インドシナニュース

カンボジア:縫製労働者が未払賃金を要求

プノンペンのメンチェイ地区にあるHeng Xin Textile100人以上の社員を代表する約50人の縫製工場の労働者が、工場閉鎖後の89月の賃金未払に対し、108日、労働省の前で抗議活動を行った。

代表のPov Lina(28) によれば、工場は9月初旬に閉鎖され、中国人の工場所有者は労働法で定められた補償をしていないという。

「私たちはただ工場所有者に法律に従って補償してほしいだけです。なぜなら工場は私たちに知らせられずに閉鎖され、給与が支払われなかったからです」と彼女は言う。Lina氏は、工場労働者の日々の生活費の支払いは困難になっており、家賃未払を理由に家主から立ち退きを求められる恐れがあると述べた。工場閉鎖以来、労働者らは工場の前で、設備が取り外されないように監視をしているという。

「今年はお金もなく、工場を監視していたため、家族と盂蘭盆を祝うために帰省しませんでした。私たちの問題が解決されるまで、昼夜問わず監視を続けています」とLina氏は述べる。彼女は、労働者らは労働法に基づいて退職金やその他給付金を要求しているという。

労働者であるChak Srey Oun氏は、労働省が迅速な解決策を見つけられなければ、労働者たちの住む場所がなくなるだろうと話した。

「私たちは労働法が規定する以上のことを要求していません。私たちは工場のために働きました。雇用主はそれに応じて私たちに支払を行わなければなりません」と彼女は言う。Oun氏は、労働者は事前通知なしの工場閉鎖の理由を知らされていないと述べた。

入手したIth Samheng労働大臣に提出された嘆願書によれば、労働者は彼に介入を求めており、工場が操業停止した場合は、未払賃金と解雇手当を支払うよう工場所有者に要求している。そして嘆願書は、工場が賃金支払を拒んだ場合は、政府が労働者に対し給与支払を行うとともに、工場所有者に対して法的措置をとり、設備を押収することを要求している。

カンボジア縫製労働者民主組合連合のコーディネーターであるKhim Makara氏は、労働省は嘆願書を受領し、行動を起こすためにSamheng大臣とそれを共有することを約束したと述べた。

「問題が解決しない場合は、来週もう一度労働省に訪問します」とMakara氏。彼は、労働者らは問題が解決されるまで工場の前で監視を続けると付け加えた。その上で、「企業経営や工場設立はできても賃金未払のまま逃げてしまう雇用主に対し、政府は厳格な措置を取って欲しいのです」と強調し、このような事態が起こらないよう、政府はより厳しい法律を制定すべきだと述べた。

労働省の労働争議委員会副委員長であるKhieu Savuth氏は、労働省は労働者のために法に基づく解決策を模索していると述べた。

「工場所有者はカンボジアに在住していますが、破産したと主張しています」と同氏は言う。Savuth氏は、労働省が解決策をどのくらい早く見つけられるかは分からないと述べる。108日時点で、Heng Xin Textileの関係者からのコメントは得られていない。



カンボジア ジャンル:
最終更新:2019年10月11日11:01

カンボジア:フン・セン首相、最低賃金の引き上げを擁護

フン・セン首相は102日、縫製工場の労働者に対し、来年の最低賃金の引き上げは昨年の引き上げほど高くない理由を理解するよう求めた。

政府は来年の賃金を8米ドル引き上げ、2019年の引き上げと比較すると4米ドルの減少となった。

全国最低賃金委員会は先月、最低賃金187米ドルの決定に同意し、フン・セン首相は3米ドル追加した。現在の最低賃金は月額182米ドルで、昨年の170米ドルと比較して12米ドルの増加した。

