インドシナニュース

カンボジアの衣料品輸出は活況

カンボジアの衣料品輸出の活況ぶりについてCambodia Dailyが報じている。

安全性に対する批判や時には暴力的な争議行為の発生、メーカーを追い払うかもしれないと警告されている最低賃金の引き上げにもかかわらず、カンボジアの縫製部門は政府の統計によると、急成長を遂げている。

国営通信社Adence Kampuchea Presse(AKP)に関する報告書は、世界経済の中でカンボジアの生産の大部分を構成する衣類や繊維製品の輸出は、今年上半期においてほぼ3割増と述べた。

AKPは、商務省統計を引用し、今年前半、繊維製品輸出は、対前年同期比32%増しの15億5800万米ドル相当に昇ったと発表した。

数字を見ると、武器以外はすべての方針の下、カンボジアに対し特恵条項を与えている欧州連合(EU)がカンボジア製繊維製品の最大受け入れ国アメリカに追いつこうとしている。

AKPによると、6ヶ月の期間で、欧州連合(EU)への輸出は、対前年同期比よりも約45%高い、5億3200万米ドルだった。米国への輸出は、対前年同期比で17%増加し、6億6000万米ドルだという。

商務省統計部部長Kong Putheara氏は、国家報道機関が発表した6ヶ月間の数字について詳しい説明はしなかったものの、輸出の伸びは、米国や欧州からの需要の安定の結果であったと述べた。

「国際市場が安定してきてり、欧米の人々の収入が増加しているので、衣料品輸出の増加は成長する輸出向け注文の結果である。」とPutheara氏は言った。

カンボジア経済協会暫定会長Srey Chanthy氏は、地域の状況が繊維製品生産国としてのカンボジアに有利に働いていたと述べた。

バングラデシュのダッカで1000人以上が死亡した4月の工場の崩壊に端を発した安全性の懸念を契機に、先月、米国は同国の特恵待遇を剥奪したため、カンボジアが生産拠点として魅力的な場所になると彼は述べた。

「それはバングラデシュの問題であろうと思いますし、また、中国では、人件費が高騰しています。」とChanthy氏は言った。「昨年6〜7ヶ月間で、多くの工場が新設されました。あっという間に建てられ、輸出のための生産を行っています。」

しかし、カンボジアでは5月に、Kompong Speu州Wing Star靴工場で2人の労働者が死亡し、11人が負傷したのと、プノンペンのMeanchey地区の別の工場でダイニングホールが崩壊し、20名の労働者が負傷するなど、2つの国際ブランドの供給工場の崩壊事件が起こっている。

これらの事件は繊維産業における安全性と国際労働機関(ILO)の主力監視プログラムBetter Factories Cambodaiの効果に疑問を提起した。

仲裁評議会から発表された数値によれば、同期間中に裁判所に持ち込まれた労働争議は、2012年上半期の114件に対して111件と変動なく推移している。仲裁評議会によって記録されたストライキの数は、2012年上半期が26件だったのに対し、2013年の前半は30件だった。

米国拠点の連帯センター(Solidarity Center)カンボジア所長David Welsh氏は、1月当たり14米ドルの賃金上昇は、交渉中に労働者側が警告していたような負の作用を持っていたわけではなかったと述べた。

「政府と[カンボジア衣料製造協会]は賃金が増加すればメーカーが逃げると主張したが、現時点でまだまだ参入が続いている。」とWelsh氏は言い、昇給自体は縫製工らの生活賃金にはまだ届かないと付け加えた。

「業界は活況を呈している。しかし、労働者には公正な取り分が必要です。」と彼は言う。

 

カンボジア ジャンル:
最終更新:2013年07月15日06:00

カンボジアは衣料産業モデルとして未成熟

カンボジアのアパレル生産の歴史は浅く、労働条件改善は困難である。

この小さな東南アジアの国は、労働者保護の目的で厳しく工場を監視していたために、世界のアパレル産業のモデルになると見られていた。

しかし、国連の国際労働機関(ILO)が好調なカンボジアのアパレル製品貿易を管理するための世界初のプログラムを立ち上げた12年が経ち、多くの工場では、労働者の権利の乱用を含めた基本的な問題をもっとしっかり監視する必要があったのだと労働運動家らは言う。

