたくてフン・センに耐えてきた。彼の主な後ろ盾は中国である。

しかしながら、最近、ゲームの規則は変わりつつあり、経済的に力を付けた市民がより社会的・政治的権利を要求しはじめた。今年、多くの縫製工場ではストライキが起こり、労働条件と賃金についての抗議の攻撃を受けた。

 

もう一つの微妙な問題は土地権利である。過去10年間に、政府が国有土地使用権を、たいていは中国の開発業者に売って、約30万人が家と村から強制的に追い出された。アパートやショッピングセンターの開発のために首都プノンペン中心の湖周辺の家が一掃されるときは特に論争の的で、抗議の列を引き起こした。

長い間、フン・センがそのような抗議を無視することができた、あるいは、抑えることができたのは、経済が成長していたためである。今は、しかし、彼さえ譲歩をし始めた。5月には、政府はすべての新規の国有土地使用権配分を停止した。9月には、それは雇用主にあらゆる労働者に手当として別途月額10ドルを支払うよう命令した。そして、対外援助グループとの宥和のために、フン・セン政府は、カンボジアでの彼らの活動を制限する法案を黙って棚上げした。

譲歩は、来年に予定される総選挙との関連があるかもしれない。カンボジア人民党(CPP)は、十分な資金を持ち、メディアを掌握していて、草の根組織が強いので、通常選挙結果について心配する必要はない。しかし、現在、この数年間で初めて連合した野党と真っ向から向き合うことになっている。国民議会の123の議席のうちの3つを占める人権党と26席を占めるサム・レンシー党が合併して、カンボジア救国党を結成した。この2つの党は何千もの地方議会議席を持っている。

2党の合併は政府に「今度は本当の恐怖」を与えるだろうし、実際に50議席を獲得することも夢ではないと、議会の著名なサム・レンシー党(SRP)議員であるSon Chhay氏は主張する。楽観的な見方であるが、しかし、少なくとも、今度の選挙は見る価値がある。

 

カンボジア ジャンル:
最終更新:2012年10月13日06:00

カンボジアからの衣類輸出が減速

世界市場の不振はカンボジアの製品需要を弱め、2012年及び2013年のアジア開発銀行(ADB)による成長減速の予測に至った。

「世界需要を、特に欧州と米国で落すことは、工業成長が今年よりペースダウンすることを意味します」と、ADBシニア・カントリー・エコノミストでカンボジア担当Peter Brimble氏は言う。

カンボジアが衣類及び履物を輸出している主要取引相手国の需要は今年減少し、カンボジアからの衣類及び履物のアメリカへの輸入は2012年の7ヶ月でわずか2.6%増加の15億USDで、EUの輸入は6ヶ月で20.9%増加の7億9800万USDと、両方とも2011年の水準から急激に減速している。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2012年10月09日06:00

カンボジア繊維産業に良好の兆し

何千もの衣服労働者が毎日行き来する被服縫製工場は、カンボジアのプノンペンからakmao都市への国道2号線沿いには縫製工場が点在し、数千もの労働者が毎日通勤している。国道2号線周辺は、カンボジアへ最初に来た先駆けの縫製工場が多数あるが、現在では縫製工場、染色工場、プレス工場が集まるのはここだけではない。縫製工場は他の地域、特に首都の西部および北部で急成長してきた。

衣料産業は、カンボジアで最大の産業で、過去十年間の経済成長の重要な要素の一つである。

この産業は、経済財政省関税消費税総局によって収集されたデータによれば、2011年にカンボジアの国内総生産(GDP)の約17.4パーセントに相当し、2011年にほぼ50億USD、すなわち輸出総額の80%を占めた。

現在、カンボジア縫製業者協会(GMAC)には、338の縫製会社が加盟しているが、そのすべてが輸出志向の工場であり、350,000人の労働者(その大多数は女性)を雇用している。