フン・セン首相は、 Koh Pich展示開場での大学卒業式にて、成功するためにはカンボジアのアパレル産業が競争力を持つ必要があると述べた。

「私は、労働者を代表して交渉した労働職業訓練省の三者ワーキンググループに感謝したいと思います。2020年の最低賃金を182米ドルから190米ドルに引き上げることができました。2019年の最低賃金は12米ドル増加しましたが、2020年には、競合国である近隣諸国の賃金がカンボジアよりも低いため、8米ドルのみの上昇なのです」と述べた。

フン・セン首相によると、バングラデシュの縫製工場労働者は月額90米ドルを稼ぎ、ラオスおよびミャンマーの従業員はそれぞれ135米ドル、120米ドルを稼いでいるという。

「最低賃金が我々よりも低いため、縫製工場がこれらの国々に移管することを懸念しています。工場労働者の皆さん、この状況を理解してください」と付け加えた。

フン・セン首相はまた、アパレル労働者に部屋を借す家主は家賃の値上げを控えなければならないとも述べた。

「私は、すべての賃貸住宅所有者の皆さんは家賃を上げすぎないよう願います。もしどうしても値上げが必要なら、2米ドル以上は上げないでください」と述べ、アパレル労働者への水および電気の供給を担当する役人もそれに応じて価格を調整しなければならないと付け加えた。

プノンペンのMeanchey地区で働いているタケオ州の縫製労働者のSoy Sayさん(23)は、彼とルームメイトは昨日、部屋に45米ドル支払ったが、彼らは家賃の値上げを心配している。

(昨年)最低賃金が上がった後、借りている部屋の家主が家賃を5米ドル値上げしました。彼女は来年も同じことをするのではないかと心配しています」とSayさんは語り、家主はフン・セン首相の指導に従うべきだと述べた。

2米ドルの増加は妥当です。しかし、私は家主が政府に耳を傾けないことを懸念しています」と述べた。

これらの部屋のうち10室をカンダル州の労働者に賃貸する不動産所有者のRong Odom氏は、来年は部屋の家賃を引き上げないと述べた。

Odom氏は、家具無の部屋1室あたり月額30米ドルを請求していることに触れ、「最低賃金の引き上げに関係なく、来年の価格は引き上げません」と述べた。

全国労働組合連合のFar Saly会長は、家主は今年の賃上げは昨年よりも低いことを理解すべきだ、と訴え、「家主は労働者の状況について理解すべきだと思います。労働者の生活水準向上のためにお金を節約できるように、家主は家賃を上げることを控えるべきです」と述べた。



カンボジア ジャンル:
最終更新:2019年10月09日10:23

カンボジア:米国への輸出は前年比で30%増加

米国へのカンボジアの輸出は、昨年の同時期に今年の最初の7ヶ月間で29.73%増加したと、米国国勢調査局のデータが示している。

同時期のカンボジア製品の米国への輸出額は274900万米ドルで、昨年の211200万米ドルから増加した。

カンボジアの米国からの輸入額は7か月で3700万米ドルで、前年同期の24370万米ドルから25.97%増加した。

20167月に一般特恵関税制度(GSP)の下で、ハンドバッグ、バックパックなどの旅行用品が免税措置対象となって以来、カンボジアの米国への輸出は増加を続けている。

155人の会員を擁するカンボジア履物協会会長のLy Khunthay氏は924日にThe Post紙に、カンボジアの輸出を信頼したバイヤーが増加の理由の一部であると語った。

「私たちが見るように、高品質のカンボジア製品は米国、カナダ、日本、ヨーロッパからのバイヤーを引き付けており、彼らは私たちからさらに注文を続けています。今年は輸出がさらに増えると思います」と彼は言った。

今年上半期、GSPおよび最恵国(MFN)のステータスに基づく履物輸出は、昨年上半期と比較して14.61%増加して56300万米ドルを超えた、と商務省のレポートが示している。

カンボジア商工会議所副議長のLim Heng氏は、カンボジアに衣料品および履物産業の新しい工場の設立、および電子機器の製造もカンボジアの輸出成長に貢献したと指摘した。