5月の2つのカンボジアの工場の事故では、かたや2名の死亡者が出て、かたや製靴工場の一部が崩れ、危険な状況が続いていると警告していた活動家らの指摘を裏付ける格好となった。カンボジアの野党は、労働条件を、7月28日に予定された国政選挙に向けての大規模なキャンペーンのテーマの1つにしており、現在の最低賃金レベルを現状から倍近くの150米ドルとし、労働時間を1日あたり8時間まで制限するよう求めている。

衣料産業を変えようとするカンボジアの戦いは、4月の縫製工場ビルの崩壊で1,100人以上がなくなったバングラデシュに教訓を呈するものである。あの事件以来、H&Mやウォルマートら小売業者は、工場の監視体制を強めると誓約している。一方、国際労働機関(ILO)は、カンボジアのプロジェクトから教訓を採り入れ、バングラデシュで工場監視のプログラムを実行することを考えていると次長Sandra Polaski氏は言う。

しかし、カンボジアでは経験不足で、労働条件を根本的に改善することは困難であるという。

「問題の核心はサプライ・チェーンの構築方法で、最も弱い労働者を搾取する方法です。」とアジアの労働問題に焦点を合わせた非政府団体アジア・モニター・リソース・センター所長Sanjiv Pandita氏は言う。労働運動家は、政府、工場、ブランド、さらにいくつかの組合さえ自身の経済的利益のために労働コストを抑えると言う。労働者は、たいてい非常に貧乏で、無教育で、レバレッジの作用がほとんど利かない。

「多くの不正がカンボジアにあります、」何年も工場改善に尽くしたのに、とLao Bunnaさんは言う。彼女は、首都プノンペンまでの未整備の道路沿いに立ち並ぶ、頑丈な柵で囲われたアパレル工場コンプレックスの1つで働いている43歳の女性である。

窓が少なく、通気が悪いので、Laoさんの工場の労働者らはしばしば眩暈を感じると言う。彼女の上司は、残業を拒否するなら解雇すると彼女ら従業員に言ったと付け加えた。工場経営者からの報復を恐れて、彼女は労働組合への加入を断った。

彼女の不満は、過度の時間外労働や酷暑の工場環境での強制労働を禁止し、労働組合結成の権利を保護することになっているカンボジアの法律や法の遵守を監視するボランティアの国際労働機関(ILO)プログラムと現実との乖離を指している。

工場の職員はこれらの問題についてコメントを差し控えた。カンボジア労働省長官Oum Mean氏は、取り締まりのために適所に適切な法律を持っているので、カンボジアの縫製工場にはそうした問題は存在しないと述べた。

「工場が労働法に従わないなら、罰します。」と彼は言う。また、カンボジアの労働コストは競争力があるので、投資家がカンボジアにやって来るし、牽いては、カンボジア人の暮らしを改善できるのであると述べた。

カンボジアは1990年代に世界のアパレル生産シーンで弾けた。1970年代後半に推定では170万人の生命を奪ったポルポト政権の大量虐殺からやっと立ち直ったばかりのカンボジアにとって、開発の専門家らは繊維産業を成長の屋台骨とするチャンスであると見做した。

廉価な労働力を利して、プノンペン住宅地域と郊外の水田などの農地に工場が出来ていった。カンボジア衣料製造協会書記長Ken Loo氏によれば、現在、462の輸出工場があると言う。彼は、古い記録を持ち出して、2001年には輸出工場の数はわずか185だったと言った。

しかし、急速な成長は労働搾取状態に対する不満を募らせた。活動家が解決策を求めたとき、米国の当局者は、1999年の取引協定をカンボジアと交渉した。カンボジア企業が労働基準を改善すれば、米国政府は、当時衣料品輸入の際にクォータのあった米国市場への参入を拡大すると申し出たのである。国際労働機関(ILO)は、改善の進捗を監視するために今日Better Factories Cambodiaという名で知られる団体を現地に立ち上げた。