カンボジアの投資委員会(CIB)からのデータによれば、合計72のプロジェクトが今年の前半に承認された。それらのプロジェクトのうち、49は縫製業界に含まれ、業界全体の輸出は今年上半期に8.7%上昇し、21億USDになった。

» 続きを読む

カンボジア ジャンル:
最終更新:2012年09月06日06:00

カンボジア:新たに40の縫製会社を認可

カンボジア開発委員会発行の報告によれば、カンボジア政府は本年度上半期、縫製業、靴製造工場51社を新たに認可し、投資額は3億2700万USDに昇るという。

報告では、511社である。の工場の内訳は、縫製40社、靴下メーカー2社、シューズ・メーカー8社、テキスタイル・メーカー

中国メーカーが16社と、カンボジアの繊維産業の最大の投資国となり、次いで韓国12社、台湾11社と続く。

以下、インド、イギリス、香港、日本、シンガポール、タイの順である。

カンボジア商務省によれば、縫製産業は300社以上を擁し、同国の最大の外貨獲得産業であり、33万5400人の雇用を生み、うち91%は女性である。

2012年上半期、カンボジアの繊維輸出は9%の伸びで、21億USDに達したと商務省は発表した。

» 続きを読む

カンボジア ジャンル:
最終更新:2012年08月23日06:00

アディダス、プノンペンのファッション地区に参入

アディダス・ベトナム·カントリー·マネージャーRyan Hart氏は、プノンペンのシアヌーク大通りにオープンの新店舗のためにこの週末、アディダス・ダンス・チームのイベントに参加する。

アディダスは、カンボジアの最新のファッション地区となっているプノンペンの独立記念塔のすぐ西、シアヌーク通り90番地にスポーツ・ウェア・ショップを開店した。
開店初日は、新店舗に隣接した一角にテント張りのステージを用意し、メンズ、レディスのスポーツ・シューズ、トレーニング・ウェアなどを覗き見ることができるようになっており、プノンペンのファッション・フリークは、土曜の夜のアディダスの発売記念イベントを楽しみにしている。

アディダス・グループ・ベトナム・カントリー・マネージャーRyan Hart氏はベトナムからプノンペン入りし、MWグループのリテール・ファッション・ジェネラル•マネージャーAlan Ainsworth氏に合流するが、Ainsworth氏は、最近の成功に基づき、プノンペンの小売市場に自信満々だ。

Ming Wuoyグループが所有している新しいアディダス・ショップはアウトレット・ストアではなく、新品の、本物の高品質なアディダス製品を顧客が購入し、注文することができる、本格的なアディダス・ショップである。

Ainsworthは、Ming Wuoyグループが、1995年にNew Collectionというファッション・ショップをシアヌーク通りに開いたときに小売ファッションへの動きはすべて始まったと言う。

それ以来、MWグループは、Osimのウェルネス製品やOakleyのサングラスだけでなく、Pedro ShoesとURS Shoesもシンガポールから持ち込んだ。

「徐々に多くの人々がブランドを意識していくと私は思います。それは自然な成り行きです。私の娘もアディダスを欲しがっています」と彼は言う。

Ainsworthは、本物のブランド商品には、より高い価格を支払うだけの価値があると言う。トレーニング、サッカー、テニス、ゴルフなどのスポーツ・シューズの価格帯は60ドルから200ドルで、メンズ及びレディス、ファッション、スポーツのウェアの価格帯は24ドルから 150ドルまでである。

「アウトレット店は昨年の製品を販売しているかもしれませんが、私たちの店は、最新のアディダス・ファッションを販売しています。アディダスは、研究開発に数百万ドルを費やしています。人々はアディダス・オリジナル製品の使用のメリット、つまり、より快適で、より高い安定性、より耐久性のある製品であるということを理解し始めています。研究は、すべてのアパレル製品、靴製品の性能を高めることを目的としています。」と彼は言う。