中国と米国の間の貿易戦争からもカンボジアは利益を得たと彼は述べた。

「(国際的な)工場が米国に再輸出するために生産ラインをわが国に移すので、我々は中米貿易戦争の恩恵を受けています。中国に輸出するいくつかの米国工場も、カンボジアを含む東南アジアに移動しました」と彼は述べた。

また、カンボジアから米国への輸出の増加は、輸出を加速させた商品輸送手順の複雑さを簡素化する政策にも一部起因していると述べた。

カンボジア衣料品製造業者協会によると、今年上半期に34の新しい工場が開設され、そのうち2つが履物を生産し、32が旅行用品を生産している。

商務省の数字によると、今年上半期のGSPおよびMFNの下でのカンボジアの輸出(衣料品、繊維製品、履物、ハンドバッグ、バッグ、米と自転車を含む)は155300万米ドルを超え、13900万米ドル増加した。

カンボジアは、昨年、米国とって57番目の輸入品供給国であり、104番目の輸出市場だった。カンボジアから米国への輸出額は昨年38億米ドルだったが、米国からカンボジアへの輸出額は44700万米ドルだった。



カンボジア ジャンル:
最終更新:2019年09月27日18:36

カンボジア:アパレル工場労働者の最低賃金は来年190ドル

労働組合、雇用主、政府は、生活水準を改善するには足りないと言っている労働者もいるにもかかわらず、アパレルおよび履物工場の労働者の最低賃金を来年8ドル引き上げることに同意した。

労働者らの現在の最低賃金は182ドルだが、来年1月から190米ドルとなる。

決定は、920日の最低賃金に関する最終会議中に三者によって行われた。

労働省は会議後、最低賃金のための全国委員会が最低賃金として187ドルを決定し、フン・セン首相が3ドルを追加することを決定したと述べた。

同省は、労働者は引き続き、勤務手当として月10ドル、通勤手当と住宅手当として月7ドルなどの手当てを別途支給されると述べた。

「このような共同の結果を得るために話し合い、理解する限り、私たちの国は発展を続け、人々は王国の繁栄を享受できると確信しています」とIth Samheng労働大臣は述べた。

Samheng氏は、カンボジアの最低賃金は190米ドルに対し、ベトナムは120米ドル、インドネシアとラオスは110米ドルであると指摘した。

フン・セン首相によって追加された3ドルは、以前の『おまけ』よりも低い。過去数年間、首相は、労使が最終的に合意に達した金額に5ドルを追加していた。

しかし、カンボジアの衣料品製造業者協会は最近、雇用主に対する追加の財政的負担のために業界の競争力を低下させるため、合意された賃金を5ドル上げることを控えるよう政府に要請していた。

GMACの代表者であるNang Sothy氏は、最終会議後に記者団に、新しい最低賃金は受け入れられると語った。

「会社側はこの数字を受け入れて喜んでいます。それは私たちが合意した規則に基づいているからです」とSothy氏は語った。「他の要求については、組合と会社は後で政府と話し合うでしょう。また、政府が企業にとってより有利になるよう(生産性の向上を)政府に要請します。」

政府がこの地域の国際間競争力を高めるために、祝日数を減らし続けるべきであるとも彼は述べた。

カンボジア労働組合総裁のAth Thorn氏は昨日、繊維・アパレル産業には何十億ドルもの利益をもたらす可能性があるため、賃金の引き上げに満足していないと述べた。

「経済を見ると、カンボジアは依然として最大100億ドルの輸出可能性があり、競争力も高いです」と同氏は述べ、同国の生産性は12.2%上昇したと述べた。

不利な社会的および経済的条件のために、賃金上昇は8ドル以上であるべきだと彼は主張した。Thorn氏は、来年の祝祭日を廃止するという政府の決定により、繊維・アパレル工場の労働者はボーナスを削減されると述べた。