Better Factories Cambodiaは、労働問題に関して、工場とビジネス・パートナーと一般大衆を教育する巨大な力だったと労働組合のリーダーと活動家は言う。プログラム開始以来、多くの工場の状況が向上していると言う。

プログラムは、工場が少なくとも最低賃金を支払うようにし向け、カンボジアでの中立的な仲介者として役割を果たしてきたとBetter Factories Cambodiaチーフ技術顧問Jill Tucker氏は言う。プログラムへの資金供出先は、カンボジアの国際的なバイヤーと政府と衣料製造協会だけでなく、米国などの外国政府にまで及ぶ。

しかし、国連プログラムは、先進国向けの衣料輸入のための割当てを設定した1970年代から続く多国間繊維協定(Multi-Fiber Arrangement)の失効で2005年には歯抜けとなった。クォータ制度の終焉は、米国が以前は圧力をかけて、工場を変えていた重要なレバレッジの原理を取り除いた。

工場の経営者らは米国市場への参入の保証を失うことを心配し、別の側面から国際労働機関(ILO)に迫り、Better Factoriesが公開レポートで縫製工場を名指しするのを止めるように要求したとPolaski女史は打ち明ける。彼らは、競争の激しい国際貿易環境の中で否定的な査定はビジネスにとって命取りになると考えた。

プログラムは同意したが、Polaski女史はこれをカンボジアの進歩を浸食した「誤った決定」と呼ぶ。プログラムは、現在、機密報告書を提出し、工場のビジネス・パートナーらにはそれらを買う選択肢が残されているだけである。また、プログラムは工場の名指しのない査定の公開概要を発表している。

国際労働機関(ILO)は、現在、世界中のあらゆる監視プログラムにおいて高い透明性を要求しているとPolaski女史は言う。その中には、カンボジアやバングラデシュのあらゆる潜在的ベンチャーも含まれる。

衣料製造協会のLoo氏は、工場には力がないので、プログラムを変更することはできなかったが、国際労働機関(ILO)の現在の報告方法は「名指しして、恥ずかしめる」よりはるかに良いと言う。

Better Factories主導の長期の有効性は最近の2件のレポートで非難の的となっている。その2件のレポートとは、カンボジアの共同体法的教育センターとオランダに拠点を持つClean Clothes Campaignによる2012年8月の評価とスタンフォード大学法学部学校と米国に拠点を持つ労働者権利協会による2013年2月のレポートである。それらが特定した未解決の課題の中には、過度の低賃金、独立した組合の欠如、組合に参加して利益を要求する労働者の権利の侵害があった。

5月に、カンボジアの最低賃金は、この10年間以上で、最大の上昇幅を記録し、月額66米ドルから80米ドルに跳ね上がった。これだけの上昇幅にもかかわらず、インフレ分の調整をすると、カンボジア人の縫製産業労働者の賃金は2000年当時と同等であると労働者権利協会東南アジア部門長Bent Gehrt氏は言う。

その間、経営者側は、労働者との契約について、3ヶ月もしくは6ヶ月の短期契約を多くし、労働者が組合に参加したり、ボーナスか産休を要求したりすれば、労働契約を容易に打ち切れるようにしていると評論家らは言う。2013年4月のBetter Factories Cambodiaのレポートには、評価した新規登録工場の90%では、労働者が皆、短期契約であると記されている。

「組合が口悪く言っているが」短期契約は言うほど悪いものではないと衣料製造協会Loo氏は言い、数ヶ月間は給料を保証され、満了でのボーナスを含んでいるので、実際には多くの労働者が好んでいると言い足した。彼は、また、弱い組合に関する不満も履き違いだと言った。「労働者こそ権利を濫用していますよ。カンボジアではどれだけストライキが起きていることか。」と彼は言う。

Better Factories CambodiaのTucker女史は、プログラムの影響が弱くなっていると認めるが、透明性を高めたりといった新しい戦略が助けとなることを望んでいると言う。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2013年07月11日06:00

