インドシナニュース

カンボジア:縫製労働者向け求人募集サイト立ち上がる

カンボジアの労働省とカンボジア縫製業者協会(GMAC)は、927日労働者が工場で雇用を見つけるのを助ける新しいウェブサイトを立ち上げた。

Bong Srey(姉妹)」と呼ばれるウェブサイトは、Business Partnership Platformとオーストラリア政府の外務省の支援を受け立ち上げられた。

労働省の声明によると、Bong Srey は、繊維分野の労働者の雇用を助けるだろうと言う。

Bong Srey では、労働者は選択肢を持って、まともな仕事を通じて収入を得られるようになります。このウェブサイトは、雇用主が労働者を求めるのにも役立つだろうと期待しています」とされている。

この声明では、省庁が労働者の生活水準を向上させる方法を模索していると付け加えた。

縫製業者協会のKaing Monika副会長は、このウェブサイトでは、雇用者の求人が容易になり、雇用主は潜在的な従業員を見つけるのに利用できると述べた。

「私たちはこのウェブサイトに満足しています。」とMonika氏は言う。「求職者と工場を橋渡ししてくれます。同時に、ウェブサイトは、繊維業界で仕事を探している人々にとってより簡単になるでしょう」

Hong Choeun 国家雇用局長は、このウェブサイトは有用だと言う。

「クリエイティブなので、高く評価しています。このウェブサイトは、クメール語、英語、中国語の3つの言語で使えます」とChoeun氏は語った。

同氏は、約30万人のカンボジアの若者が毎年就職を求めていると指摘した。

 

カンボジア ジャンル:
最終更新:2018年10月01日

このページのトップへ戻る