労働運動団体連合のPav Sina会長は920日に、この増加を歓迎し、政府に提出された14件の要求を実施することにより、同省が労働条件の改善を検討することを望んでいると述べた。

これらの要求には、無料または安価な食事、より安全な輸送、および観光、サービス、建設の分野の人々の最低賃金の引き上げが含まれる。

繊維・アパレル工場労働者の最低賃金は毎年上昇するが、一部の工場労働者は、経済的および社会的条件により賃金上昇を実感できていないと主張している。

プノンペンのWD縫製工場の労働者であるKong Sopheapさんは、8ドルの増加を受け入れたが、その金額では生計は改善しないと述べた。

「この金額を受け入れますが、私の生活水準と1日の支出の足しにはなりません」とSopheapさんは、王国の最低賃金は月額200米ドルであるべきだと述べた。「そうなれば私たちにとって本当に良いことで、将来のためのお金を節約できます」

「賃金が上がると、家賃や食費なども上がるのではないかと心配しています」と彼女は付け加えた。 「家賃は年間5ドル上がって、食事も1食あたり1500リエルから2000リエル[$ .50]上がりました。政府に行動を起こして、こうした値上げをやめさせてほしい」

縫製工場の労働者であるSaing Chanryさんは、経済状況により最低賃金は200ドルを超えるのが理想的だと述べた。

「月額190ドルはまだ低すぎて生活水準を改善できないと思います」とChanryさんは言う。「食費、電気代、水道代はもっと高いんです」



カンボジア ジャンル:
最終更新:2019年09月25日11:47

カンボジア:アパレル労働者向けの人件費、4.4%の最低賃金引き上げ

カンボジア政府は920日、アパレル産業の最低賃金を引き上げを発表した。同産業労働者は強力な政治圏を構成しており、同国最大の輸出産業の稼ぎ頭である。

労働職業訓練省は、1月から最低賃金を182米ドルから4.4%引き上げ190米ドルとすると発表した。この増加は、労働組合が要求する月額195米ドルには満たないが、工場所有者らが提案する186米ドルよりは高い。

アパレル・履物産業はカンボジア最大の輸出部門であり、約1000の縫製工場および履物工場で約80万人を雇用している。2018年、東南アジア諸国は100億米ドル相当の製品を米国およびヨーロッパに出荷した。

同省は、残業手当などの他の給付が計算に含まれれば、労働者の月収は月平均207218米ドルになると述べた。

首都プノンペン周辺および輸出加工地区に集まった同産業の労働者は、フン・セン首相の忠誠心が訴えようとしている重要な政治勢力である。

一般的に彼らは40年にわたって権力を握ってきたフン・セン政権に反対する主要政党の支持者であった。労働者の街頭での動員能力は政府にとって長い間懸念事項であり、労働者にとってはしばしば労働運動だけでなく政治的抗議において主要な役割を果たしている。

昨年の総選挙のキャンペーン中に、フン・セン首相はアパレル労働者と複数回に亘り大きな集会を開き、そこで寛大な利益を約束した。

フン・セン首相が勝利した選挙では、裁判所が投票前に唯一の信頼できる野党であるカンボジア国民救助党を解散したため、右派団体および多くの西側諸国によって不公平かつ非民主的であるとして非難された。政府はメディアや他の批評家らにも弾圧をかけた。

フン・セン首相のそのような行動により欧州連合は、カンボジアからの輸入品について、免税および割当免除の優先ステータスを撤回するプロセスを開始したと発表し始めた。カンボジアは「人権と労働権に関して深刻な欠陥がある」と彼らは述べている。