カンボジアの繊維輸出、22%の増加

カンボジアにおける衣料産業は、同国の最大の外貨獲得産業だが、今年の年初より5ヶ月で輸出額20億6000万米ドルを記録し、対昨年同期比で22%増加したと商業省が報告した。

カンボジア製アパレル製品は、主として米国及び欧州市場に輸出されるが、他にも、カナダ、日本、韓国、中国などへも販売されている。

衣類の輸出は、現在のところ、国の輸出総額の80%以上を占める。昨年、カンボジアは衣類輸出から46億米ドルを獲得したと報告されている。

約51万600人の労働者が約500の工場で働き、毎月の最低賃金は80米ドルである。

賃金アップと労働条件改善を求めてストライキが頻発している。労働者自由貿易組合の報告によると、昨年、101の工場で約8万4320人の労働者が抗議活動を行った。

フン・セン首相は、メーカーがカンボジアを捨てて、ミャンマーやバングラデシュやインドなどの、より労賃の安い国へシフトするかもしれないと警告し、これ以上賃上げ要求の抗議をしないように労働者に求めた。

今月初め、米国スポーツ・ブランド「ナイキ」のアパレル製品を生産するSabrina縫製(カンボジア)で行われた激しい抗議活動では、ストライキ参加者と警察の間で衝突が起こり、8人の労働組合幹部と労働者が逮捕された。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2013年07月02日14:00

フン・セン首相、賃上げストライキ続発にメーカーのカンボジア離れを懸念

カンボジアの独裁者フン・セン首相は、賃上げを要求する抗議が各メーカーのカンボジア離れを引き起こすかもしれないと縫製労働者に警告した。

首相の発言は、一連の賃上げ抗議の後、何百人もの労働者が米国の巨大企業ナイキのスポーツウェア生産工場を首になったという組合の申し立てを受けてのものである。

カンボジアの労働者は、西洋のトップ・ブランド向けに商品を生産する、何十億ドル規模の繊維産業の中にあって低賃金と厳しい条件に反対デモを繰り返している。

現在、労働者の給与は、残業代も併せて1ヶ月あたり約110米ドルである。

度重なる抗議で、各社は労賃がさらに安いミャンマーやラオスやインドに移動するかもしれず、国の有利な衣料産業をあやうくするかもしれないとフン・セン首相は述べた。

「投資家がいなくなれば、我が国にとっては大きな損失です。」とフン・セン首相は国営ラジオ放送で演説した。

「衣料や履物の工場はいとも簡単に国外へ逃げだします。」と彼は言い、「賃上げ要求については慎重に」するように労働者に警告した。

首相は、毎月約4億8000万米ドルが国中で労働者に支払われていると言う。

繊維産業は約65万人を雇い、西洋トップ・ブランド向けに衣類を生産するが、これはカンボジアの主要な外貨獲得手段である。

AFPのカメラマンによると、首都プノンペンの工場の外でスウェーデンのファッション・ブランドH&Mに健康手当の支払を求めて、労働者の数百名が道路を塞ぐ騒ぎがあった。

これは、ナイキ向けに生産しているKampong Speu州南部の工場で6月3日に警察がデモ隊を鎮圧する際に、10人の労働者が負傷した後の出来事である。

16人の縫製労働者と労働組合の代表が抗議の間の暴力と器物破損で告発されているとKampong Speu州裁判所のChhim Rithy裁判官はAFPに話した。

8人の活動家がなお拘留中であると裁判官は言い足した。

1週間前に、暴動警察はストライキ参加者に対して警棒を振るい気絶者が出たと言われている。

デモ参加者は、妊娠中の女性がその弾圧で流産したと言い、集会鎮圧に過度の暴力を使用したとして警官を訴えた。

労働組合員はフン・セン首相のコメントを拒絶した。

「(首相は)労働者が直面している苦労をわかっていません。」と自由貿易組合リーダーChea Mony氏は言う。

「だいたいにして、工場経営者は法律も守らないし、労働者の権利も尊重していません。」

 

