インドシナニュース

カンボジア: 議会が最低賃金法案を可決

カンボジア国会は9日、78万人もの繊維産業労働者の生活水準を上げることを目的とした最低賃金法案を採択した。

100人以上の議員が、最低限度の生活の促進、雇用機会の創出、労働者の生産性の向上、投資機会の増加など、総じて労働者や国全体に利益をもたらすことをねらいとした、33の条項が記された法案に賛成した。

人民党(CPP)のPen Panha議員は、法案で定められた最低賃金は、適切な生活水準と国の経済状況に基づいて設定されたと述べた。

労働省のIth Samheng大臣は、政府が繊維産業の労働者に常に注意を払っていた会期中、次のように述べた。(注:月の最低賃金は1997年の40米ドルから2018年には170米ドルに増加している。)

「最低賃金を上げるための仕組みを強化することは大変重要であり、それは一国の経済状況に呼応している。我々は最低賃金を引き上げることで、繊維産業の労働者への給付を14倍増加させることができた。」

大臣によると、この法案は、78万人の労働者の雇用しているアパレル工場や靴工場を含む産業部門にも当てはまるという。

また、同法案は最終的に確定するまで、2年以上かかるだろうと付け加えた。

525日、閣僚議会は同法案を承認し、31日に立法委員会で議論が行われた。

フンシンペック党のSam Vuthy議員は、同法案のおかげで、繊維産業労働者の給与がさらに増えるだろうと述べた。

また同氏は、政府は、農家が仕事を求めて近隣諸国に流れるのを防ぐために、いくつかの州に工場を建設するべきだと語った。

「農村地帯に工場を移転すれば、人々は村を離れることがなくなり、家の近くにある工場で働くようになるだろう。」

それに対しSamheng大臣は、多くの工場がKandalKampong SpeuKampong ChhnangPreah SihanoukSvay RiengPrey VengKampong ChamBanteay Meanchey州に建設されていたと答えた。

また、繊維産業労働者には、労働災害事故、交通事故、病気に対する医療サービスや保険が保証されていると付け加えた。

「病気や交通事故等の問題が起きた際、それに対処する仕組みは整っている。」と語った。

カンボジア自由労働組合連盟のMan Seng Hak副総長は、労働者が利益を得られるよう、法律はきちんと実施されるべきだと述べた。

さらにカンボジア繊維産業者協会のKaing Monika次長は、同法案は賃金引き上げの交渉の鍵であると述べ、同法案の採択に好意的であった。

「我々は同法案をよろこんで受け入れます。同法案は、最低賃金を適切な水準に定めるため、明確な仕組みと基準を設定することによって、賃金交渉プロセスのための良い基盤となるでしょう。」と同氏は述べた。

さらには、同法案は非正規労働者も同様に利益を得ることができるようにするべきだと付け加えた。

「同法案は、衣料や靴の分野だけでなく、一般的な民間部門にもその幅を広げるべきです」と彼は言う。「同法案により、関係当事者らは、仕組みや基準に厳格に従うことを義務づけられ、すべての当事者に受け入れられることになるでしょう」



カンボジア ジャンル:
最終更新:2018年06月13日

このページのトップへ戻る