欧州は6ヶ月間の監視プロセスを開始し、カンボジアが改革を実施できなかった場合、貿易特恵の撤回は来年初頭に決定される可能性がある。

カンボジアは、EUが武器以外の製品の欧州市場への優先的なアクセスを許可する『武器以外のすべて(EBA)』制度を導入している多くの発展途上国の1つである。

カンボジア最大の産業であるアパレル産業は同貿易特恵に大きな影響を受ける。

労働職業訓練省は、雇用主、労働者、政府代表委員会による2日間に亘る緊張した交渉の末、賃金決定が下されたと述べた。

労働者運動労働組合の組合長であるPav Sina氏は、カンボジアのアパレルおよび履物産業が欧州連合の貿易特権を失う可能性に直面している間、賃金の上昇は容認できると述べた。

雇用団体であるカンボジア縫製業協会のKen Loo会長は新しい賃金を支持した。

「私たちは、カンボジアで事業を行うためのコストを下げるために、より多くの改革が行われることを望んでいます」と述べた。Loo会長は政府が2020年に祝日を6日間に減らしたことに対し、生産性と競争力を高めることになると感謝した。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2019年09月24日10:33

カンボジア:投資家の獲得が予想される新しい履物協会

カンボジア履物協会(CFA)の設立により、カンボジアは履物業界への投資家の獲得が期待されている。

「過去数年間のカンボジアの履物産業の驚異的な成長で、履物業界を支持し促進するための一つの声として、協会の設立の要求がありました。」と914日のCFA立ち上げでLy Khunthay会長は述べた。

「我々は、市場の流れを改善する重要なタスクに焦点を当てるでしょう。その方法は、有利な貿易環境を維持すること、そして貿易取引やパートナーシップ対話を通じてカンボジア市場を訪問し投資するために、世界中の投資家を動員することです。」と彼は述べた。

Khunthay氏は、カンボジアの履物産業の成長に期待しているとポスト紙に語った。

CFAは国際履物協会連盟に加盟し、就任式に出席する為、日本、インド、中国、香港、台湾を含む11ヵ国の履物メーカーの代表団を招いた。

「我々は、投資家にカンボジアの履物工場を訪問してもらいました。彼らの訪問後の投資と工場の設立を願っています。」と彼は述べた。

現在、カンボジアには83か所の履物工場と70の履物素材業者が登録されており、いずれもCFA会員である。

この部門では約130,000人の労働者を雇用しており、プノンペン、カンポンチャム、タケオ、コンポン・スプー州、カンダル州、スバイ・リエン州バヴェット町を拠点とした工場があります。」とKhunthay氏は述べた。

「当協会はカンボジアのすべての工場を代表し、関係省庁との情報と調整を提供します。例えば、法的問題に関する雇用者向けの簡単なセミナーを開催し、海外における履物業界の会議で代表団を率いたりします。」と彼は言った。

カンボジアの履物業界の投資家は、中国、台湾、マレーシア、日本、韓国から来ており、その市場はヨーロッパ、米国、日本、カナダ、オーストラリア、アセアン諸国である。

就任式に出席した国会関係監査省のMen Sam An大臣は、CFAと履物企業に対し、業界の発展と国際市場における競争力の強化に向けた取り組みを強化するよう要請した。

「私は、仲介人としてこの協会の設立を全面的に支援し、政府や民間セクターと協力し、カンボジアの履物生産部門の促進と発展に貢献します。」と彼女は述べた。

カンボジア商工会議所のLim Heng副会長は、協会は投資パートナーを見つけ、カンボジアの履物工場が直面する課題を解決する手助けをするとポスト紙に語った。

「この協会は、購入者と交渉し、国際労働機関(ILO)や政府と協力する声として機能します。課題に直面したとき、CFAは彼らとの取引で履物工場を支援するでしょう。」と彼は述べた。

商務省の報告書によると、今年上半期には、履物の輸出は米国の一般特恵関税制度と最恵国待遇プログラムの一環として生産され、前年同期比14.61%増加し、56300万米ドルを超えた。