 

カンボジア ジャンル:
最終更新:2013年06月26日06:00

カンボジアの縫製業は危機に晒される

カンボジアの衣料産業は隣国と外国人の買い手の間で成立しそうな免税協定で脅かされるかもしれないとカンボジア、Cham Prasidhカンボジア商業相は述べた。

ベトナムやミャンマーを含むカンボジアの競争相手国が、最近、米国とEUとに自由貿易協定を提案し、それが成立すれば、カンボジアの衣料産業向けの注文が減少するかもしれないとPrasidh商業相は記者会見で述べた。

商業相は、ベトナムが無税で衣類を米国に輸出しはじめたら、カンボジアの衣類は課税対象になっているため、カンボジアの衣料産業が危機に晒されると指摘した。

したがって、米国、EU、他の地域の貿易相手はカンボジアから免税協定に調印した他国に注文をシフトするだろうとPrasidh商業相は言い足した。

商業相によれば、ミャンマーが米国とEUと共に交渉を開始しており、まもなく貿易協定が成立しそうである。カンボジアと比べて、競争国の衣料産業は、カンボジアと比べて、低い電気料金で、ストライキや抗議も少ないという利点があり、それらは輸入業者におっても大きなメリットとなる。

カンボジアの衣料輸出は、本年度年初から3ヶ月で、対前年比17.5%増加し、13億4000万USドル達するという物凄い成長を示した。

カンボジアの衣料産業は国の全体の輸出の約80%を占めている。

 

カンボジア ジャンル:
最終更新:2013年06月24日14:00

カンボジア:300名近くの縫製工がストライキに際して解雇される

組合と通知書により、米国スポーツウェア会社のナイキ(NKE.N)向けの衣料品を生産するおよそ300人のカンボジア人の縫製労働者が、賃金上昇を求める過激化したストライキに参加したことで解雇されたことが明らかになった。

安価の労働力は西洋ブランドを東南アジアの国に引き付け、衣料品は、現在、輸出の約75%を占めるが、一方で賃金と労働条件を巡ってのストライキも頻発している。

Sabrina衣料製造(カンボジア)の労働者何千人が、賃金アップを求めて5月21日からストライキに入った。

火曜日に、労働者数百名は、6月3日に逮捕された8人の労働者と労働組合員の解放を要求するために地方の法廷で異議を申し立てたが、当日、約4000人の労働者が工場に押し入り、仕事に残っていた同僚と衝突した。

この工場の労働者で構成される、ある組合は、288人の労働者が6月6日と7日の両日に首になったと言う。彼らはストライキに参加したために解雇されたとこの組合は言う。

「これは完全に不法です。」と解雇に関して自由貿易組合委員長Chea Mony氏は述べ、当局により暴力を目撃したと言われただけの人々を会社は首にしたと付け加える。

「ストライキは合法です。」と彼は言い、Sabrinaは交渉を拒否しつづけていたと付け加えた。

ロイターによって見られた解雇通知によると、労働者は、ストライキ参加者が工場の外で警察と衝突した5月27日から6月3日までの抗議の間、労働法と工場の社内規定を無視したために首にされたという。

あるSabrina職員に訊いたが、コメントを断られた。

労働者は、5000名以上を雇用する会社に対し、74ドルの最低賃金に加えて、通勤手当、家賃手当、健康手当の代価として14ドルの支払を求めていた。

ストライキ参加者の多くが数日後に職場に復帰した。労働組合員によると、1000名近くが未復帰のままという。

国際労働機関(ILO)はカンボジアの多くの工場にて給与と労働条件を監視しているが、ストライキと時々乱暴になる抗議の数が上昇中で、熟練労働者の不足に乗じて組合は賃金上昇と安全状況の改善を要求している。

主要産業団体であるカンボジア衣料製造協会よると、カンボジアの30万人以上の縫製労働者による昨年のストライキの数は、対前年比4倍近くの134だった。今年、今までですでに48件のストライキが起こっており、2010年と2011年の年間数よりさらに多い。