「製品が良いので、うまくいくでしょう」とAinsworthは言う。「何の心配もありません。成功すると確信しています」

アディダス・ブランドの持ち込みについての最初の会話は3月に行われ、5月に契約にサインし、1ヶ月後には、ショップは準備ができていた。

「もっと多くのブランドが、シアヌーク通りに来ると思います。我々は多くのブランドが集まるファッション・ストリートにいます。」

店の品揃えは、スポーツ・パフォーマンスとオリジナルのカテゴリです。靴の多くはハイテクの排熱システムを備えた、クール・クライメット仕様となっています。

 

アディダスは、創設者Adolf "Adi" Daslerにちなんで名づけられた、ヨーロッパ最大、世界第2位の巨大スポーツメーカーで、バッグ、Tシャツ、時計、アイウェア、靴、他のスポーツや衣料関連のグッズを扱っている。

Ming Wuoy(MW)グループは、コスモポリタン・メンズウェア·ギャラリー、エジソン照明、Ming Wuoy家具及びメディアウェイという企業を抱え、カンボジアとミャンマーにはThe Placeというジムを所有しています。「我々が、シンガポールからPedroを持ち込んだとき、最初の6ヶ月間、非常にスローでしたが、年末にはベトナムまですっかりブームになっていました」 Ainsworthは言った。

» 続きを読む

カンボジア ジャンル:
最終更新:2012年08月13日06:00

アセアン・ガーメント&テキスタイル・フェア2012

カンボジアは8月29日から2012年9月1日までアンコールCOEX(シェムレアプ)でアセアン・ガーメント&テキスタイル・フェア2012を開催する。

フェアは、アセアン加盟国及びカンボジア縫製メーカー協会(GMAC)が協力して、国際博覧会および万国博覧会事務室(カンボジア商務部が議長)のためのカンボジア各省庁横断型委員会によって組織される。

今年のフェアは、カンボジアおよびアセアンをベースとあるトップ・メーカーの紹介だけなく、アセアン・ガーメント&テキスタイル会議およびアセアン・ファッション・ショーと題された2つの他のエキサイティングなイベントも共催する。

さらに、「アセアン経済相避難所」と題されるプログラムも、2012年8月25日から9月1日まで同時に開催される。繊維産業アセアン連盟(AFTEX)首席代表と協力するソース・アセアン・フルサービス・アライアンス(SAFSA)は、アセアン経済相会議議長であり、8月31日にすべてのアセアン経済相との会合に出席する予定の、カンボジア上級商業相H.E.Cham Prasidh氏から招待を受けた。繊維産業アセアン連盟(AFTEX)首席代表は、経済相に会い、かつアセアン経済共同体(AEC)統合に対する彼らの見通しを示す機会を持つことになる。それがアセアン経済相と、直接繊維産業に関する問題について議論する、絶好の機会であるので、これは繊維産業アセアン連盟(AFTEX)およびソース・アセアン・フルサービス・アライアンス(SAFSA)プログラムのための非常に重要なイベントである。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2012年08月01日06:00

カンボジア縫製工場労働者の給与上昇する

縫製工場と労働組合指導者の間で辿り着いた協定を受けて、カンボジア中の縫製工場は労働者の給料を1か月当たり10USドル上昇させることを了承した。

上昇額は、縫製工場労働者に対し家賃手当あるいは通勤手当の7USドルおよび出勤手当3USドルを含んでいる。

2012年9月1日以降の上昇の結果、カンボジアの縫製工場労働者は、10USドルの手当を含む73USドルの最低賃金を得られることになる。

合意は、フン・セン首相の依頼で行われた労働相VongSauthの交渉の下で得られた、とNang Sothy(労使関係上の政府私的ワーキンググループの副会長)が述べた。

賃金交渉が行われたのは、8月中には賃金引き上げを要求して、大規模抗議を行うという労働組合の先月の警告を受けてのものだった。

カンボジア最大の外貨獲得産業である縫製業は、昨年は、その前年の輸出を25%上回る、42億4000万USドルの製品を輸出した。

» 続きを読む

カンボジア ジャンル:
最終更新:2012年07月24日06:00

このページのトップへ戻る