ILO7月に発表した報告書によると、カンボジアは履物生産国のトップ10に入り、昨年は10億米ドル以上の履物製品を輸出し、2017年から19%増加した。

カンボジアの主な履物の輸出市場は、ヨーロッパ(46%)、米国(17%)、日本(12%)である。

カンボジア国立銀行の2018年の報告書によると、カンボジアの衣料品および履物の輸出は、昨年2017年の80億米ドルから24%増えて、去年は100億米ドルの規模を誇った。



カンボジア ジャンル:
最終更新:2019年09月22日03:31

カンボジア:来年の最低賃金を巡る交渉はなお継続

繊維・アパレル、履物産業の約80万人の労働者に影響を与える来年の最低賃金は、両当事者が合意到達に向けて、今週引き続き交渉を行うと労働職業訓練省は述べた。

労働者の代表者はすでに月額199ドルから197ドルに要求額を引き下げることに合意している一方、雇用主の代表者は月額184ドルから​​184.50ドルに引き上げることに同意している、と述べた。

現在のカンボジアの最低賃金は月額170ドル。

国際労働機関(ILO)は、最低賃金が昨年から45%増加すると計算している。

同省のスポークスマンHeng Sour氏は、今週の会議により、927日にプチュムベンのお祝いが始まる前に、両当事者が共通の数字に達することができると915日にPost紙に語った。

「交渉の雰囲気には、ある程度の成熟度と相互理解があります。ILOが、関係者、特に組合の能力と、経済原則と賃金設定の基準についての理解を向上させてくれたことに感謝します」と彼は述べた。

交渉中に雇用主の代理を務めたNang Sothy氏は、915日にPost紙に、徹底的な算定を行った後にオファーを提出したと語った。

最低賃金全国協議会の副所長でもあるNang Sothy氏は、算定には多くの要因を考慮に入れたため、雇用者は過去5回の会議でより高いオファーを出すことができなかったと述べた。

これらには、欧州連合の武器を除くすべて(EBA)の合意と米国の一般選好システムの両方を失う可能性のある放射性降下物が含まれている。

1ドルまたは0.50ドルでさえ賃金を上げることは簡単ではありません。なぜなら、アパレル生産は数セントで計算されるからです。そのため、雇用者は議論の際に厳しい姿勢を維持しなければなりません。最後に、合意に達しなかった場合、民主的な投票によって賃金を決定します」と彼は言った。

Som Aun氏は、会議でアパレル工場労働者を代表しており、両当事者がそれぞれの理由を擁してオファーを出すと述べたが、今週の会議にどのような数字が出てくるのかは定かではなかった。

「私たちはすでに、同様の状況に直面しているこの地域の他の人々と交渉を比較しました。私たちの労働者はより良い生計を立てなければなりません。

労働者らはまともな給料をもらっているなら、労働者らはより生産的に働き、他の問題にも積極的に対処します。また、給与が他国と同じ場合、従業員は移住しようなんてしません。

「移民問題は、特に我が国の給与が低い場合、重要な問題です」と、最低賃金の国民評議会の副議長でもあるSom Aun氏は述べた。



カンボジア ジャンル:
最終更新:2019年09月18日05:45

ベトナム:国内靴ブランドがカンボジア市場を征服する

Biti'sとして知られるBinh Tien Imex Corp., Pte., Ltd.は、カンボジアの首都プノンペンのChamkarmon地区に97日に最初の小売店を正式にオープンした。

ベトナムの高品質ブランド製品の1つとして、Bitiの履物製品は、2000年代初頭から地元の流通会社を通じてカンボジア市場で徐々に存在感を確立してきた。

市場に最初に参入して以来、Bitiの製品は、リーズナブルな価格、魅力的なデザイン、高品質のおかげで、カンボジアの消費者の信頼を獲得している。

カンボジアのパートナーと長い間協力してきたBitiは、カンボジアの首都の中心に子会社のBiti Cambodiaを設け、公式小売店をオープンし、公式に国内市場に参入した。