 

カンボジア ジャンル:
最終更新:2013年06月21日06:00

カンボジア、全国シルク委員会計画中

カンボジアでは、全国シルク委員会(NSB)が、絹織工のしかるべき組織を欠いている国の製糸業に枠組みの計画を立てるために商務省の下で形成される。

カンボジア商務相Cham Prasidh氏は、phnompenhpost.comによると7月下旬に国政総選挙が終了後直ちに、委員会はカンボジアの製糸業の多方面について取り決めた規則1通発表することになると言う。

Prasidh氏は、計画された枠組みによって、カンボジアで作り出されるシルクの品質向上のための公認過程を作成し、官民両セクター間のパートナーシップを調整して、カンボジアの製糸業に関連するすべての必要事項を記録する手続きを立ち上げるのが可能になると言う。

貿易業種拡大政策(貿易SWAp)提案における最優先案件の中に絹の貿易があり、新委員会は絹の貿易促進の手助けをすると商務相は言い足す。

商務省が貿易業種拡大政策(貿易SWAp)によって提示された計画やカンボジアの貿易促進のための政府提案を承認すると、全国シルク委員会(NSB)では、カンボジアの天然クメール絹の貿易の発展を助けるだろうとPrasidh氏は言う。

また、カンボジアの製糸業を発展させると、絹織りに従事している女性は喜ぶだろう。この産業は、約2万人の絹織工、主に女性を雇い、国のGDPに2500万米ドル貢献している。

 

カンボジア ジャンル:
最終更新:2013年06月14日14:00

カンボジアの縫製業、拡大中

カンボジア最大の繊維産業の成長を反映して、衣類の輸出と衣料品の材料の輸入のいずれもが、対昨年第1四半期比で17%以上上昇した。

商務省からのデータによると、衣料品輸出と繊維材料の輸入は、今年1月から3月までで17.5%上がり、13億4000万ドルに達した。 そのうち、生産用の輸入材料は7億5300万ドルで、18.3%増加した。

「私たちはこの間、バイヤーからの受注増加に気付きました。また、同時に、毎月新規の工場の数が増加していますし、そうなると、機械と原料を輸入する必要があります。」とカンボジア衣料製造協会(GMAC)高官Cheat Khemara氏は昨日述べた。

繊維産業の成長は他国、特に中国の最低賃金が上昇したためで、それが、多くの工場をカンボジアに進出させたと彼は言った。「私たちカンボジア衣料製造協会(GMAC)は毎月10~15の新規工場か、あるいは、少なくとも4、5社の新しい加盟企業があります。」

カンボジア衣料製造協会(GMAC)には、およそ500の衣料と製靴工場の会員企業があるが、工場の総数は、それより多くて、というのも、多くの企業が協会に加盟していないからである。

カンボジアは原料をアジア、特に中国、日本、および韓国からほとんど輸入しているとKhemara氏は言う。一方で、欧米がカンボジア製衣類のメインバイヤーであると付け加えた。

衣料産業はカンボジアの最大の外貨獲得手段であり、輸出の80%以上を占めている。

 

 

 

カンボジア ジャンル:
最終更新:2013年06月10日06:00

カンボジアの縫製工場労働者数千人が警官隊と衝突

月曜日にカンボジアで米国スポーツウェア会社ナイキ向けの衣類を作る工場で賃金に関する抗議を終わらせるために入って来た警察が警棒を使い、少なくとも23人の労働者が負傷したと労働者と労働組合代表は語った。

首都プノンペンの西のKampong Speu州でSabrina衣料製造の工場の外で、道路をブロックする約3,000人(そのほとんどは女性)の労働者を動かすために暴動鎮圧用装備がある警察が配備された。

合衆国のナイキの広報担当者は、同社は従業員らの申し立てを「懸念」して、調査をしていたとロイターにメールで伝えた。委託製造業者が従業員の結社の自由の権利を尊重することをナイキも必要条件としていると広報担当者は言い足した。