開会式で、カンボジア商務省次官のSam Sereirath氏は、カンボジア市場を正規販売店舗を開く場所として選択したBitiのおかげで、これがベトナムの履物をカンボジアの消費者に届ける良い機会となったと指摘した。

年平均7%の経済成長率を誇る隣国ベトナムは、強力な発展とコモディティ需要の増加により、経済軌道の正しい軌道に乗っている。

Biti CambodiaTran Kim Hanh副局長は、同社の製品はプノンペンでオープンする小売店に加えて、201910月までにAeon Mall Cambodiaでも販売される予定であると述べた。

カンボジア市場におけるBitiの履物製品の最大の課題の1つは、タイと中国の競合アイテムである。

Biti Cambodiaの代表者は、カンボジア市場で同社の商品は他の競合製品とは品質面では十分競争できると自信を示した。しかし、市場での中国製品の安売りについては懸念している。

Bitiは現在、従業員数8200人以上、製造工場4工場、7つの支店を持ち、その下には全国63省と市で173のマーケティングストアと1000を超えるディストリビューターを管理している。

Biti'sは年間製品各種2000万点以上を市場に供給している。



カンボジア ジャンル:
最終更新:2019年09月13日12:16

カンボジア:最低賃金交渉、労使間で15ドルの差額

労働省のスポークスマンHeng Sour氏は96日に最低賃金の会議を招集した。

労働省最低賃金委員会は声明を発表し、2020年の繊維および履物部門の労働者の最低賃金の増加について2つの異なる金額を提示した。

労働省は、96日の会議後に発行された声明で、労働組合は月額199ドルの最低賃金を要求しており、雇用主は184ドルを主張していると述べた。同省によると、会議は912日に継続する予定。

労働省のスポークスマンHeng Sour氏は、労働組合と雇用者の双方が主張する金額の差額は15ドルであり、両当事者は自らの主張を裏付ける異なる理由を陳述したと述べた。

「両当事者は異なる金額を思い浮かべています。以前に合意した7つの評価条件に基づいて、さまざまな理由があります」と彼は言った。「両当事者は、次の結論会議に向けて、最終案を考えていると思います。」

カンボジア国立労働組合連合会のSom Oun会長は、雇用主に対して、労働者に最大限の利益を提供するよう呼びかけた。

「雇用主がもう少し(賃金)を増やし、組合がわずかに要望を下げてくれれば...と切に願っています」

雇用主、政府、組合間の最低賃金交渉は829日に始まった。925日までに終了する予定。

政府は、2014年以来、繊維労働者の最低賃金を毎年引き上げている。2019年の最低賃金は、月額182米ドルに設定されており、昨年の170米ドルから12ドルの引き上げとなった。



カンボジア ジャンル:
最終更新:2019年09月09日13:57

カンボジア:アパレル産業に目を向ける--Ken Loo会長(GMAC)インタビュー

アパレル産業はカンボジアの経済発展の重要な原動力で、履物と旅行用品を除いても、カンボジアの全輸出の60%以上を占めている。しかしながら、最低賃金は上がっているが生産性の向上が遅れているので、産業界は危機に瀕していると、業界内部は主張している。

今月遅くに始まる最低賃金の見直し交渉で、Khmer Times紙の May Kunmakara氏は、部門発展とそれに影響を及ぼす主要問題について議論するために、カンボジア縫製業協会(GMAC)のKen Loo会長と話し合いをしている。

 

Khmer Times紙(以下、KT): 世界のアパレル産業の現況についてあなたの見解を教えてください。カンボジアのアパレル産業はどうですか?