Sabrina社の自由労働組合(FTU)委員長Sun Vanny氏は、負傷者の中には憲兵隊に倒され、妊娠2ヶ月の子供を流産した女性もいたとロイターに語った。

「妊娠している女性もいたんですよ。彼女は出血して、赤ん坊を失いました。」

国際通貨基金によると、2011年のカンボジアの輸出総額52億2000万ドルのうち、衣類は75%を占める。

廉価な労働力は西洋ブランド向けに衣類や靴を製造するメーカーを引き付けてきたが、賃金や労働条件に対する不満からストライキが多発している。

今月、アシックス向けにランニングシューズを作っている工場で2人の労働者が倉庫の一部が倒壊し死亡した。

工場の倒壊で従業員1000人以上が亡くなった先月の事件などバングラデシュの工場の一連の死傷事件は、西洋市場のために商品を作るアジアの工場の安全性に世界中の注目を集めた。

5月21日以来、ナイキ向けのアパレル製品を作っている労働者が、ストライキと抗議を続けていたとSun Vanny氏は言った。5000人以上を雇う会社に1ヶ月あたり14ドルの通勤・住居・健康手当を、74ドルの最低賃金とは別に支払うよう要求していた。

「警察は、電気警棒を使って私の頭を打ちました。他の労働者が私を引き放さなかったら、私は今頃死んでいたでしょうに。」と28歳の男性労働者Leng Prosさんは病院のベッドからロイターに言った。「何が起こったかわからないまま、地面に倒れました。」

警察と憲兵隊の職員は衝突について調査中としてコメントを差し控えた。

 

 

カンボジア ジャンル:
最終更新:2013年06月03日06:00

ILOは名指しでカンボジアの縫製工場を批判の構え

国際労働機関(ILO)は、地域の安全要件に従わないカンボジアのアパレル縫製工場を名指しで批判する準備をしている。

国際労働機関(ILO)は、安全要求事項に従わないカンボジアのアパレル縫製工場に対して、1度だけ猶予するが、それでも従わない場合は名前を公表して批判すると言う。

国際労働機関(ILO)のベター・ファクトリ・カンボジア・プログラムの首席技術顧問Jill Tucker女史は、国のいくつかの工場が地元の労働法に従うための努力を全くしていないとラジオ・オーストラリアのアジア太平洋部に述べた。

「私たちは、現在、労働法の遵守を数年間にわたって拒否する工場の情報を提供するためにカンボジアの政府と共に動いています。」と彼女は述べた。

「こうした会社に対して、公的に情報を明らかにする前に、変更を行う機会を1度だけ与えるつもりです。」

カンボジアの縫製産業は、2名の死亡者が出た、今月の工場の部分的倒壊でショックを受けている。

数日後には、別の工場で倒壊が起こり、20人以上の労働者が傷害を負った。

「それは私たち皆に緊急の注意を促すものです。」とTucker女史は言う。

労働法に従わない工場については断固たる処置を行うよう、国際労働機関(ILO)はカンボジア政府に促していると言う。

「建物の安全に関して、すべての工場が独立機関からの評価を受けることを強く勧めています。」と彼女は言う。

 

'急激な成長'

工場が繊維産業の急激な成長について行くことができないなど、カンボジアのアパレル産業には他にも健康と安全に対する心配があるとTucker女史は言う。

「中国で衣類を生産するのは高価になり過ぎています。」とTucker女史は言う。

「カンボジアの繊維産業の成長の大方は中国生産の大出血によるものと言ってもいいでしょう。」

しかしながら、カンボジアとバングラデシュの衣料産業の間には重要な違いがいくつかあるとTucker女史は言う。

「ここには本当に活動的な組合、結社の自由のための非常にオープンな環境がありますが、現在、バングラデシュはそうではありません。」

国際労働機関(ILO)が今年カンボジアのアパレル産業戦略を実行すると彼女は言う。

 

カンボジア ジャンル:
最終更新:2013年05月28日06:00

«前のニュース || 1 | 2 | 3 |...| 52 | 53 | 54 |...| 56 | 57 | 58 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る