Loo会長: 世界のアパレル産業は、過去3から4年にわたって約4%の年間複利成長率を享受しています。2018年には8600億米ドルに達し、今後数年の間に同比率での成長が見込まれるでしょう。

カンボジアのアパレル産業では去年まで同様の成長が見られ、75億米ドルを超える輸出額になっています。

残念ながら、今年はその成長が減速する兆しが見られます。今年前期における我々の輸出額は主要市場であるEUへの輸出衰退に影響を受けて、0.5%落ちました。

米国、カナダ、日本のような他国の市場で確固たる成長を経験していますが、我々は多くの課題に直面しています。最も重大な課題は、最低賃金の上昇です。過去6年間で3倍になり、今では我々の競争力をむしばむレベルに達しています。

 

KT: 近年カンボジアにおいて、履物と旅行用品部門で顕著な成長が見られます。これら2つの部門とアパレル部門における業績をどのように比較しますか?

Loo会長: 履物のカンボジアの輸出は昨年10億以上に達しました。過去数年における約20%の年間成長率で急速に勢いを増しています。買い手が発注を中国から次第にシフトしているからです。インドネシアとベトナムと共に、カンボジアはこの傾向における恩恵を主に受けています。

商務省とGMACから陳情の結果として、我々は米国から免税特権を受けたので、旅行用品部門は2016年の7月以降急速に成長しています。輸出は、2016年における5000万米ドルをわずかに超えるにすぎなかった金額から去年の56000万米ドルまでに成長しました。旅行用品における輸出は、今年10億米ドルを超えると期待しています。

工場数もまた、2016年の約16社から今年は60社以上ととてつもなく成長しています。履物と旅行用品は高い付加価値部門である一方で、アパレル製品は価値が低くなっています。賃金の上昇で、アパレル生産者は第一に打撃を受けています。特にカンボジアは生産基準(原価基準の国)だからです。我々のアパレル部門における成長は近年衰えており、前期のデータが示しているように今年は衰退する見込みです。賃金上昇とEUによる『武器以外すべて(EBA)』協定の延期の恐れが確実に主な原因です。

 

KT: いまだデータによると概ね輸出は成長し続けるようです。この成長を可能にする要因はなんですか?産業の今後に関して、他の主要な懸念事項は何ですか?

Loo会長: 部門における輸出額は、過去3年間にわたり約10%で成長し続けています。多くの額は旅行用品部門での成長のおかげです。もちろん、履物部門の成長も主な要因です。アパレル輸出における成長は比較的安定していて、今年は減少する見込みです。我々の主な懸念事項は、来年の更なる賃金上昇と『武器以外すべて(EBA)』協定問題です。

 

KT:産業へのネガティブな影響を避けるため、アパレル部門の最低賃金は適切なスピードで上昇していると思いますか?

Loo会長: アパレル部門の最低賃金は、2013年の61米ドルから現在の182米ドルへと、過去6年間で3倍になりました。問題は、生産性向上がこのペースに追いついていないというところにあります。これは、17米ドルの最低手当を考慮さえしていません。この傾向は継続できません。競争力を保つためには、最低賃金の上昇率をもっと下げなければなりません。賃金上昇を継続させることは、生産性もまた上昇する時のみに可能です。これ以上の賃金上昇は、効率レベルにおいて生産性向上でそれに対応する上昇とバランスがとれてはじめて可能なのです。

賃金上昇のネガティブな印象は我々の部門に限った事ではありません。政府が援助しようとしている部門であるSMEにも影響します。これからやってくる年金給付基金は、今年終わりまたは来年早くに稼働しますが、工場にとって更なる打撃になるでしょう。

 

KT: ベトナムはしばしば、カンボジア衣料の競争を図るためのベンチマークとして使われますが、これは何故ですか?なぜ、バングラディシュ、インドネシア、ミャンマーではいけないのですか?

Loo会長:ベトナムは最も近い競争相手です。何故なら両国は同様のアパレル用品を生産しているからです。我々はお互いに隣接していて、それゆえ、買い手が一つの国からもう一つの国へ移動することが容易です。経済成長の現段階に関して、ベトナムは更に進歩している一方でまた我が国と非常に良く似ています。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2019年09月07日06:18

«前のニュース || 1 | 2 | 3 |...| 59 | 60 | 61 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る